抱きしめても怒りませんか? 

2006年03月25日(土) 21時01分
STORY1『抱きしめても怒りませんか?』福山潤×中井和哉
STORY2『もっとぼくを!』千葉進歩×中村悠一
STORY3『ラブリービースト』浜田賢二×鈴村健一

中井受けと変態受け?が気になり購入。これは自分的には満足だったよー。
STORY1のみ原作既読。中井受けかわいかった。こないだ聞いた893ものとえらい違いだwなんか聞いてるこっちが恥ずかしくなってきた。これからもたまにでいいんで受けやってほしいな。ヘタレ福山攻めも○でした。

STORY2は変態受けその1。青姦にハメ撮りってwww初受けだったらしい中村さん、結構良かったと思う。乙女でかわいい。あえぎもよかった、吐息系っていうの?また聞きたい。千葉さんは攻め聞くの久々かも。かっこよかった。

STORY3は変態受けその2。一番変態度が高い話かな。先日『僕は君の鳥になりたい』を聞いて鈴村受けにひたった後にこれ聞くと余韻吹っ飛んだwでも上手い人がやるからひくくらいの変態さんでもかわいく面白く聞けると言うか。でも変態だよな…。浜田さんは何かのCD聞いてイイ声の人だなと思ってたのでメインで聞けて良かった。もっと増えてもいいかも。

それにしてもどれも攻めが声入れすぎっつーか、あえぎすぎじゃないかwww

LOVE SEEKER 3 

2006年03月24日(金) 21時36分
成田剣×鳥海浩輔 高橋広樹×福山潤 石川英郎、平川大輔
いやぁ、鳥海さんもナリケンさんもエロいねー。おなかいっぱいwどこのシーンだったかな、どんだけキス長いねん、いつまでするねんって思ったとこあった。エロは多いけど、コメディ色が強いので萌え(悶え?)つつ笑いつつ聞いてるこっちは大忙し。
高橋×福山ももう片方より回数は少ないけどしっかりそういうシーンあり。あれは言葉攻めになるのかなー恥ずかしがる福山さんがかわいくてよかった。
あと、個人的には平川さんの出番が前よりあってよかったwフリートークで司会もやってるしね。

僕は君の鳥になりたい 

2006年03月23日(木) 22時01分
羽多野渉×鈴村健一 水橋かおり、伊藤健太郎
羽多野さんは絡み初挑戦なんだよね?特に可もなく不可もなくという感じ。でもいい声だなと思ったのでまた聞いてみたい。
鈴村さんは「泣きの演技」はさすがと思った。
水橋さんは鈴村さんの姉役で羽多野さんの彼女役。出番多いので女性キャラが好きでない人は厳しいかも。
濡れ場で攻めが「殿方とは初めて」って言っててそれはどうかと思った。

あなたと恋におちたい 

2006年03月19日(日) 1時43分
三木眞一郎×千葉進歩、平川大輔、星野貴紀

千葉さん演じる主人公の暴走&空回りっぷりが聞いててちょっと恥ずかしいんだけど、そこがイイwかわいくてよかった。三木さんは37歳の役で普段聞いてるよりも落ち着いてて大人の男の人って感じ。平川さんは登場シーンは少ないけど攻め系の声でかっこよかった。またフリートークでいじられてたね。星野さんは初めて聞いたんだけど、原作を読んだ時に「カラダで仕事を取る」人だから受けなんだと思い込んでたので、思ってたよりも低い声で最初聞いた時は違和感が。声だけだと攻めっぽいんだけど、どっちなんだろといらんところが気になったり。
ゲイバーのママとのやりとりとかアドリブなのかな、あの辺はおかしかったなー。

小説家は懺悔する/小説家は束縛する 

2006年03月15日(水) 23時45分
菱沢九月「小説家は懺悔する」「小説家は束縛する」
小説家×元コックのハウスキーパー?

あらすじを読んだ印象だと攻めの小説家はもっとオレ様で嫌な奴なのかなと思ってたけど、意外にもかわいいところもある人なのがいい。受けはページめくるごとに印象変わるっつーか、弱かったり強かったり。
二人それぞれの親友が兄弟で、どっちも一般的な友情以上という設定は若干ひかれたものの、受けの親友の彼女はやけに自分の彼氏に理解があったりという設定は都合よすぎないかとか思ったり。
あと、結構濡れ場多かった。

この愛に溺れろ 

2006年03月14日(火) 23時46分
中井和哉×遊佐浩二、花輪英司、三宅健太

前作の「この愛にひざまずけ」を聴いた時も思ったけど、遊佐さんエロッ!中井さんワルッ!
遊佐さんは受けもイイねぇ。モモッとで言ってたんだっけ「受けでも男性の部分を残して云々」ってのがわかる。まーとにかく、エロい。
他のCASTのみなさんが低音エロい系なので、そういう声が好きな人にはたまんないかもねー。
フリートークは遊佐さんが司会だったんだけど、前作に引き続き花輪さんとか三宅さんとかのいじられっぷりがwwwボリュームあったしね、かなり面白かった。

恋のカケラ 

2006年03月13日(月) 21時21分
小川いら「恋のカケラ」
大学生×サラリーマン 年下攻め
少女マンガみたいな話だなーと。受けが女の子っぽい印象のせいか?

SEX PISTOLS 3 

2006年03月01日(水) 23時25分
成田剣×大川透、一条和矢×神谷浩史、谷山紀章、梁田清之、鈴木千尋、遊佐浩二
ヨシュア×熊樫編、大将×シマ編と2つお話が入ってるんだけど、私はヨシュア×熊樫編が好き。
ナリケンさんも大川さんもかわいかった。ナリケンの微妙な英語とか甘い口説き文句とか楽しませてもらったよ。絡みはさわり程度っていうかズバリそのシーンってのがないのがよかったと思う。
相変わらずのノリオのテンション高いとこも遊佐さんの解説もいい。原作知ってる人やこれまでのシリーズ聞いてる人には不要な解説かもしれないけど(話がそこで途切れちゃうので)遊佐さんの口調が面白いからまあいいや。
大将×シマ編は大将がな…一条さんが得意ではないのですよ。だからどうも聞いててしんどいな。こんなんでYEBISUの一条×平川聞けるのかな、と平川好きの私はまだ購入を迷ってたり。

短いゆびきり 

2006年02月16日(木) 22時48分
久我有加「短いゆびきり」
21歳大学生×29歳会社員 幼馴染?
年下攻めでこんなに歳の差があるのってこれまで読んだことなかったなあ。関西弁は多少ひっかかりはあるもののやっぱり好きだ。(登場人物が関西弁を話す必要は全くないと思うけど)
カラダの関係になるまでそこそこ長いんだけど、私はもうなくてもいいとか思ったけどね。攻めと再会してからの受けの心の変化とかそういうのが好きだなーと思って読んでたんで。

歯科医の憂鬱 

2006年02月15日(水) 21時47分
榎田尤利「歯科医の憂鬱」
板金工×歯科医 年下攻め
この歯科医が仕事ON/OFFで二重人格という設定。帯には『カリスマ職人×美貌の歯科医』とあるのでそれ見りゃ一発なんだけど、あらすじだけ読むと歯科医攻めだと思ってたよー。攻めキャラがカッコよかった。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:redcard
読者になる
Yapme!一覧
読者になる