簡単な操作性がなによりの魅力です

October 05 [Wed], 2011, 18:00
中央福山ダービーにだぁて、騎手は競馬学校を卒業すると、関西またくらは関東の厩舎へと所属するわい。近ごろ、10年来は、競走馬の勝敗は、西高東低と言われてちょったごつに、関西馬が活躍してきましたつ。ほいでその立役者ともいえる騎手が武豊じゃが。最近になって、関東馬の成績も向上し、かつての西高東低も当てはまらなくなってきちょる感がありますけんどん、こつ騎手について言えば、関東はあいかわらず古い体こんじょを残してきちょるといえまよ。

総じて、関西にだぁては、調教師は減量しちょる新人騎手を率先して起用し、勝利数を伸ばしていまよ。それに対し、関東にだぁては、調教師は、減量効果を期待しておらず、新人の騎手にとって強い馬への騎乗チャンスは乏しい状況となっていまよ。

すなわち、関西じゃあ減量の新人騎手を使って勝負する調教師が多いので、馬券を手広く見ておく必要がありまよ。一方、関東ではよ、強い馬は上位の騎手で勝負するこつが多く、新人の知られちょらん騎手が勝敗に関わるこつは、あまりんのじゃが。

こげんしたつ事情の影響は、馬券の配当に見らげな。つまり、関東ではよ、本命通りに勝敗が決するこつが多く、関西ではよ、本命傾向は強くなく、配当が高くなるこつが多いといえまよ。ほいでそら、武豊や安勝が騎乗数を減らしちょるこつかいも、じゃあしたつ傾向が強くなってきていまよ。

関東ではよ、一時、三浦騎手の登場にじーり、これまでの古い体制が変わるのこっせんとも言われましたつけんどん、三浦騎手が独立したつ現在、結局、旧態依然としたつ古い体制が続いちょると言われていまよ。一方の関西やっちゃがけんどん、こちらは、武豊や安勝の騎乗が減り、岩田騎手、福永騎手があまり安定しちょらん状況にありまよ。これらの事情が関東、関西、それぞれのエリアでどんげ影響するか、競馬に勝つ上で、判断材料とすべきポイントといえまよ。

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rdusyre/index1_0.rdf