いつもの帰り道。 

July 05 [Wed], 2006, 20:21
あぁ、今気づいた。暗い帰り道が明るく感じたのは、隣にあなたがいたから。
あなたがいない世界なんて、暗すぎる。


               いつもの帰り道。           

 窓の向こうはほんのりオレンジ色。もうこんな時間か。あたしはそわそわと時計を気にしながら、かばんに教科書をしまった。

「遅いなぁ・・・」

一人ぼっちの教室にあたしの声が消えていく。時計の針は6時を指していた。 

バタバタバタ・・・・・


渡り廊下を誰かが走ってくる。亮だ!

ガラッ


「お、七瀬やんか。こんな遅くまでどうしたん?」

少しだけ汗をかいた亮。あたしは急いで教科書をかばんにしまった。

「いや、勉強してたら時間たってもうて・・・」

気付いてるかな?本当は亮を待ってるって。亮と一緒に帰りたいねん。

帰宅部のあたしは、写真部に所属する幼馴染の亮と、ここ最近毎日帰っている。
亮は気付いているかな?あたしが亮の事、好きやって・・・・

「ほんなら一緒に帰ろうや。どうせ家も近いし。」

亮は手早く教科書をかばんにしまい、教室を出た。

「最近、よぉ二人で帰るよなー」

亮は空を見上げて呑気なことを言ってる。気付いてないんやな、この分やと。あたしが計らってるって。

「そうやなぁー」

いつもは毒舌な亮が、今日はやけに穏やか。

「亮どうしたん?彼女でもできたんか?」

そうであってほしくない。当然あたしとは帰らなくなるし。ラブラブになるだろうし・・・・

夢小説の規約 

July 05 [Wed], 2006, 20:13
このブログは、管理人「空也」の夢小説ブログです。

次のチェックに1つでも当てはまる人は、夢小説を読まないでください。

・夢(ドリーム)小説が何かわからない
・夢小説をパクりに来た
・批判しに来た
・自分は男、もしくはジャニーズ事務所関係者だ

どれか1つにでも当てはまる方はウィンドウを閉じてください。
気に入ってくださった方は、コメントしてくださればうれしいです。
リクエストがあれば、できる範囲でお受けします。
P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ハルカ
» いつもの帰り道。 (2006年07月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:realdream
読者になる
Yapme!一覧
読者になる