SBMカウンセリングのブログです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SBMカウンセリング
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・韓流ファン-嫁さんの韓流ファンの影響を受けてます。特に一泊二日と言うバラエティー番組が大好きです
読者になる
うつになる直前の5〜6年間は凄く頑張れて、充実していた方は多いと思います。
しかし、この期間に交感神経が一気に上がってしまった為に、眠れなくなり、体力・気力は弱まります。また交感神経が高い為に周囲に過敏になり落ち込みやすくまた傷付きやすくなってしまいます。

自律神経を安定させて不眠が改善でき、体力・気力が回復があって、そこからやる気が起こります。
その経過の中でカウンセリングをしていく事が重要だと長年の経験から感じています。

しっかり眠れて昔のような体調に戻りながら、メンタルも戻っていく。

心だけの問題と考えないで身体の事も一緒に考えていきましょう。
2012年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
(頭が)ぼーっとする / 2012年07月13日(金)
(頭が)ぼーっとする

よくうつになってしまうと、頭がぼーっとするとか、考えられなくなると言う方がいます。

こちらでこのぼーっとする感覚を「脱感作」すると、首・肩・背中の痛みと同時に、息苦しさを感じる方が多くいます。

悩んでいると、呼吸は浅くなり、思いついたようにため息をつきます。

しかし、ずっと悩んでしまうと呼吸は浅いままで維持されてしまいます。

ぼーっとし始めたら、大きく背伸びをして、ゆっくりと深呼吸をしてみましょう。

首・肩・背中が凝っているのも一緒に感じ、身体をほぐしながら、ゆっくり深呼吸をして下さい。
悩み始めると、首・肩・背中が固まってしまい、呼吸が浅くなって、ぼーっとしてしまう。

気持ちからの切り替えも大切ですが、まずは身体から!

心と身体のカウンセリング、SBMカウンセリングのホームページ

http://sbm-counseling.com/
 

リカバリー・ラボのHP
http://sbm-counseling.com/

不眠症・メンタル不調のメカニズムのHP。
そして自宅で回復する方法を書いています。
こちらも良かったら見て下さい。
http://suimin.receive.jp/
   
Posted at 12:30 / うつ / この記事のURL
うつになる前くらいから身体の痛みがなくなる / 2012年07月08日(日)
痛みがなくなる

うつになる直前の5〜6年間、この期間とても頑張った又は充実していた方は多いと思います。

しかし、この期間に一気に交感神経が上がってしまった為に身体の不調を感じなくなってしまいます。
以前は肩こりが強かったのにあまり感じなくなった。
女性に多いのが生理痛が強かったのにうつになる前の頑張り始めた頃から生理痛がなくなったとよく聞きます。

頑張る事で交感神経が上がった為に感じなくなっただけで治った訳ではありません。

この為に交感神経が高く維持されてしまい、子供の頃は良く眠る体質だったのに眠れなくなってしまいます。

心と身体のSBMカウンセリングのHP

http://sbm-counseling.com/

どう身体と向き合い、良く眠り体力・気力を回復していくかが回復していくためには重要だと思います。

ホームページの事例に詳しく書いています。自分でもできる事はたくさんあります。良かったら参考にして下さい。
 

リカバリー・ラボのHP
http://sbm-counseling.com/

不眠症・メンタル不調のメカニズムのHP。
そして自宅で回復する方法を書いています。
こちらも良かったら見て下さい。
http://suimin.receive.jp/
   
Posted at 14:02 / うつ / この記事のURL
昔は寒がりだったのに、うつになる前くらいから暑がりに変わってしまう人が多い / 2012年07月07日(土)
昔は寒がりだったのに、うつになる頃は暑がりに変わってしまう人が多い

子供の頃は冷え性または寒がり、よく風邪をひきやすかった方が
うつになる前くらいから、夏はクーラーをかけないと眠れないなど暑がりに変わってしまう方が多くおられます。

冷たい飲み物を好む、また以前は嫌いでなかったお風呂を嫌う。

身体が温まると身体はほぐれて、副交感神経が優位になります。

しかし、そうなると溜め込んでいた疲れがどっと出て来てしまう。

そうならない為に身体を無意識に冷やし交感神経を優位な状態に維持しょうとしてしまいます。

交感神経が高く維持される事から、眠りは浅くなり、さらに疲労が溜まるの悪循環が起こります。

今年の夏は省エネを兼ね、設定温度を少し変えてみてはどうですか?


心と身体の両面からの回復、SBMカウンセリングのHP

http://sbm-counseling.com/
 

リカバリー・ラボのHP
http://sbm-counseling.com/

不眠症・メンタル不調のメカニズムのHP。
そして自宅で回復する方法を書いています。
こちらも良かったら見て下さい。
http://suimin.receive.jp/
   
Posted at 12:28 / うつ / この記事のURL
喉の詰まり・ヒステリー球 / 2012年06月29日(金)
喉の詰まり・ヒステリー球

よく喉が詰まっている感じがすると言われるクライアントさんがいます。
人は緊張すると、喉に力が入ります。
よく演説をする時に咳ばらいをしたり、
みんなの前で発言をする時に声がうわずったりするように
緊張をすると喉に圧迫感が起こります。

ずっと頑張り続けていくと同じように、身体は過緊張状態になる為に喉の圧迫感が常時あるように感じてしまいます。

仕事などでなにか気になって、なんとかしないととあせっているような事はありませんか?

首後ろもガチガチに凝っていると思います。


心と身体のカウンセリング、SBMカウンセリングのHP

http://sbm-counseling.com/


気にし過ぎだと、身体がサインを送っています。
まずは、凝り固まっている首後ろをほぐして、身体を楽にして、
「まー良いか」くらいにリラックス出来れば、喉の詰まりも減少していきます。
 

リカバリー・ラボのHP
http://sbm-counseling.com/

不眠症・メンタル不調のメカニズムのHP。
そして自宅で回復する方法を書いています。
こちらも良かったら見て下さい。
http://suimin.receive.jp/
   
Posted at 15:14 / うつ / この記事のURL
出版本 / 2012年06月18日(月)
恥ずかしながら、
ペンネーム、堤大郎
でメンタル小説

うつにならない為の
脱ポジティブマインド
頑張り過ぎは危険です

を出版しています。

頑張る中で、本当はなにをしたいのかわからなくなってしまう主人公が落ち込みを機に本当自分を見つけ出していく内容です。
良かったら読んでみてください。
アマゾンの貼り付け方がわからないのでURLを貼り付けます。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4778200365/ref=mem_taf_books_d?uid=NULLGWDOCOMO
 

リカバリー・ラボのHP
http://sbm-counseling.com/

不眠症・メンタル不調のメカニズムのHP。
そして自宅で回復する方法を書いています。
こちらも良かったら見て下さい。
http://suimin.receive.jp/
   
Posted at 23:02/ この記事のURL
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!