Reduce−FX☆四ヶ月前に始めた素人が、平均で月利180%〜200%稼ぐ脅威のFX手法 

December 16 [Tue], 2008, 13:23
☆おすすめランキング☆



第1位

Reduce−FX!毎日、毎トレードで利益を出し続けて1年で資金を9倍に増やしたFX手法



第2位

日経225で17ヶ月無敗の最強オートトレードシステム!ドリームゲートU



第3位

29歳ファミレス店員が1102万円稼いだ夢リタ

Reduce−FX!たった3つのエントリーポイントをみるだけで毎日、毎トレードに利益を出し続ける 

December 17 [Wed], 2008, 12:41
なぜ、あなたはFXをするのですか?


これは非常に重要な問題です。

なぜならその答えを知る限り、あなたがFXをする上
での根本的な原因が分かるからです。

といっても、なかなか頭を使う問題です。
後でゆっくりと考えてみてください。


では、実際に。

私がFXをやっている方からアンケートを取ってみました。
総勢2000人・・・この中にあなたと同じ考えの人がいるかも知れません。


・ガソリンも以前の倍近くなり、タバコの増税とそして年金も多分もらえないでしょう。
これから先 が不安で不安で、何とか自分で資産を作らないと!
という思いでFXをはじめました。


・FXの特集をテレビで放送していたのですが、そのテレビでは成功者がフェラーリに乗り高級マンションに住み何不自由ない生活を行っていました。
俺もいつかあんな風にという単純な理由ではじめました。


・昼間は仕事で忙しいから時間が取れなくて、でもFXであれば
24時間取引されているから家に帰ってから売買をすることができるので。


・今の給料やボーナスが少なくて住宅ローンを払うのが大変だし、
こずかいも月3万ほどしかもらえないから。


・今、日本では海外銀行に口座を持ちにくく、たくさんの費用もかかるけど、
FXであればスワップ 狙いだけでも、日本の銀行金利に比べ遥かに率がいいから。



皆さん、いろいろなきっかけがあったのですね。

なんとなく始めた方、本気で投資をしたいと考えている方、
さまざまな方がいらしゃいました。

ただその後、アンケートをとった結果、こんな悲痛の声が・・・

「FXを始めたのはいいが、負けが続き、全然勝てません!」
「何とか、勝ちたいお金を稼ぎたい、しかしその勝つ方法が分からないです!」

という声が多数ありました。

このように。


・買ったら下がるし、売ったら上がっていくし、逆になるばかりで
全然利益が上がらず何がどうなっているのかさっぱりわからないです。
私は呪われているんでしょうか?


・ここぞというタイミングで一つの通貨ペアに集中投資して、
予想外の展開になり敗退。リスクヘッジでもっと
いろいろな通貨に分散投資しとけばよかった。


・書籍やセミナー、いろいろな情報商材も購入して自分なりに勉強したつもりでしたが、
上海暴落 で大きな損失を出してしまい途方にくれています。
本当に勝てる方法を学びたい。


・FX始めて半月、昨日1800万飛ばしロスカットされました。
まさかこんな一瞬で110円切るなんて思わなかったです。
サブプライム恐るべし。


・以前、オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルといった
高金利通貨でスワップ目的で投資していましたが
結局”塩漬け”や”損切り”を強いられる結果となりました。


・テクニカル指標の「常識」に騙されました。
本を書いている人や、プロと呼ばれている人の話を聞いて
それを信じてトレードしたのはいいものの、見事に儲かりません。
それ以来他人を頼りにするのはやめて、自分で検証をしています。


・ルールを無視して、早く利益を取ろうと
むやみにポジションを保有してみごとに失敗した。


こんな経験、ないでしょうか?

実は私のクライアントもほとんどの方(90%以上)の方が、
上の声と同じような経験をした方達ばかりだったのです。

投資でお金を稼ぎたくて、憧れも人一倍強かった人たちばかりでしたが、
最初は本当に、みなさん結果が出てませんでした。

やってもやっても、いやむしろやればやるほど、
「FXで稼ぐこと」が遠くなっていくのを感じたらしいです。


でもFXで稼ぐことはそんなに難しくないんです!


その秘密はこれ!

Reduce−FX!テクニカルでもファンダメンタルでもない驚異のFX手法が教える一つ目の嘘 

December 29 [Mon], 2008, 13:00
なぜ、あなたはいまだに
FXで稼ぐことができないのですか?



自分がFXで勝つことができない理由がはっきりし、それを改善できたなら、
確実にFXで稼ぐことができるようになるのはあたりまえですよね。


そのようなわけで、今から、私がFXを通して、会った人々との会話、
さらには投資のプロ関係者の方との関わりから得られた、
あなたがFXで稼ぐことのできない8つの理由を説明します。

題して「FXで稼ぐ8つの嘘」

その一つ、プロやアナリストが言うことは信用できる嘘

最初にはっきりと結論から言いましょう。
指標におけるアナリスト予想とか、経済学者のうんちくとか、
まずはそういったものはハッキリ言ってぜんぜん当たりません。

なぜならば。
まず、『マーケット』というものは全体の経済によって自然に変化し、
自分で意思を持っているかのように振舞う存在だと私は考えています。

つまり、”生き物”ということです


例えて言うなら、
あなたの隣に住む人の行動を予測することと、マーケットを予測しようとする行為は、
なんら変わりありません。

毎日、隣の住人に張り付いて調査すれば、その人の行動パターンも
ある程度予測できると思います。

マーケットで言えば、値動きの”クセ”ですよね。
皆さんそのクセを掴もうとします。

確かに、人も、マーケットも”クセ”を知ることができれば隣人の行動も
マーケットでの値動きも、把握できるかもしれません。

しかし、それは、通常の行動であればの話・・・じゃないですか?

突発的な天災や、戦争は、予測不可能です。


大抵の個人投資家が大損をするのは、マーケットに予測不可能な事態が
起きたときではないでしょうか?

予測をすること事態・・・
私から言えば、予測をしなきゃいけない状況にあること事態がナンセンスだと考えています


実際に、証券業界の予想が、確度の高いものではあれば、予想のプロ集団であるアナリストを多く抱える運用会社の投信の基準価格が、あんな悲惨な値段になるわけがありません。

過去に、実際に勝率がどのくらいか検証してみたことがあるのですが、
大抵は2割、3割、鉛筆を転がして予想しているのと大して変わらないレベルです。


そして何より、本当にアナリストなどの予想が当たるのならば、
サブプライム問題で致命的な損失を出す事はなかったのでないのでしょうか?



実際に、それほど大きくは公表されておりませんが、
私に入ってきている投資機関の状況は最悪です。

また、皆様が知るところでも、サブプライム以後に米国の大手機関である
米リーマンブラザース、米メリルリンチは「A2」に格下げされています。

このような現実こそが、アナリストは当てにならないということです。

それでも毎トレードで稼ぎたいと思うならコレ

Reduce-FX☆12月12日の大暴落でもピッタリ的中したテクニカルではない投資方法 

December 31 [Wed], 2008, 15:35
12月12日の大暴落でもσ−7でピッタシ最安値的中です。
底で拾えた方、おめでとうございます。

ルールどおり3つのポジションで処理できましたね。

売りを仕掛けながら買いでもしっかり取れた方
おめでとうございます。

まず、今回の暴落も10月24日の暴落の時とパターンはほぼ同じです。
今回もちゃんと下落が強くなる前兆はありましたから。

この前兆を確認できたかどうかが攻略のキーポイント。

前兆はマニュアルをしっかり読んで書いてあることに対して
過去検証をしてみれば分かるはずです。

ということで再確認していただくために対処法の一連の流れを
画像を使って説明していきますね。

どの通貨でも考え方は同じなので、ここではおすすめしている
ドル円2時間足チャートで説明します。

これが暴落時のチャート画像です。(見るポイントを書き込みました。)
ご覧ください。



σ(シグマ)ラインの数え方はパート9に書いてあるとおりです。

このように、今回のポイントはたった3つですが下落前にはしっかり
前兆が確認できていることがわかりましたでしょうか?


マニュアルに書いてあるチェックポイントや注意事項に従って
見送るのももちろん安全策として有効です。

こういった暴落を経験しないとマニュアルに書かれている
重大さに気付けないかも知れないですが・・・

こんな暴落時でも利益を取るためのトレードの流れとしては
紫色のラインになっている前回の基準線(93.55)から足し算引き算をして
何本かリバーシングラインを引いて、その後ルールどおりに仕掛けていれば
第二ポジションとなる91.15付近に引いたリバーシングライン
からの買い仕掛けで1ライン幅利益確定。

同時に、第一ポジションも成行き決済。

もしくはロスカットになるまで放置。(第二ポジションが利益確定で
きていれば、資金配分1の第一ポジションがロスカットになっても
トータル収益はプラスになるので。)

その後は残っている買い指値をすべて解除。

ロウソク足がσ−2にタッチ(触れた)ことで
91.80に基準線を移動。

また基準線から足し算引き算をして数本のリバーシングラインを引き、
基準線を引いた時点から値動きを見ているとσ−2にタッチしても反発が
弱い(通常であればσ−2にタッチした後はσ+圏に向かって上昇します。)

しかし、10MAに戻されて再び下落・・・下落が強い・・・ということで買い
を仕掛ける場合はσ−5、−6、−7に絞る。




10MAに戻されて再び下落した時点で成り行きもしくは
逆指しで売り仕掛けるのもありです。

前兆の確認後に売りを仕掛ける場合のポイントが分から
なければもう一度マニュアルを見てくださいね。


今回の暴落で売りしかけた場合はあまりのスピードに売り
で入れたはいいけど気付いたらかなり利が乗ってた・・・
という嬉しい驚きだったかもしれませんけど。

仕掛ける場合の手順や考え方はざっとこんな流れになります。

見るポイントさえ間違ってなければ攻略は
ぜんぜん難しくないですよね。

先ほどもいいましたが、10月24日の暴落もサブプライムも
パターンは同じです。

(10月24日の暴落も分足にしないとただの大きな陰線にしか
見えないけどきちんとσ−5、−6、−7で反転して取れていることが
確認できます。各自で過去データーを引っ張ってきて検証してください。
自分の目で見て欲しいので載せません。)

ただし、σ−5、−6、−7で反発してもこの反発が弱く今回の暴落の
ようにラインからラインまで微妙に届かない場合もありますので、
仕掛けるにしても注意が必要です。

また、一番の安全策としては、今回の暴落にも当てはまりますが、
以下のチャート画像のようなところでは見送って、売買回数は減りますが
取れるときに的確に取るやり方も堅実でいいと思います。




暴落は大小ありますがだいたい3ヶ月周期できますので最低でも
今回お知らせしたポイント(価格の動き)を意識しておいてください。

裁量の部分はデモ取引を繰り返すことでしか体で覚えれないので
何度も何度も失敗をしてその中で学んでいってください。

失敗があるから成功があるのです。

成功したいならこれ!