めまいは薬で治療できる?

June 30 [Thu], 2016, 17:21
めまいは薬で治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)する場合が出来るのでしょうか?めまいが起こると、めまいに限った事ではなく、吐き気や嘔吐が起こったり、不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)も出てくるはずなので、それにあわせた薬を内服しなくてはいけません。まず、めまいの治療に利用してみる普通の薬を挙げてみたいわけです。
・抗めまい薬(血流を良くする事で、めまいの抑制ができると思います。)
メリスロン(メシル酸ベタヒスチン)・・・内耳の血流をよくして、めまいを抑えるのです。
セファドール(塩酸ジフェニドール)・・・平衡感覚に関わっている神経に作用して、血流を良くし、めまいを抑えます。
アデホス(ATP)・・・脳や内耳の血流を増やし、めまいを抑制します。
・吐き気止め(内服が難しい場合は点滴にして投与されます。)
ナウゼリン(ドンペリドン)・・・胃腸の動きを活発にして、食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)を胃から腸に送り出す事を助け、送り出すのをサポートして吐き気や嘔吐の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を緩和するのです。
・抗不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)薬(めまいからくる不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を抑制します。)
ソラナックス(アルプラゾラム)、メイラックス(ロフラゼプ酸エチル)、ワイパック(主に顔の皮膚を何かで覆うことで、毛穴の汚れをとったり、血行を促進したりといった効果が得られます)ス(ロラゼパム)、デパス(エチゾラム)など。
・浸透圧利尿薬(内耳のむくみ(全身性浮腫と局所性浮腫に分けられるでしょう)を改善します。)
イソバイド(イソソルビド)など。
・ステロイド薬(めまいからくる難聴(伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴などに分けられています)を改善し、神経の炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)を改善してます。)
プレドニン(プレドニゾロン)など。
・ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)剤(神経の修復を行います。)
メチコバール(メコバラミン)など。
めまいの治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)には、これらの薬が症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)に合わせて処方されるのです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サキ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/re80teueathclt/index1_0.rdf