石村とヤマトシジミ

January 12 [Tue], 2016, 1:03
最近、新型認知症が巷で話題になっている。


これはいわゆる認知症・・・つまりはボケとはちがい、うつ病が原因となって進行するもので、油断して悪化あいた場合、本当に認知症になってしまう場合もある。
これらの原因としては前頭葉の血流が悪化することにあり、症状としては便秘や肩こり、食欲不振や不眠症にまで進行するパターンもある。ストレスが引き金になっているので、これを溜らないようにするのが近道となる。誰もが「どうしても眠れない」そんな辛い不眠体験は持っていると思っております。
花粉症のとき、前日眠りすぎたとき、等々色々あると思っております。
普通は一時的なものですが、長期に渡り、生活の質が低下した場合に不眠症と判定されます。

不眠症の人の中でも、個人差はあるのですが、自力で回復できる人とナカナカ改善しない人がいると思っております。

ナカナカ改善できない人は、食事療法や市販されているサプリメント摂取が有効です。精神を沈静化するショウガ、疲れを体の芯から回復する牛乳などがオススメです。


不眠症については、小児期や青年期に起こることは殆ど無く、概ね20〜30代から初まります。
中年以降で対数的な増加が始まり、40〜50代で発生率は最大になります。
国民の20%は不眠症で「睡眠で休養が取れていない」「いつも何らかの不眠がある」と悩んでいる沿うです。


自律神経を改善すると血流が良くなり、不眠症が改善します。そのためには副交感神経を高めることが重要です。音楽などでリラックスした環境を作り出したり、ネックウォーマーで血流を改善したり、腸内環境を整えて善玉菌を多くしたり、呼吸をゆっくりしてあげたり、少しずつ改善していくと、快適な睡眠が得られるようになります。

不眠症に羅漢する人の多くは、春先の5月病からメンタル的にやられたり、真夏の夏バテで疲れすぎたり交感神経が調子悪くなったのが原因だったりします。

不眠症の中でも少数派ではありますが、冬場に眠れないというタイプの不眠に悩む人もいるのです。
そのりゆうとしてあげられるのは日照時間が短くてホルモンのバランス調整が上手くいかなったり、日中の暖房の影響で部屋が乾燥して、喉や鼻が調子悪くなり風をひいてしまうといったことが原因で不眠症になる人もいるのだ沿うです。

ネットで探したり、家族がいろいろ試した結果わかったことですが、眠れずに困っている人に快眠効果の高い天然成分主体の健康快眠サプリメントもあるとのことです。一般的なドラッグストアで売っているものでも、とりあえずドラッグストアでも行ってみようかなと思っております。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryusei
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/reevefrvrsrote/index1_0.rdf