タカラトミーが150名もリストラ?対象年齢は? 

2013年02月07日(木) 13時40分
東証1部上場の玩具メーカー「タカラトミー」が、
希望退職者の募集による150名の人員削減発表したそうです。

対象となるのは子会社の社員で、退職日は3月20日。
退職者には特別加算金を別途支給するほか、
希望者には再就職支援を実施する方針だそうです。

再就職支援って、意味があるのでしょうか。
再就職支援で転職に成功した人間が
限りなく少ない傾向があります。

再就職支援体験者によると結局は会社任せでやるよりも、
自分で見つけた方が早いこともあります。

仮に再就職支援会社から何かしらの情報があるにせよ
再就職支援会社も所詮、雇われ社員なので、
これからの人生を本気で取り込むべきことを考えている
リストラ対象社員と比較すると、実行する重みが違います。

「この会社は良さそうですが受けてみませんか?」
と自分が受ける会社でもないので、案内する方は楽ですよね。
それが仕事なんでしょうけれども。

タカラトミーも150名を切り離すことばかり考えてるかもしれませんが、
結局、景気が下がって業績が悪化しているのであれば、
150名どころか、本社もリストラ対象になるかもしれませんね。