知らないフリと知ってるフリ。 

2008年04月21日(月) 9時22分





















自分に何が出来たのか。
自分に何が出来るのか。

結局同じではないか。
自分の方が遠い。


何度も何度も
深く深く落ちていき
くくりつけては無くしてく。

今は何処にいるのだろう。

こうして僕には何も残らず、また繰り返すだけ。




追い掛けてよ、アリス。
僕はここだ。

僕の言葉が一番効くと信じたいけど、聞いてくれないこともわかってる。

だからせめて、ここで溢させておくれ。

君と同じ世界にいたいだけなんだ。
君と笑っていたいだけなんだ。

君を愛してるから。
君に愛されていたいから。

頑張れ、自分。

定春ふゅーちゃりんぐお通 

2008年02月27日(水) 0時03分
暇潰しにと、ジムケリー(?)見てみました、俺です。

人にはそれぞれ好みがあって、別に毒吐きとかじゃないんだけどね。


……あんま好きくなかった…!


ボーカルさん、シャンデリアっぽいの自体は好きだよ。
ただ画像からいくとアレ、揺れる度にカツガツして痛いよね。
インテリアかドールだったら欲しい。
ファンは財布に痛いなァ。


ハンドクリーム塗って寝よ。

ネウロで紅蓮と闇の終焉 

2008年02月21日(木) 20時41分
CD落札してみました。
浜松まで行かないと売ってないとかさすが田舎。

買おうとしていて忘れていたDIRTYとRETUNER。
あとガゼットを纏うやつ。

聞ーかーせーてふぉしい

…って聞こえるのは俺だけじゃないよね☆(何)


嫌いじゃないけど、メアのが好きだと思いました。
興味本意なだけです。


あー、つまんね。
生活に着色しようと、古着からゴンキン探してみたり新しい音手に入れてみたり。
結果つまらん。

今の俺を瞬間でも満たすのは、値段の上がっていくオークションだけ。
金だよ金。(爆)

着々と増していく数字見せて、誉めてもらいたい一心です。
同時にあたしの中に流れる商売人の血が騒ぐ。(ぁ)

会社に店と金を借りてしていく商売より、自分自身で売っていく商売の方が楽しいね。



生活がハイリスクになるからできないけどな!



さて、高杉十四郎、今週も誉めてもらいたいが為に出品します!

ロマンチストに程遠い 

2008年02月20日(水) 0時28分
夜空を見上げて、真っ先に見付けるのはオリオン座。

知ってるか?
この季節にはケンシロウもすぐに見付かるんだ。

名前の通り北の方。

帰り道によく、家に着く直前のあの道で見付ける。

君も同じ空を見ているだろうか。

星座を見付けるのは不得手だと言っていたね。

空だけは、同じ景色のまま繋がっているから。



遠く、遠く、離れていても

同じ月が見えるはずだから

心だけは君の隣に

いさせて

宛先の無いメール 

2008年02月18日(月) 5時59分















一年と少し前、俺は君とメールを始めました。

殆ど毎日、どうやってメールの時間を確保するか、萎えられないよう必死に割れた指先で言葉を紡いだ。

もう大切だったから。

言葉遊びの延長線。
どんな結果になろうと、自分が選ぶから後悔しない。

今も後悔していない。

すれ違いで、理解してもらえなくて泣いたりしていない。
ただ会えなくて、泣いている。
我が儘が通らなくて、泣いている。

あれから三週間。
修羅が鳴らない。
アラームだけ。

まだこんなに涙が出る。
会いたくて、触れたくて、仕方ないんだね。

一番辛いのは君だ。
だから、もう泣かないと、決めたのに。
会った日に、決めたのに。

気を紛らす為のオークション。
君と暮らす為と理由をつけるから、懸命になれる。
携帯に電子音が鳴る。


俺に罪があるというのなら、その全てを償います。
だからどうか、一秒でもいいから、許して下さい。
他の何も望まないから。
君と生きることを、許して下さい。


泣くのは嫌いじゃないよ。
それだけ君への好きの証。

長い長い、二月。




さあ、そろそろ眠れるかな。
6時間も眠らないだろうけど。

無彩色→無理矢理彩色 

2008年02月10日(日) 22時47分
友達に会った。
マダオの従兄弟が来た。
叔母さんが来た。
家庭教師してた人が来た。元カノからメールが来た。


この一週間で、色んな人と会った。
縁とは不思議なものだ。
君とだけ過ごしていた時間から、色んな人と会う時間になった。

俺に生きろと、頑張れと言っている気がした。


黒服を買ってもらった。
不謹慎かな。


あれから、赤は入れていない。
入れたらいけない気がした。
ただの願かけ。


薄手のコート。
そのまま着て行った。
寒くない。
黒服を着ると、引き締まる。
君といた時は寒かったから、寄り添っていた。
きっと何も、気合いも、意識の防御もしていないから、寒かった。
ガードの必要が、君といたら必要なかった。
無意識の虚勢を解けるのは、君だけ。




君に、メーデーを送る。

混沌と自己暗示 

2008年02月09日(土) 22時38分


…わからなくなってしまった。

どこまで?

どこから?

どれを聞けばいい?

変わらないのか。

夢幻か。

言葉が欲しい。

真実だけの言葉を。




それでも信じると誓う。

気持ちだけは本当だと。

色褪せないで。

侵さないで。

信じさせて。

泣かないで。

飾らないで。



強くあれ。
もっと強く。

現実を跳ね返せ。
幻を消せ。

お前ならやれるだろ。
甘えるな。

戦うことを忘れるな。
守ることを忘れるな。

間違えるな。
真っ直ぐあれ。

泣くのは簡単。 

2008年01月29日(火) 8時21分




















気付いてやれなかったことに腹が立った。
気付いたつもりでいたアホさにイラついた。
止められなかったことが悲しい。


いつも隣にいたのに。
俺だけなのに。


早く会いたい。
声を聞きたい。


倒れたりしてないかな。
色んな憶測だけが加速する。


互いに二日、一人で過ごす夜を過ごした。
眠ったけれど、中々眠れない。
睡眠時間も短い。
のびたくんな俺がだ。
精神的ダメージが表れることなんざ初めてだ。
また初めて持ってたね。
泣き疲れたら、眠れるかな。


帰ってきたら、綺麗な部屋で迎えよう。
でもパジャマだけは、洗わなくていいかな?
君の匂いがたくさん、付いてて、安心する。


一度目覚めてしまうと、眠れない。


ご飯は食べてる。
半分が精一杯なのが多いけど。
お腹空くのに、喉を通したくない。
味がね、しないんだ。


一人きりって、どうやって過ごしてたっけ。
黒服。
デコスパ。
メイト。
土方。
ブラックコーヒー。
赤マル。
仕事。
どれも満足できない。


出会って変わったこと。
愛することを知った。
頼ることを覚えた。
ブラックコーヒーが不味くなった。
赤マルがきつくてノアールになった。
仕事人間でなくなった。
SD。
ミシン。
オークション。
貯金。
エスカピズム。
ノットナルシス。
二人寝。
泣き虫。
自分の大切さ。
…書ききれないや。


戻って来いよ。
いつもみたいに、抱き締めて欲しい。
甘ったるい声で、誰も知らない笑顔で、撫でて欲しい。


会いたい。
抱き締めたい。
たくさん口付けたい。
頭撫でて、心地よさそうに微笑む顔を見たい。


お願いします。
返して下さい。
奪わないで下さい。


我が儘だらけ。
事よりも、一人にさせていること、一人になっていることが辛い。


睡眠薬欲しいかも。
眠れなさすぎてどこかで倒れて、心配かけるのは嫌だ。


書いてみたら、ちょっとだけすっきりした。

にゃーん 

2007年08月21日(火) 12時30分
にゃんこが怪我しました。

去勢と予防摂取以外で病院のお世話になったことない元気っ子です。
ちょっぴり…いえ、かなり不安なので部屋に置いてます。
後ろ足引きずってるので、どうやらベッドが居心地いいようです。
なんか上から見てるとオッサンみたいな恰好で毛繕いしてます。

不安…のせいか眠くなれず、初めて精神的に眠れない夜を過ごしました。
寝かし付けられて朝方寝ましたが。


仕方のないこととは思いつつ、俺と一緒に育ってきてるのにこの子はもうご老体なのかと思うとちょっぴり切なくなってしまったとか。
せめて内臓ではなく怪我の方でよかったと思うことにした。

…で、膝を枕に寝られると、可愛くて俺動けないんですけど。(愛)

出戻り 

2007年08月17日(金) 15時10分
味気無いが仕事の内容です。











今日から一年前に辞めた子が復帰します。
どうやら前の仕事の人間関係やらで戻ってきた様子。
正直俺には我が儘だと思うし、信用ないです。
前回仕事放り出していきなり辞めたし、彼氏がどうのと言ってたらしいが人間関係に詰まってたようにしか見えなかった。
前と同じように長続きしないような気がしてならない。

そう思うとデイリー作ってて掃除当てたくなるし、機嫌損ねないようにしつつ当たり触りのない2レジを入れたくなる。

…頑張れ俺。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒鵺
  • アイコン画像 誕生日:4月13日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる