おおっぴらにできない男の冷房対策 

June 15 [Wed], 2016, 0:49
毎日会社や通勤電車のクーラーが強すぎて
つらい思いをしていませんか?


男性だって、女性と同じく暑がりもいれば、寒がりもいて当たり前、
だけど、女性のようにスカーフを巻いたり、カーディガンをきたり、
ひざ掛けを使うことはやはりできないですよね。


男性は冷えるとお腹がゆるくなる人も多いし、
毎日のことだから、我慢ばかりして慣れてしまうのは
もっとからだに良くないんですよ。


女性が社内で冷房から身を守るのにしていることは
先ほどのひざ掛けやスカーフ、ソックスなどですが、
男性ではそれはなかなかしにくいことです。


でも、クールビズの中でも工夫して防寒はするべきです。
まずネクタイがないからといって、首周りの大きく空いたシャツを
着るのではなく、


なるべく襟が高く立つような、ボタンダウンシャツを選びましょう。
ジャケットを着て違和感のない職場なら、ジャケットを羽織って、
そうでない場合は長袖シャツで袖口をおろしたり、めくったり
調節するといいですね。


次に冷えを感じるのは、冷気がたまる足元です。
足首も太い血管が集まっているし、パンツの裾から冷気が入るので寒さを感じやすいですよね。


そんな時は、外からみえにくいのでハイソックスや
それに近い長さのソックスをはいてふくらはぎまで暖めると
だいぶ違いますよ。


さらに、見えずにからだを温められるのが腹巻きですが、
さすがに夏の炎天下を通勤するのですから、
移動中は汗をかいてしまうし、露出していないだけに、
乾きにくいという欠点があります。


なので、腹巻きを採用するのはちょっと考えてからのほうが
いいですね。


ただ、最近開発されて人気の高いボクサーパンツは
夏の防寒にも使えて、同じ悩みをもつ男性に評判が高いです。


ウエストのゴムの部分が太めにできているので、
腹巻きの役割をしてお腹や腰を温めてくれます。
ただ、生地は薄手なので腹巻きほど圧迫はなく温まります。


腰痛の方のためのサポーター代わりに開発されたようですが、
程よい締め付け感で腰と下腹部をあたためるので、冷え対策で
探している男性に人気がでているのだそうです。
質感やデザインはこちらのサイトで確かめてください。
   ↓↓↓↓↓
▶▶▶はいてる人増えてます。【やわらかUNDERWEAR】