シミュレーション

July 22 [Mon], 2013, 20:21
太陽光発電の設備を導入する場合、一般的には1年間の消費電力を基準にして、気象条件と言ったリスクを考慮しながら、約7割から9割をカバーできるシステム容量を選ぶ事が良いと言います。

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換させるシステムで、屋根の上に設置をする太陽電池(ソーラーパネルや太陽電池モジュール、電池セルなどとも言います)に太陽の光が照射する事で発電を行う事が可能になります。

そのため、夏場などは太陽の光が強く降り注ぎますので、発電量が大きくなるようも思う人は多いものです。
しかし、太陽電池は熱に対して弱く、夏場の屋根の上の温度は80度近くにもなる事からも、太陽電池は熱に対しての発電効率に影響を及ぼし、夏場は発電量が少なくなると言われているのです。

そのため、1年で最も発電効果を得られるのは秋や春の時期で、その中でも春から初夏に掛けては一日の日照時間も長い事からも多くの電力を発電可能とします。
また、天気の時が続く時と、雨の日が多い時期では当然発電できる電気の量は変わりますので、屋根の上に設置を行う太陽電池の数も、気象条件などを考慮しなければなりません。

さて、そんな太陽光発電のお勧めシミュレーターが岡西建設のシミュレーターです。

とても簡単に使えますのでどうぞお試し下さいませ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:redsun3515
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/redsun3515/index1_0.rdf