過去 

March 13 [Sun], 2005, 16:05
あんなに消し去ろうとした過去なのに…

あんなに悲しんだのに…

思い出したくなる…

あんなに…

あんなに消し去ろうとしたのに…

どうして君はあの過去をよみがえさせるの?


by.葉派

明日はホワイトデー

満たされない 

February 26 [Sat], 2005, 8:33
こんなに幸せなのにどうして?

…幸せじゃないのかもね…

どんなに幸せでも

好きな事してても

満たされないの…

葉派

初めましてちゃーん。 

February 20 [Sun], 2005, 23:21
     故に太陽―太陽(ソレイユ)へ―


要は誰でも良いのです 好きな人でも嫌いな人でも
此の欲を満たしてくれれば 誰でも良いのです

最終的に此の欲は 叶えられぬまま空へと旅立つでせう
だって其れが「運命」 抗いがたい「運命」
しかし欲に終わりは無く 死んでは生まれる泡のやうに

欲が叶わないと悲しむ者達 絶望に壱歩また壱歩
それでも明るく振舞える貴方は 太陽?

要は貴方が良いのです 欲の誘惑に負けぬ貴方
此の欲を貴方が満たす そして私を導く

まるで太陽のやうに 明るく道を照らす
しかし欲に終わりは無く 死んでは生まれる泡のやうに

貴方と出会うのは「運命」 ならば別れるも「運命」?
そんな運命なら あえて忘れておきませう

太陽への想いは 底無く果て無く



やほ、ミカヅチだよ。一応名前は瑠璃壱で。

傷だらけの僕の心 

February 17 [Thu], 2005, 15:35
傷だらけの僕の心

僕すぐ泣いちゃう…

弱虫なのかな…

泣き虫なのかな…

なんですぐ泣くの?

ってよく聞かれるけど…

悲しいからだよ?

わかってよ…

人は皆傷つけられて生きてるんだよ?

わかってよ…

葉派

防御 

February 16 [Wed], 2005, 14:29
スパッ ポタポタポタ…─
世間への壁を厚くするのと引き換えに
アタシの手首から血液が

太陽が顔を照らした
眩しくて目を逸らした
きっともう見ることのない空を
一度だってじっくり見なかった

豪雨が身体をしっとり濡らした
寒くて凍えていた
心の奥は今日も
尽きる事のない雨が降り注ぐ

周りから非難の声
右耳から左耳へと
録音されながら流れていく
いつしか無意味なものになったのに
それでもまだ録音している

話題のためにテレビをみた
若手芸人のシャレを録音した
話題のためにゴキブリをふんだ
ぐしゃりという音を録音した

聞いてもいないまわりの音声
聞かなくなって無意味なものを
いまだにまだ大切に持っている
開かない扉が
いつか開くと信じて

ゅぃ

お豆 

February 15 [Tue], 2005, 18:01
お豆の上に乗る僕

どんどんお豆伸びてくよ

僕も伸びれたらいいな…

大きく…

葉派

グリンの丘 

February 13 [Sun], 2005, 10:07
グリンの丘
そこは誰もいない丘

今日も僕はこのグリンの丘にいる…

葉派

人間 

February 10 [Thu], 2005, 18:26
この地球に生まれた…
望んで生まれたんじゃない…

悲しい事なんて山ほどあった
けれど
時々嬉しい事があるととても嬉しかった…
人間ってそんなもん

悲しい事があるとね
自分を傷つけたくなる…

でも地球に生まれた
ただそれだけ…

葉派

泪の後の桃色桜 

February 09 [Wed], 2005, 18:53
桜舞う 小さな子径
手を繋いで歩いた
無言で歩いていたけれど
心は通じ合っていた
ある日君はいなくて
空っぽの手 握り締め
泣きながら風のように
桜舞う 小さな子径
走って忘れようとした
冷たくなった拳
何も握ってなくて
ただ空っぽの手の中に
残っていない温もり
記憶の中の
消えきれない君を
ただ黙って見つめた
君のいない 子径
無言で空を見上げた
戻って来ないあの日

ゅぃ(*´∀`* )ポワワ
初か?え
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:reef
読者になる
Yapme!一覧
読者になる