カワラヒワのぴかしゃ

June 07 [Tue], 2016, 11:22
転職の際の履歴書の記入のコツですが、これまでの会社でどういった仕事をしていたのか、どんな業績を残したかなど、自分が仕事で、どのような成果を残したのかを理解しやすいように書くことが大切なところです。転職する時は、まずは、履歴書を通してアピールすることが肝要なのです。35歳転職限界説は、聞いたことがあると思います。

これは35歳以上になると転職することができなくなるというものです。まだこのような噂がありますが、本当に、そうなのでしょうか?現時点では、35歳転職限界説は現在では有効ではなくなっています。

今ではどの会社も生き残るために一生懸命ですから、年齢だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。
仕事探しの秘訣はハローワーク、求人のサイトの利用でしょう。
近年は、たとえば、高齢者対象の人材バンクも作られていて、それぞれに合った仕事を紹介してくれる所もあります。



人材バンク、人材紹介会社を利用して、履歴などを登録して、適職発見に繋げるのが仕事の探し方としてはベストだと思います。

転職活動は在職期間中からやり始め、転職先に内定してから辞めるのが理想です。
退職してからの間がフリーに使えますし、すぐにでも就業することはできますが、転職がなかなかうまくいかないことも想定されます。
無職の期間が6ヶ月を超えてしまうと、就職が成功しにくくなりますから、勢いで現状の職を辞めてしまわないようにしましょう。
現在と異なる業種で仕事を得るのは難しいと思われる方が多いですが、実際問題いかがでしょうか?結論を先にいうと異業種への転職はとかくスムーズにいくわけではありません。経験者と未経験者を天秤にかけた場合、採用担当者は経験がある人を選ぶ可能性が多いにあります。といっても、必ずしも無理とはいえないので、頑張り次第では転職がかなうかもしれません。転職時に必要とされる資格というのは、専門職の他はそれほど多くないようですが、持っていると有利に働く資格という点では、やはり、国家資格が最強のようです。なかでも、建築・土木系の中には「業務独占資格」と言われる建築士のようなその資格を未取得のままでは実務不可という職業が多いので、狙い目ではないでしょうか。

一昔は、35歳転職限界説も、結構真実をついていました。昔は年功序列だった関係で、35歳を超えた方が、中途で入社してきても扱いづらいため、不採用とするところが多かったのです。けれども、今は年功序列が崩れたため、35歳以上でも有能であれば積極的に採用を決定するところが多くなりました。


中小企業は様々な経営上の問題を抱えているため、中小企業診断士に合格していれば、転職するに際しても役に立つことは間違いないでしょう。
中小企業診断士という名で呼ばれる資格は、中小企業の持っている問題を診断して解決したり、経営上の助言をする専門家であり、経営コンサルタントと同様の役割だと理解してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウタ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/reetresitntdie/index1_0.rdf