ウォーカーとたっくん

June 02 [Fri], 2017, 13:26
忙しい看護師が職場を変わろうと思う際、現在の仕事をやりながら次の勤務先をみつけようとすることもあるのではと思います。そのような時、仕事をしながら一人で転職先を探そうと思うと、時間的に余裕がないので、丹念に求人情報をみられない場合が出てきたりします。困ったら、看護師専用の転職サイトを利用してみると、希望に合った勤務先を勧めてくれるので、とても役立ちます。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。

漢字だと、どちらかで書き表されます。



少し前までだと、看護士と書いた場合は男性のことを指し、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。

それが、2001年に法律が改正され、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師の呼び名に一本化されました。看護師が外来でする仕事は、病院を訪れた方なら知っているように、問診や注射、点滴、血圧測定等をしたり、医師の指示のもと患者さんに処置を行います。そして、検査や手術といった場合の移送も看護師が行うことになっています。患者と過ごす時間も多いため、病気を治すだけでなく精神の面でも配慮も行っていく必要があるでしょう。

思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは中学の時の職場体験で、体験先の介護施設の看護師の方に心を動かされたのが契機となりました。将来は、こういった職業で働いていきたいと考えたことが端緒となり看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。
楽しいことばかりではありませんが、それなりに充実していると思います。
新卒や既卒で看護師としての就職先がなかなか見つからないという方は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。



求人において特に年齢制限の記載がなくても、事情によっては病院側が独自に何歳以下だけを採用すると決めている場合があります。
特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。



ここ数年は看護師は足りていないと言えます。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。
女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。



殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。その原因として代表的なものは、過酷な労働環境があります。

看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため仕事が増加する一方になり、勤務時間も長時間になって、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。


交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、看護師の職を離れる人も珍しくないのです。
私の仕事は病院事務です。

日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですがどの方もいつもせわしなく働かれています。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。ですが、予想よりも柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。なんと子供を連れてきている看護師さんが結構目立つんです。

先生達も、歓迎している様子でしたし、温かい雰囲気でした。

看護師が転職する際でも、ひとりでは、待遇の話まではできかねることもありますが、看護師転職サイトを利用すると気になる待遇に関する交渉も行ってくれるため、いい条件の転職が実現するかもしれません。


転職が初めての人には、採用担当者に好印象を与えやすい履歴書などの書き方のコツを伝授してくれることも助かります。看護師として働く時、楽だといわれているのは、外来の勤務形態です。当然、人の命に関するということでの責任は同じことですが、夜勤の必要がない、休みやすいというような理由で外来勤務を選びたい人も増加しています。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。注射されるのが好き、なんていうタイプは稀なタイプだと思いますが、注射の必要があるのならば、出来るだけ痛くないようにお願いしたいですよね。



とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。


これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。

多くの看護師が持つ悩みといったら、交代勤務などで休日が不規則になることです。

せっかくのお休みにも友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする悩みを抱えている方も多いようです。

または、労働環境が過酷で労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。


こうした状態を変えたいのであれば、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。
準看護師が手術室に入ることは許可されておらず、より専門知識が必要な部署へと転属を望むとしたら、不利です。
こういった感じで、準看護師と正看護師が異なる点は、必要な勉強時間とか試験の難易度も違うでしょうけど、これから、看護師を目標にするなら、正看護師になるという事が基本的になっているみたいです。
看護師には、悩みごとの種が多々あるものです。
看護師という職種は激務の代表のような職業なので、対人関係にも疲れはてることが少なくありません。
収入が良くても、その分だけ、悩み事の多い仕事となっていますから、退職をしていく方が多い職場もあります。看護師転職情報サイトにのっている看護のお仕事は、医療機関の求人の件数も豊富なのですが、それのみではなく一般には公開されていない求人の情報がいっぱいあり、登録することで想定外の好条件の転職先を紹介していただくことができるかもしれません。
担当コンサルタントの手厚いフォローも特性としてあげられているようで、可能な限り細かなリクエストにも応じていただけるようです。
とても仲の良い看護師が、この前、転職をしました。比較的ラクそうな職場だったのに、なぜ?とわけを聞くと、「仕事が暇だった。
もっと忙しく働いていたい」というようなことでした。なるべくラクな仕事が良いと考える人が多い中で、こんな風に考える人もいるのですね。
看護という業務は多岐にわたります。たいていは、医師の診療が滞りなく運ぶようにサポートするというのが主な業務内容ですが、ほかにも患者さんのお世話や手助けといったことも行っています。入院病棟か外来かによっても仕事内容は違います。
仕事の負担が大きいのは、外来よりも入院病棟の方で、大きな負担となるでしょう。


看護専門学校に3年間在籍し、国家試験を受ける資格を得られるのです。

このルートで免許取得を目指す人が最も多いのです。実際に病院でする実技演習が他に比べると、遥かに多いということもあり、勤務先でも案外早く仕事を行うことができるでしょう。大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。
病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。
それから、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも看護師が行います。



予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、人手の少ない夜間に限って幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、目が回るほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。

友人に看護師で頑張っている人がいますが、けっこう給料が高いと羨ましがられていることがあります。
ただ、看護師の仕事というのは、夜勤の業務もすることがありますし、生活サイクルが一定にできませんし、女性多数の職場環境だったりして、ストレスや悩みは日常茶飯事といわれています。
そのようなことを考慮すれば給料が高いのも、当然だと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心春
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる