レジ打ち、始めました

January 08 [Sun], 2017, 18:37
結婚して20年。
二人の子供たちも大学生と高校生で手がかからなくなり、自分の時間を持て余すようになった。
結婚前はアパレルの販売スタッフをしていたけど、特に仕事に役立つ資格を持っているわけでもなく、20年間の専業主婦生活は就職する際のキャリアには何の役にも立たなかった。
かと言ってサラリーマンの夫の給料から毎日毎日、習い事やランチ会に参加するわけにもいかず、見つけた仕事が家の近くのスーパーでのレジ打ち

レジ打ちといっても最近はバーコードを機械で読んで袋に詰めて、お釣りまでレジが計算してくれる。
難しい作業はほとんどなく、心配なのでセルフレジカウンターが導入され始めたことくらい。
それでも人が立つレジというものは当分なくならないんじゃないかという気がしてる。
やっぱり機械では限界があると思うの

レジ打ちは専門的な知識よりも接客技術や職場でいかにうまくやっていくかが重要。
レジや総菜調理など、どうしても女性が多い職場なのでとにかく噂が大好き。
仲良く話していたと思ったら、その人がいなくなった瞬間、今度はその人が噂の餌食になるということもしょっちゅう。
私も色々な噂をされているんだろうなと半分あきらめてる

お客の中にも色々な人がいて、毎日お昼前に総菜を買いに来る感じのいい年配の奥様は、最近では行列がなければ少し話をする仲になって、午前中の病院の帰りにスーパーに寄ってお昼を買ってること、近くに住んでいることなどを知る仲になった。
一方で閉店間際に来店する、いつも疲れた顔をしているサラリーマンは安くなった総菜をさらに値段を下げてくれと毎回話してくる。
他のレジが空いていても、なぜか私のところに並んで。この手の困った常連さんは勘弁してほしい。
お釣りを渡す時に、最近は手を触れてくることも多いし。

とりあえず夫の扶養家族から外れない枠の中で稼いだお給料はお小遣いとして使わせてもらってるけど、いつまでたってもスキルが身につかないし、このままでいいのかしらと時々不安になる
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レジ打ち主婦
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる