滑稽な話

August 22 [Mon], 2011, 11:16
時間を置いて冷静になってみれば、
いや、冷静にならざるとも変な話ではある。

約8ヶ月の期間を経て、私は振られました。


告白したのは去年の年末、12月の中旬ごろだったと思います。
今すぐには・・・というのが相手の回答で、もっとお互いを理解してからと言われました。
それからちょくちょく連絡を取っていたのが、2月ごろにメールの返信が来なくなりました。

嫌われてしまったかなと思いましたが、1週間ほど間を置いて、
「体調不良で、元気になったらメール返す」というようなメールが来ました。
しかし、それからいくら待ってもメールは来ず、心配だからメールくださいとのメールを送ったが、
そのメールへ返信が来ることはありませんでした。


そして先週、「モト彼と復縁し、結婚することになりました、ごめんなさい」
とメールが送られてきました。


はぁ・・・?
正直なところ、ここまでの間に仕事で色々あって退職することにもなり、
彼女への気持ちは次第に薄くなっていました。
もちろん返信がこなかったのも薄くなっていた原因の一つですが。

なので、私は素直に結婚おめでとうと彼女に告げました。
また、ちゃんと失恋させてくれてありがとうと返しました。


でもしばらく時間を置いて、なにもかも不自然なことに気がつきました。

まず、自分の気持ち悪さ。
振られてるのに何故相手を気遣っているのか?
この時は、これから結婚してもっと幸せになる彼女の負担にはなりたくないとか、
そんなことを考えていた気がするのですが・・・酷く偽善的な返答に吐き気がします。

また、何故この数ヶ月間、一度も連絡がなかったのか。
この数ヶ月で彼との復縁はあったとしても、すぐに結婚ということにはならないですよね?
復縁した時点ですぐに振ってくれればいいのに。

そもそも、復縁するかどうか揺れているなら、はっきりそういう意思も見せてほしい。
こっちは信じて待つしかないのだから。
だから、こんな振る舞いをした彼女への自身の対応が、より気持ち悪さを際立たせています。

他にもたくさんおかしな点がある気がしますが、
自分の残念な頭では気づけないようです。


この数ヶ月間、ひたすら待った。
仕事も上手くいかず、欝になって挙句の退職。
我慢して、我慢して、文句を一つもこぼさず耐えてきました。


だから、これから私がどうなろうと、誰も文句は言えない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:赤いイモ
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/red_potato/index1_0.rdf