なめらかプリンの作り方

December 26 [Fri], 2008, 23:32
なめらかプリンの作り方を実際に紹介します♪

1.まずはじめに、鍋でグラニュー糖に火をかけていきます。
少し茶色くなってきたら、一度火から外して、熱湯を加えてながら溶かしていきます。
ある程度溶けたらかき混ぜて器に注いでおきましょう。

2.牛乳や生クリームを温めます。よく混ぜておきましょう。

3.卵(卵黄)とグラニュー糖をまぜます。

4.この卵黄に牛乳と生クリームを混ぜた物2を加えていきましょう。

ここで、バニラのエッセンスを少しレシピとして加えるのが、おいしいなめらかプリンの作り方のポイントです♪

5.裏ごしをして、1で作成した【カラメル】に流し込んでいきます。

6.アルミホイルをかぶせて蓋をして、弱火の火で蒸し焼きにしていきます。

7.蒸しあがったら、冷蔵庫で冷やして自家製の手作りなめらかプリンの完成です♪


プリンの作り方・レシピは多くありますし、レシピ本なども本やに行くと多くあります。
作り方の基本は同じですので、まずは作ってみて、少しづつ自分流のプリンの作り方を見つけていきましょう。




>>料理が上手くなりたいかたはコチラ

プリンの材料

December 26 [Fri], 2008, 23:22
プリンの作り方は慣れてしまえば簡単です。

慣れてきたら、自宅で人気のなめらかプリンや、ギガプリン、バケツプリン作りなんかにも挑戦してみましょう♪

まずプリン作りの材料から紹介します。

基本的な材料は卵・牛乳・砂糖になります。
さつまいもやマンゴーなどを使用した作り方もありますが、基本はこの3つになります。

あと、味に風味をつける為、バニラ何かがあるといいですね。

どれも材料は新鮮な物を使用しましょう♪

おいしいプリンの作り方はこの材料選びがポイントといえるでしょう。

卵黄だけを使用したり、卵黄を追加でいれてプリンのコクを出すという作り方もあります。

牛乳や生クリームは調理中に、沸騰させないようにするのがポイントです。

砂糖は水に溶けやすくて、癖のない味のものを使用しましょう。
グラニュー糖がおすすめですよ♪

プリン作りには材料が重要になってきます。自身の得意レシピを見つけて、楽しくプリンの作り方を学んでいきましょう☆

パステルプリン・生クリーム

December 09 [Tue], 2008, 23:43
プリンにも、昔ながらの卵っぽいしっかりプリンと、生クリームたっぷりのとろ〜りなめらかプリンがありますよね。好みは分かれるところですが、今の主流はやっぱり生クリーム系のプリンでしょうか(タモリはアンチ生クリーム派だそうですね、

余談ですが)。生クリーム系の代表格と言えば「パステルプリン」。その「パステルプリン」の作り方が、なんと日テレの「ナイナイサイズ」で紹介されちゃったんです! しかも、パステルプリンのシェフ自ら伝授。…えっ、いいの!? やるじゃん「ナイナイサイズ」!

作り方を見てみると、グラニュー糖60g・卵黄4個・牛乳250ccに対し、生クリームは250cとやっぱりたっぷりです! 作り方のポイントは、型に入れる前に、材料を一度50℃まで加熱すること。この50℃を保つ事が、なめらかさを生む秘訣なんだそうです。

さらにここでは、オーブンや蒸し器を使わずに、鍋を使っていました。器にホイルをかぶせ、沸騰したお湯の入った鍋の中に入れたら、蓋をして弱火で15分。この作り方なら途中で何度も固まり具合を確認できるので、失敗が少ないんだとか。

ふつう、人気店のレシピなんて企業秘密ですもんね〜。これはぜひやってみたいです! 「ナイナイサイズ プリン」で検索すれば作り方が見られますので、興味ある方はどうぞ。

プリンの作り方のコツと完全レシピ

December 09 [Tue], 2008, 23:42
プリンの作り方を色々試してみたけど、どうしてもプロのようになめらかにならない〜!という人、いませんか? プリンの仕上がりは、もちろんレシピによっても異なりますが、ポイントはそれだけじゃないんです! そのヒミツを解き明かしたのが、NHK総合テレビの「ためしてガッテン」です。

「ためしてガッテン」は、身近な生活からテーマをひとつ取り上げ、最新科学による分析と実験によって新常識を発見していく生活情報番組。プリン以外にも、様々な料理を科学的に分析し、究極のレシピと作り方のコツを発見しています。

そんな「ためしてガッテン」が問題にしたのは、プリンの“す”。加熱のしすぎ以外に、なんと混ぜ方にも原因があるんだとか。プロと素人が混ぜた卵液を比べてみると、素人のほうには、なんとプロの2倍もの細かい泡が! これが“す”を作るもうひとつの原因。これをなくすには、泡立て器をボールの底にこすりつけるよう混ぜることと、混ぜすぎないことがポイントです。

また、もうひとつの作り方のポイントは「ゆっくりと加熱して、しっかりと熱を入れる」こと。オーブンなら170度で30分、蒸し器なら弱火で21分で加熱すると、理想の温度である80度までゆっくりと加熱され、なめらかな舌触りに仕上がります。この理想の温度を実現するには、アルミや耐熱ガラスよりも、陶器の器が最適だそうですよ。
「ためしてガッテン」で紹介した作り方は、公式サイトで見ることができます。「紅茶プリン」「クリームチーズ風味プリン」「なめらかプリン」と、3種類のプリンの作り方を紹介していますので、ぜひトライしてみてくださいね☆

土鍋やレンジで簡単プリンの作り方

December 09 [Tue], 2008, 23:22
プリンの作り方を調べると、よく「簡単プリン」という言葉を目にします。この「簡単」って、どういうこと?

プリンの作り方って、基本は材料を混ぜて加熱するだけのもので、バターを柔らかくなるまで練るとか、卵をもったりするまで泡立てるとか言う手間はいっさいないので、そもそもが簡単なはずなんです。じゃあプリンの作り方で何が問題なのかって言うと、やっぱり「蒸す」ってのが面倒なんでしょうね。しかもベストなトロトロぷるりん具合に仕上げるとなると、けっこう難しい。そのヘンをラクにこなせるのが、いわゆる“簡単”プリンというわけでしょう。ここでは、ふたつの作り方を簡単に紹介します。


まずは、蒸し器ではなく土鍋で仕上げる作り方。土鍋にお湯をはって沸騰させ、火を止めて、型に入れたプリン液をお湯の中に直接置きます。蓋の間にタオルを挟んで、そのまま30分。加熱はしないのがポイントです。
これだけで、“す”の入らないぷるぷるプリンが完成! 土鍋以外にも、ル・クルーゼなどの保温性の高いお鍋でもできます。

土鍋を出すのも面倒という人は、電子レンジで。耐熱容器にお湯を入れ、型に入ったプリン液を並べてラップしてチン! プリン2個で、弱で6分が目安です。加熱ムラがあったり、うっかりすると“す”も入りやすいですが、ラクチンです。お試しあれ。

自分だけのプリンの作り方・レシピなんかができると、料理が楽しくなりますよ♪



【炊飯器でプリンを作る方法 おすすめ】