*108 

August 01 [Tue], 2006, 2:13
ある朝雨が降っていた
緩やかに静かにひそやかに
夜と朝の接点はみえない
それでも雨は降っていた


その夜僕は起きていた
今日を終え明日を迎え
君と僕の接点は見えない
それでも雨が繋いでた

灰色は次第に明るみを増しそれでも空は雨だった


ここには僕だけ


緩やかに静かにひそかに
そうして雨は降っていた
今日を終え明日をはじめ
そのまま雨と眠りたいんだよ

*107 

May 08 [Mon], 2006, 23:09
マニキュアを自分で塗るのは苦手。
塗ること自体はうまくいくんだけど。
そのあとついついほかの事しちゃって結局剥がれる。
それを取り繕うとしてまたマニキュアを重ねて
そうしてまた乾く前にべたべたになる。

気がつくと洗面台の前にたっている。
指先にこびりついたマニキュアと何度も重ねた嘘をはがそうと、
僕は必死にここに立っている。

*106 

April 20 [Thu], 2006, 21:09

ひるむことなかれ恐れることなかれ




最後にして最高の一撃を

*105 

April 20 [Thu], 2006, 21:07
限りなくおちた視力を妬み
ガラスを越さない世界をまみゆ
気付いた世界は大きく歪み
水面に写る水模様
すべてがゆれるこの海に
ぽつりとしずく涙をいれたら
僕の世界はどうなるんだろうね

歪んで歪んで崩れて滅んで
すぐまた水面に帰れば
できたらそれはそれで素敵だろうね

*104 

March 23 [Thu], 2006, 9:43
そいつらは突然やってきた

けたたましくオートバイにのる二人のチェーンソー男
ここはいつも静かな金色小麦畑
大人は冷ややかにみている 静かな結末を待っている
そして逃げ惑う子供たち


(人なんてかまっていたら、自分がやられる)

一人悟った僕の右手が小柄な少女を突き飛ばしたようなきがした

(そうだよ、生きるんだなにがなんでも)

逆光にてりはえる鈍色の刃物をふりかざす男がみえた
僕の首にゆっくりと刃がくいこむ
耳元がうるさい



「あぁ、お前だな」





オートバイのけたたましい音が遠ざかる
代わりにサイレンのなる音がする
僕の回りには僕のさっきまで友人だった子らが泣きながら僕をみている



ひとつ僕だけがわかったことがあるんだ
奴らは決して氏名手配される無差別大量殺人鬼なんかじゃない
奴らは人の闇からやってきてチェーンソーをふりかざす
子供らにぼろがでるのを待っている
醜い殺し合いを待っている
そうして生きるため他人に手をかけた子供を、自らの手にかけるんだ

*103 

March 14 [Tue], 2006, 23:00
さいきんまけっぱなしですべてがうまくいかない
すきなあのこにきらいとさけんで 夕空カラスにばかにされた
なんとなく くやしい とつぶやいたら むしょうにくやしくなってきて
壁をけったらほこりと暗闇がすとんとおちてきた

わかってたんだよ どっちがきれいかなんて
笑顔のあいつとそれをただみつめる僕
わかってるんだよ 過去には敵わない
ほこりまみれの僕はまっくらなままだけど

うれしいからってそんなに笑ってないでよ
僕はつまんなくてしかたない
嬉しいならもっと笑っててよ ついでに
僕も笑いとばしてくれ



くやしくなんかないから皮肉って
大人のふりをした
そりゃくやしくてしかたない 僕が
大人じゃなくてよかった
>
>

*102 

March 14 [Tue], 2006, 22:56
「さて、僕はいくけど君はどうする?」

それに答えたのは僕なのか。 僕の中のダレなのか。

*101 

March 14 [Tue], 2006, 0:07
今度こそ扉に鍵をかけ
すべてあきらめてしまおう

世界の朝 廻る鳥のさえずり
絶望の合図が終わりを告げた
目覚めた君の声は夢に埋もれて聞こえそうにない
傷ついた? 吐き出しそうになる夢の欠片

もう傷つかなくていいように
扉を開くのもやめてしまえ
どこか身体のまんなかあたりが
痛くて痛くて ああ せつないよ
守ってくれない扉は捨てろ
鍵を飲み込んでしまえ
そうして扉が空きそうにないまま
真っ暗な夢の夜が来るの

*100 

March 09 [Thu], 2006, 10:32
例えばきみがそのごみを宇宙の果てに捨ててきたとして
それが夜空に瞬くのをみたならきみは

*99 

March 09 [Thu], 2006, 10:31
胸張って吠えても 心は晴れない
神経張って生きても 貼られたシールに負けそう
ただ祈ってんだ 暗闇の灯ともる
あの街の猫のように 胸はっていきれますようにと
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:real-emotion
読者になる
Yapme!一覧
読者になる