マツダ ロードスター 次期型、デザインは原点回帰か

October 12 [Thu], 2017, 19:26




(レスポンス)



マツダのオープンスポーツカー、『ロードスター』。現在、開発の最終段階に近づきつつあると見られる次期型のデザインに関して、興味深い情報がもたらされた。

これは2月14日、オーストラリアの自動車メディア、『motoring』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「次期ロードマーキュリアル スーパーフライ -ハイパーダンク 2017ターは原点回帰のデザイン」と伝えている。

ここで言う「原点」とは、初代ロードスターを指す。マツダは1989年、シカゴモーターショーにおいて、初代ロードスター(日本名:ユーノス『ロードスター』)をワールドプレミア。累計販売台数92万台という、世界で最も人気の2シーターのオープンスポーツは、デビューから25周年を迎えたばかりだ。

4世代目となる次期ロードスターには、この初代モデルのデザインモチーフが導入されるもよう。デビュー25周年を機に、マツダとしては、改めて原点に立ち返ろうという思いだろうか。

同メディアは、「次期ロードスターはマツダ最新の魂動デザインを採用しながら、フロントのオーバルグリルなどに、初代の特徴が反映されるだろう」とレポートしている。

森脇稔