【 更新情報 】

スポンサード リンク

簡単な圧力鍋レシピ

暑くてガスレンジの前に立つのも嫌な今日この頃です。

こんな時こそ圧力鍋で簡単レシピに挑戦しましょう。
圧力鍋だと加熱にかかる時間が圧倒的に少ないので、汗を流しながらガスレンジの前に居る時間がすごく短縮できるんです。

圧力鍋ならではのトロトロ煮込み料理で夏の暑さに負けないスタミナをしっかりとつけましょうね。
例えば、牛スジ肉と夏野菜のカレーライスなんてどうですか?

牛スジ肉は下茹でを加圧10分蒸らし10分、さっといためた玉ねぎ・にんじん等にカボチャやオクラ、茄子など夏野菜を牛スジ肉に加えて更に加圧10分、蒸らし10分。最後にカレールーを入れれば完成です。カレールーを入れたら加圧しないでくださいね。

食欲の落ちる夏でもカレーなら食べられるという人、多いですよね。トロトロに柔らかくなった牛スジ肉と栄養たっぷりの夏野菜でスタミナもOKです。

カレーライスでもだめという重症の人はビシソワーズはどうでしょう?

ジャガイモと玉ねぎをバターでいため、かぶるくらいに水を加えたら加圧はたったの5分でOKです。牛乳を加えて塩コショウで味を整え、ミキサーにかけたら冷蔵庫へ。

冷たくてすんなりと胃袋に収まってくれますよ。

圧力鍋で作る、いわし料理レシピ

冬に煮込み料理なんか便利だろうなぁと思って圧力鍋を購入して、もうずいぶんたちますが、今まであまり使っていませんでした。

圧力鍋って買ったはいいけど使っていない人って多いですよね。

そこで、夏こそ圧力鍋でいわし料理はどうでしょう?

なぜ、夏こそ圧力鍋?なぜいわし料理?って思うでしょう。毎日毎日暑くて調理のためにガスレンジの前に立つのも苦痛な日々ですが、圧力鍋なら短時間で煮込めるので暑いレンジの前に張り付いている時間が短縮されるんです。

しかも、いわしはいわずと知れた栄養食ですから、これを圧力鍋で骨まで柔らかくしてまるごと食べてしまえば暑さに打ち勝つスタミナもつくというわけです。カルシウムもたくさん取れるので子どものいる家庭にも良いですよね。

圧力鍋で作るいわし料理のレシピを検索すると甘辛煮などいろいろ出てきますが、私のおススメは梅煮です。

梅干の酸味がさっぱりと食べられて食欲の落ちた日にもご飯が進みます。

作り方は簡単です。ワタを取ったいわしをお鍋に並べて梅干と酒、みりん、醤油を加えて煮込むだけ。

沸騰から20分程度の加圧で十分柔らかくなりますよ。

圧力鍋で作る、肉じゃがレシピ

圧力鍋で作る肉じゃがのレシピを紹介します。

肉じゃがといえば基本中の基本のお料理。
それだけに上手に作れれば毎日の晩御飯メニューが楽になります。

圧力鍋
で肉じゃがを作るとジャガイモがほっこりと甘くとても美味しくできるのです。

まず、ジャガイモ3個、玉ねぎ1個、にんじん1個を皮をむいて少し大きめに切ります。圧力鍋なら大き目の材料も中までしっかりと火がとおるので、あえてゴロンゴロンと大きめにしてみましょう。

圧力鍋に油をひいて材料を軽くいためます。次に牛肉か豚肉300gを加えてお肉の色が変わるまでいためます。

だし汁1カップと砂糖大さじ1、みりん大さじ1、醤油大さじ2、酒大さじ2を加え、圧力鍋の蓋をして1〜2分強火にかけて沸騰させます。沸騰したら弱火に落として5分加圧します。

圧力鍋を火からおろし、自然に圧力が下がるのを待ちます。

たったこれだけでできあがりです。味の濃さはお好みで調味料を足してください。

大きめのジャガイモにしっかりと味がしみて美味しい肉じゃがになっているはずですよ。お好みでシラタキを加えてもいいですね。

圧力鍋で豚の角煮

暑い季節です。

ビールのお供に豚の角煮なんていいけれど、作るのに時間がかかって面倒で・・・なんて敬遠してしまいがちです。そんな時こそ圧力鍋の出番です。

圧力鍋で豚の角煮を作れば煮込む時間が大幅に短縮できて、トロトロに柔らかい角煮ができますよ。

まず、豚のバラ肉(700gほど)を5cm角くらいに切りわけます。それをしょうがとたっぷりの水で圧力鍋で下茹でします。沸騰させてからあくを取り、15分ほど加圧、その後10分ほど蒸らします。

次に、煮汁を捨てて、酒(大さじ4)、醤油(大さじ5)、砂糖(大さじ5)、水(2カップ)を入れて煮込みます。

落し蓋の代わりにクッキングペーパーに菜ばしで何箇所か穴をあけたものを上にかぶせてふたをすると良いです。

今度は沸騰から10分ほど加圧、その後10分ほど蒸らします。

これだけでほとんどできあがりです。このままでもいいですが、煮汁を煮詰めてお好みの味の濃さまで調整したほうがより美味しくいただけます。和辛子をそえていただきましょう。

面倒な豚の角煮がこんなに簡単に手早くできてしまうのですから、圧力鍋は本当に助かりますよね。

手羽元の圧力鍋レシピ

今日の晩ごはんは何にしようって迷いますよね。

子どもたちも喜んでくれて、パパのビールのともにもなって、栄養があって、簡単で、お財布に優しくて・・・。主婦は大変です。

そこで、手羽元の圧力鍋レシピを紹介します。手羽元をこってりと煮上げるので、コラーゲンもたっぷりでママ自身にも嬉しい一品ですよ。

4人家族として手羽元10本程度を想定したレシピです。

まず、圧力鍋で手羽元を皮に色がつく程度に焼きます。

圧力鍋に水1カップ、コンソメスープの素1個、酒大さじ3、さとう大さじ5、醤油大さじ5、みりん大さじ3を加え、しょうがの薄切りを数枚散らして煮込みます。

沸騰してから10分ほど加圧したら、10分ほど蒸らします。ふたを開けられるようになったらふたを取って、煮汁が好みの濃さになるまで煮込みます。

この時にゆで卵を加えて味タマにしたり、レンジで少しチンしたジャガイモをいれても美味しいですよ。

圧力鍋だと短時間の煮込みでも手羽元がトロトロになって、スルリと骨からはずれるので子どもたちも大喜びです。

煮汁が余ったら、えのきなどきのこをいためて味付けに使ってもコクが出て美味しいです。