ヴェッターフーンの岩田

January 23 [Mon], 2017, 21:14
妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠後期の妊婦には葉酸が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、決してそうではないんですよね。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを下げてくれるという意味では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が重要な期間だという事です。ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。



皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は大変密接に関わりあっています。なぜなら、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。言うまでもありませんが、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を注意してください。妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。
普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。



あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。


中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話もありますから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。でも男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。



ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体にあるばかりでなく、意外にも夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。

葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。
ベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。


葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いとテレビで見たことがありましたから、友達にアドバイスしました。



妊活を頑張っている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって願っています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:テッペイ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる