深沢でヒトスジシマカ

November 21 [Mon], 2016, 12:08
葉酸は妊娠したいと考えはじめた段階から妊娠初期までの期間にかけて飲み続ける事が理想的だといわれていて、胎児の先天性奇形の発生を予防する効果があると考えられています。妊娠して3ヵ月くらいまでの期間は、葉酸が多く含まれている食品やサプリメントなどから摂取するように意識する事が大事になってきます。葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので吸収率のピークが空腹時なので、効率よく葉酸を摂ろうと思ったら食間だというべきでしょう。

一度にたくさん摂って一日分の量を満たそうとするより、数回に配分して摂った方が身体のためには良いのです。時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば寝ている間の肝臓の血流量は最も少ないので、就寝前の摂取がベストとされるのです。妊娠初期は赤ちゃんの器官形成にあたる大事な時期です。


そういった時期に妊婦の体の中で葉酸が欠乏すると胎児の障害、先天性奇形率が上がってしまうとされるるわけです。



なので、妊娠を希望する女性であれば妊娠の前から意識して葉酸を摂る事が大切ですし、妊娠の初期段階にもサプリメントで常に補うようになさってください。妊娠を望んでいる方は栄養不足にならないよう注意したいものですが、妊娠初期に葉酸の不足が続くと、胎児の神経系に障害が発生しやすくなることが知られています。
葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく体内に蓄積されにくい宿命を持つ栄養素でもあります。例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどからも多く摂ることができますから、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。


食品の中でも、葉酸を強化したものには目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。
これが消費者庁の認可を受けたことを示しており、申請に基づいて審査をして認可を受けた食品に限り、特定保健用食品の名称、それに、マークの使用を認めるのです。

この特定保健用食品のマークがあれば消費者庁の認可を受けていることの証明ができるので、葉酸を添加した食品を選びたいという方は判断の目安として役立つものです。



ご夫婦で妊娠を考え始めた際、二人で一緒に葉酸を摂りましょうと言われるようになりました。
大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。貧血解消のために鉄分とともに摂るビタミンですが、細胞分裂を盛んにするためにもこの栄養素がどうしても必要なので、ご夫婦で摂ることが大事になってくるのです。葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。

妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児の健やかな成長を促すために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。



では、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児にどのような影響があると思いますか?実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。
そのため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると言われているそうです。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。子供を授かるために妊活をしている最中は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。

大根やゴボウ、人参のような土に埋まっている野菜には積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。



一方、身体を冷やす効果がある野菜は、きゅうりやなす、トマトなど夏に収穫される野菜類です。
果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、ミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないのであたたかい飲み物がベターです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayu
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる