豪雪 

January 15 [Tue], 2013, 23:24
 首都圏では17年ぶりとなる規模の大雪が降ったのが昨日のこと。

 当然ながらバイク通勤は不可能なので、今日はいつもより1時間半ほど早く起きて電車で通勤した。
 しかし電車内を見ると、ケータイをいじってる奴が相変わらず多い。何をしてるのかは知らんが、他にすることはないのかね??今みたいにケータイが多機能ではなかった頃からの疑問だ。
 帰りの山手線で隣にいた兄ちゃんみたいに、カメラ機能で自分を映して延々と髪型チェックをされるのもそれはそれで気持ち悪いが。

 ちなみに俺はずっと音楽を聴いている。つい先日、ウォークマンを買い換えておいてよかった。大活躍。ノイズキャンセル機能がついたものを使うのは初めてだが、これは確かに良い。前々から、2〜3人の高校生あたり(男女問わず)がピーチクパーチクうるせえのが気になっていたので、その耳障りかつ空虚なおしゃべりをほぼ完全にシャットアウトしてくれるのはありがたい。

 さすがに昨日の降りっぷりだっただけに、まだ雪がそこかしこに残っている。世田谷までバイクで行くのはまだ危険、はっきり言って自殺行為だ。なので、とりあえず明日も電車通勤することにした。いつもなら1日だけで済むところなのに…。

 あちこちにどでかい雪だるまができていたところを見ると、子供たちは大いに楽しんだようだ。でもいいかいチビっ子たち、喜んでいられるのは今のうちだけ。大人になると、雪なんてもんは迷惑なだけなのさ。
 それが大人になるってことだよ。

 眠いので寝ます。明日も5時半起きだ。

謹賀新年 

January 02 [Wed], 2013, 19:38
 新年、あけましておめでとうございます。

 ダラダラと過ごした年末年始の休みも明日まで。とは言っても、4日に出勤してまた土日で休み。有休に余裕があれば4日もいっちゃってたんだけどなあ…。

 毎年最大の楽しみ、箱根駅伝は往路が終了。日体大が26年ぶりの往路優勝。
 駒澤…なにやってんの。全日本で優勝したチームと同じだとは思えないほどの体たらく。東洋は4・5区こそ物足りなかったが、それでも復路での逆転優勝に望みをつないだ。設楽兄弟強し。
 しかし、まさか順天堂が駒澤の上にくるとは思わなかった。その調子で復路も頑張って、シード権の確保をしっかり頼むよ。

 あ〜、もっとのんびりしたいなあ…。
 

仕事納め 

December 28 [Fri], 2012, 23:49
 今年も無事、勤めあげることができました。

 さて、今年1年を振り返って。
 とりたてて良いことはなかったが、大きな苦難もなかった。例年通り、プラスマイナスゼロといった印象。

 幸せってなんだろう?
 上を見ればキリがないし、下を見てもキリがない。日々同じようなことの繰り返しで、天にも昇るような幸福感を味わっていないという意味では不幸なのかもしれないし、あちこちにガタがきているとはいえ曲がりなりにも五体満足で生活できているというだけで幸福なのかもしれない。

 確かに、不幸ではないようにも思うが、かといって幸せではない。
 幸福のハードルは下げてはならないのだ。人間、一度そのハードルを下げるとどんどん堕ちていく。

 まず、いい加減なんとかしなきゃいけない最優先課題のクリアが必要だ。
 先日の旧友との再会の時に宣言したが、もし来年の夏までに自然な流れで恋人ができなかったら、結婚相談所の門を叩くことにした。
 お見合いやその手の類は最終手段だと考えていたが、いよいよ背に腹は代えられないところまで来つつある。絶望的なまでに日常の中に出会いがない。このままでは生涯独身ほぼ確定コースだ。多少強引にでも流れを変えなくては。

 とはいえ、その手に出たところで状況が一変する可能性は五分五分だろう。「101回目のプロポーズ」を地で行く展開になることも有り得る。自分ではいろんな意味で「人並み」の人間のつもりだが、それを判断するのは自分ではなく相手だ。

 とにかく!
 生きている以上、前へ進まなければならんのだ。正直、「もー現状維持でいいや」的な投げやりな自分もいるにはいるんだが、怠惰な自分に負けてはならない。

 …と、珍しくポジティブな今の心境を綴ってみました。来年35になります。来年もよろしくお願いします。
 良いお年を。
 

独白 

December 25 [Tue], 2012, 21:07
 この先も、クリスマスの度に思い出すんだろうな。

 一番思い出深いのは、やっぱり初めて会った時のこと。
 武道館、地下街のレストラン、大手町、東京タワー。全部、昨日のことのように覚えてる。

 それからさらに言葉を重ねて、思いを重ねて、肌を重ねたあの日。

 顔を曇らせてしまったこともあった。

 でも、思い出すのはやっぱりあの笑顔。この先、他の誰かと過ごすことがあっても、決して忘れない。

 もう会えなくても、決して忘れない。
 さよならは、言わんよ。

旧交 

December 09 [Sun], 2012, 0:01
 高校時代、同じ部活で汗をかいた友人と、8年ぶりに再会した。

 住んでいるところが同じ県内とはいえ遠いことから、近年はすっかり疎遠になり、年賀状をやりとりするだけの関係になってしまっていたが、今回あるきっかけで会うことになったわけだ。

 なにしろ8年のブランクがある。その友人は、最初はぎこちなさが漂うんじゃないかと会う前はちょっと緊張していたと笑って打ち明けてきたが、俺の方は少しもそういう心配はしていなかった。

 いつか見たドラマで、伊東四朗が古くからの親友に「たとえ10年ぶりに話したとしても、昔と同じように話ができる。それが親友だ」みたいなことを語りかけるシーンがあって、その時はふーん、そういうもんかねーと思っていたのだが、今はそれがよくわかる。
 そう。親友ってのは、そういうもんだ。

 居酒屋のカウンター席で肩を並べた3時間は、あっという間だった。

 また呑もうぜ。(俺はウーロン茶だけど…)

逡巡 

November 15 [Thu], 2012, 21:55
 今週末、いよいよ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が公開される。

 観に行くべきか、行かざるべきか…。

 俺はエヴァをリアルタイムで観ていたわけではなく、むしろ長いこと「オタクが愛するものの象徴」として毛嫌いしてきた。
 エヴァを好きになったのは、実は今の会社に入ってからだ。
 まだ入って間もない研修生の身だった頃のこと。二つ年上の先輩と映画の話をしていて、なんとなくエヴァの話になり、例によって「俺アレ嫌いなんすよねー、いかにもオタクが好きそうじゃないっすか」…みたいなことを言ったら、その先輩は怒るふうでもなく、普通のテンションで「いや、結構面白いよ」と事も無げに返してきたのだ。

 その先輩はオタクっ気がまるでない至って普通の人で、しかも人間的にも仕事の面でも尊敬できる人だったので、あの人にそこまで言わせるとは…これは一度、きちんと観てみる必要があるかもな、と認識を改めたのがきっかけ。

 どっぷりハマった。
 アニメは劇場版も含めてすべて観た。こんなに面白いものを蛇蝎のごとく忌み嫌っていたなんて、俺は相当損をしていたんだなあと。

 で、今回の「Q」だ。初めてエヴァにリアルタイムで触れる機会。
 ここまで書けばわかるように、観たい。普通に観たい。

 なぜ迷ってるかというと。俺、映画館苦手なんですよ…。とにかく落ち着かない。観始めたらノンストップでそこに座って映画に集中することを強要されるし、実は大きな音もちょっと苦手なので、映画館特有のあのスピーカーの音量も嫌だ。おまけにタバコも吸えない。
 というわけで、これ以上ないってくらい「映画はおうちでDVD」派なのです。

 でもなー。観たいなー。

 どっかの猪木さんが「迷わず行けよ!」と背中を押してくれたらいいんだが。
 とりあえず、まだ時間はあるから、せいぜい悩みます。

全日本大学駅伝 

November 04 [Sun], 2012, 20:10
 駒澤、連覇達成。

 やはり駒澤は全日本に強い。距離的な特性が合ってるのだろうか?

 最終8区で大逆転劇を演じてみせたエース窪田をはじめ、一人一人がきっちり仕事をした。中でも見逃せないのは、なぜかこの全日本の3区で(だけ)はエースらしい仕事をする油布、それと東洋の設楽兄弟との差を最小限に食い止めてみせた2区村山と4区上野。特にこの二人の踏ん張りがなければ、結果は変わっていたかもしれない。

 序盤からトップに立った昨年とは対照的なレースになったが、終わってみれば大会新記録。

 しかし、つくづく窪田がここまでの選手になるとは想像していなかった。大八木監督も似たようなことを言っていたらしいが、あの藤田以来長らく駒澤に出現しなかった、一人で流れを変えられる絶対的エースに成長したと言える。
 40秒までなら逆転可能、それ以上だとちと厳しいか…と思ってただけに、あの快走は予想以上だった。

 敗れた東洋も素晴らしかった。

 8区服部を除いた全員が区間3位以内でまとめるという、相変わらずのロードでの強さを発揮。大学駅伝初出場の選手たちもことごとく好走を見せ、流れを他に渡さない。

 ただ、結果論になってしまうが、もし服部と設楽兄弟のいずれかの区間配置が逆だったらどうなっていたか。酒井監督の意図はわからないが、個人的には服部をあそこに据えるのは1年早かったのではないかと感じる。

 他に印象に残ったのは、早稲田の復調と日体大の充実ぶり。

 早稲田は、全くいいところなく敗れた昨年とは違い、2区大迫をはじめ随所で勝負強さを見せてくれた。

 箱根3位の明治を食って4位に食い込んで見せた日体大では、特に4区のエース服部が、早稲田の山本や東洋の設楽(悠)を抑えて堂々の区間賞に輝くなど、箱根に向けての収穫が多かったように思う。

 ともあれ、出雲での惨敗をそれぞれが重く受け止め、王者の名に恥じないレースを見せた駒澤。

 おめでとう!!

 



漢気 

October 01 [Mon], 2012, 21:59
 プロレスの入場テーマ曲をよく聴く。

 非常によく出来た名曲が多いのだ。例えば、かの有名なアントニオ猪木の「炎のファイター」。あんなにも、男の胸を熱くたぎらせるメロディが他にどれほどあるだろうか?原曲ももちろん好きだが、荘厳でメロディの良さが際立つオーケストラバージョンも捨てがたい。
 ちなみにこの曲、コード進行がジャズのスタンダード「Fly Me To The Moon」とそっくりそのまま同じだということはあまり知られていない。

 お気に入りは、三沢光晴の「スパルタンX」、武藤敬司の「Hold Out」、蝶野正洋の「Crush」、そして橋本真也の「爆勝宣言」といったあたり。
 特に好きなのが橋本のテーマで、聴いていると曲に合わせて「はっしもと!はっしもと!」と、天国の橋本に向けた橋本コールが頭の中で鳴り止まない。

 どの曲にも、”背負った男の美学”が熱く封じ込められている。
 俺はプロレス自体には特に興味がないが、これら珠玉の名曲の数々で彩られた入場シーンを見るのは大好きで(実況の口上もグッとくるものが多いんだよねえ)、ちょいちょいYou Tubeで見るのだが、名曲をバックにある時は悲壮、またある時は獰猛な表情でリングに向かう男たちの姿は文句なしにカッコいい。
 彼らの1/4くらいでいいから、カッコよくなりたいものだ。

 ともあれ、良い音楽はあちこちに転がっているもの。アンテナを張り巡らすのをお忘れなく。

クリアな世界 

September 24 [Mon], 2012, 23:28
 今日、先週の火曜に発注したメガネを受け取った。

 メガネを作る際の視力検査で、ことのほか乱視が酷いことが発覚。え、俺の視界ってこんなんだったの!?と、文字通り「自分の目を疑う」事態に。
 慣れって恐ろしいんですね。

 さっそくメガネをかけてみると、あらゆるものがクッキリハッキリ見える。子供の頃は滅法目がよかったから、たぶんこれが当たり前だったんだろうなあ、と妙な感慨に浸る。

 感動したのは、このPCの前に座った時。テキストがこんなにはっきり見えるとは…。メガネをくいっと上にずらして裸眼でモニターを見ると、笑っちゃうほど霞んでいる。よくこんな視界で作業したりしてたなあ俺。

 というわけで、齢34にしてメガネっ子デビュー。

 ちなみに、店員さんは似合ってると言ってくれましたが、俺にはそうは思えません。なんか、ひと言で言うとエセインテリっぽいっつーか。伊達メガネで自分にメガネが似合わないことは知ってたから、別に新たな発見でもなんでもないんだけどね。

辟易 

September 14 [Fri], 2012, 22:10
 今日は初めての違反者講習。

 最初はブッチしてやろうかとも思ったんだけど、さすがにあまりにもデメリットが多くて、有給とって土呂くんだりまで行ってきましたよ。

 午前中の適性検査で、驚くべき事実を知った。
 視力検査の結果、なんと両目で0.4・・・。この冬の次回免許更新時、ほぼ間違いなく眼鏡携帯の条件が追加されるだろう。メガネを持っていかないと、更新できないという事態に陥ることも有り得る。
 永遠のメガネっ娘LOVEな俺だが、まさか自分がメガネをかける日が来ることになろうとは・・・。

 そして、講習。半日の座学はやはりツラかった。ホント、俺の座学嫌いは筋金入りだなー。てきめんに頭が痛くなる。

 とにかく、もう二度と違反者講習など受けまい。

 
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像レコ
» 嫌な音 (2011年09月29日)
アイコン画像kanaさん
» 嫌な音 (2011年09月28日)
アイコン画像レコ
» 麦わら帽子はもう消えた (2011年08月16日)
アイコン画像kanaさん
» 麦わら帽子はもう消えた (2011年08月11日)
アイコン画像レコ
» 夏の現金なご挨拶 (2011年07月02日)
アイコン画像kanaさん
» 夏の現金なご挨拶 (2011年07月01日)
アイコン画像レコ
» 新たな相棒 (2011年04月22日)
アイコン画像kanaさん
» 新たな相棒 (2011年04月21日)
アイコン画像レコ
» 講習 (2010年11月30日)
アイコン画像kanaさん
» 講習 (2010年11月29日)
プロフィール
Yapme!一覧
読者になる