お化け〜 

May 09 [Fri], 2008, 16:26
昨夜   PM8:00〜9:00




肝試しをしました。













懐かしの我が母校(?/小学校)に行って驚きました!!







何と・・・・



















防犯カメラが設置されていました!!



       ↑
   (オイ! そこか!!)








後輩と行ったんですが・・・・











見えるらしい発言を多々しておりました。










そんな事より突然変な事を聞かれました。














「何でお化け屋敷はダメなのに
       
             リアルは、大丈夫なの!!」






そ・・それは、・・・・・











自分にもよくわかりません!



(良いのか!? 本当に良いのか!?)








では、また!

舞台稽古 

February 15 [Fri], 2008, 13:53
舞台稽古で、おわら踊りをおどる私(^-^)

クラス 

February 08 [Fri], 2008, 15:57
今、あたしのクラス、正直いって団結してないんだよねぇ・・・・汗

前までふつうにしていた仔が、いきなり、無視されてる。
部活でなんかあったみたい・・・・

その仔とは直接、もと〓仲良かったわけじゃなかったから、どぉもしてあげれない・・・
ただ
あたしと仲良い友達がその仔の
グチいうのね?大きい声で
そんなふうにいうなんて、ひどいよー
だって前まで、ふつうに話してたひとのこと、そんなにしってるハズないのに

なんてゆうか
グループってあるでしょ?つか、できるもんだよね?
別なグループの仔だったから
よくわかんないけど

いきなりいったい何があったんだかわかんないわー

きっと
そのうち落ち着くでしょッ★たぶんッ
そぉ願うッ

つか、こんなことおもうのって
やっぱあたしはエムなんだー ワラ

<女好き>で子ども365人。精力絶倫<アウグスト強王>(東欧旅行・3) 

January 19 [Sat], 2008, 2:08
東欧2日目は麗しの都ドレスデン。現地ガイドはフンボルト大・日本語科卒のユニークな方と添乗員さんの事前案内。バスは美しい公園に留まった。気持ちが良い。紹介されたガイドのトーマスさんはナルホド、手八丁口八丁のやり手オバサンだった。

後ろからゾロゾロ付いて行くのが嫌いな火山。ガイドさんと肩を並べ先頭を切った。途中、散歩道のベンチに初老の男性が可愛い小犬とチョコンと座っていた。通り抜けようとした途端、この犬、猛然と火山に飛び掛ってきた。驚いた。

「ごめんなさい。大丈夫ですか」とトーマスさん。心配してくれた。とっさに火山<Kein Problem>と言った。カイン・プロブレーム…<ご心配なく>というドイツ語。英語ならノー・プロブレム(問題ありません)―――。
トーマスさん、複雑な表情を見せた。一行の最初に声をかけた日本人が流暢な(?)ドイツ語をしゃべった。ギョッというところか。でもすぐ大笑いした。火山も笑った。

ツヴィンガー宮殿は素晴らしかった。<アウグスト強王>と言われたフリードリッヒ・アウグスト一世が建てた。女好きで子どもを365人生ませたという精力絶倫の王様。トーマスさん、口を極めて罵った。彼の心臓を納めた小箱は居城に隣接する旧宮廷教会の地下に今も安置されているが、美女が通りすぎるたびに静かに<鼓動>するという。

さて火山、実はこの東欧旅行に備え、出発前2週間断酒、ついでに人間ドック並の健康診断を受けた。勢力絶倫のアウグスト一世とは偉い違いだ。そこで帰国2日目の午後、主治医を訪ねて<断酒減量>の結果を聞いた。去年は「理想的です」と言われた。これを願っての受診だった。で、今回は―――。

「体重、最高です。今のまま維持してください。血圧も最高、何の心配もありません。血液検査、すべて問題ありません。血管は動脈硬化の予兆もありません。糖尿病も心配ありません……」。火山が期待した<理想的です>という言葉はなかった。チクショー!!でも<カイン・プロブレーム>。

はたけづくり 

January 10 [Thu], 2008, 13:26
5年ほど前の話。

市の情報誌に「市民農園利用者募集」と書かれてあった。
そんな記事に目のない私。
早速応募し、今なお市民農園ユーザー。

広さは、6畳ほど。
それでも、夏はあっという間に草ぼうぼうになるので結構大変。
でも、野菜を作りは結構はまる。

今は、夏野菜が終わって、ほとんどまっさらな畑。

次の種をまく前にやることが。
何とか収穫できた野菜たちに、
栄養をたくさん吸い取られたので、
石灰をばら撒いて土を中和。

その後、われらの畑は牛糞を混ぜ込む。

牛糞は、近くにある農場の管理者がとても安くてわけてくれる。
それをたっぷり車に積んで。

友人いわく、かなりくさいらしいが、
まひしているのか、我が家のメンバーは
無臭だとみんなおもっているはず。

ここまで終われば、冬野菜の種まきとなるのです。

狭いのヤダ! 事務所ひろびろ改造計画(序) 

December 29 [Sat], 2007, 19:30
西脇です。職場環境にはいろいろと事情があるものと拝察致します。わたしも様々なオフィスで仕事をしていますが、芳住君の事務所は、良い意味で融通が利き、ごくたまに彼とわたし二人でこの事務所に居るとなると、着座位置を確保するところから始めなければなりません。加えて、ここでは真夏でも雪崩が起きます。マシン達は仲良くやってくれていますので結構なことです。ただ、やはりそろそろ何とかしなければならなくなったようですね。

**********

「朝だあーさーだーびょーん! みなしゃん、おはようございましゅ。若大将はまた徹夜でしゅか。おつかれキョン」。

「ええの、おまんは。ムダに机使うとればええんやからな。寝覚めのええこって、は、なによりですわ。いい加減この狭いん何とかならんもんかの。まあ、だらしない芳住のこっちゃ、無いもん強請りはするだけアホらしいわい」。

【要らないものは棄てる】

ああ、参ったな。明日は人が来る。名刺はどこへやったか。打ち合わせのテーブルはOAデスクと化して久しい。データセンター機とバックアップ機、暫くどこかへ行っていてくれ。

「そんなこと言ったって、ぼくたち行くトコ無いもん。じゃ、仮眠室に入っていていい? 出て来て良くなったら、ちゃんと呼んでね」。

ああ、頼む。あいつらには悪いが、もうフルタワー型PCの時代ではなくなった。さて、次はどうする。作業室は物置きだなこれは。先ずは空き段ボール箱を畳んで処分しよう。おっ、こんなところに探していたシリコングリスが。いろいろと出て来るな。もうこんな旧いモデムカードやLANカードは使わない。棄てよう。これも要らないな。段ボール毎廃棄。

*****2時間15分奮闘*****

だんだん虚しくなって来た。邪魔なCD−ROMドライブ6台とテープドライブ4台、まとめて中国か北朝鮮に送りつけたくなって来たぞ。旧いHDDはデータの読み出し不能処理をして、金属ゴミとして出すか。今のうちにオフィス家具を発注しておこう。近々必要になる。

「ねえ、先生メジャーを持ち出したよ。ボクたちの寸法を測ってる。これからどうなるんだろう」。

「・・・余剰機、かな?」

【マシンの絞り込み】

あらかた片付いたか。エントリ〓、次はお前だ。CPUを交換する。当面はWindows XPで安定動作を確認しよう。腹の中を見せろ。余計な冷却ファンとカードを摘出して、CPUクーラーを外す。うーん、お前、汚いな。シリコングリスが緑色に変色している。2GHzを外して、今日からお前は2.8GHzだ。シリコングリスを塗布し直して、CPUクーラーを装着。昔はCPU交換の度に、ディップスイッチでFSBと逓倍数を手動設定していたものだが、今では自動認識が当たり前か。どうだ気分は。

「うーんと、まだよく分かりません。でもシックリくる感じ。ボク、ちゃんと動くかな」。

通電してチェックしよう。ん、BIOSで引っ掛かるな。取り敢えずF1キーでエラーをスキップしよう。何とかOSは起動するようだ。一旦再起動。ほう、エラーメッセージによると、問題はやはりBIOSか。

注記)BIOSとは、パソコンが機械としての自分を初期化して自己診断するための規模の小さなプログラムです。この場合、エントリ〓君が、交換したCPUを正しく認識出来ないようです。

エントリ〓を通常起動してBIOS更新プログラムを入手する。メーカーサイトからダウンロード。現行のBIOSバージョンは02か。アップされているBIOSもそれほど新しくないな。06とは、今から4年も前のものだ。これで何とかなるのかね。仕方が無い、書き換えディスクを作成して、再起動。BIOSの書き換えが始まったな。よし完了、再起動。ん、換装したCPUを認識した。暫く連続運転をして様子をみよう。

「こんにちは、西濃運輸です」。「こんにちは、佐川急便です」。おっ、オフィス家具とNASが届いたな。さて、次のステップに進もうか。

**********

徐々に新しい陣容が明らかになってきたようです。今日はここまで。次回は、システム再構築の全体像を見てみましょう。

しつこいようですが・・・〓 

December 19 [Wed], 2007, 1:47
どうなってるんでしょう・・・?

どういう神経してるんでしょう・・・?

亀田親子。。。

いえ、違います^^;

亀田さんは 昨日謝罪会見もしたし、もうエエんです。

見た人がどう思ったかは別問題ですけど

あの人たちはもうエエです。

そうやなくて、オヤジが 「?」 と思うのは 「TBS」です。


元はといえば、3兄弟が幼いときから親子で練習に取り組んでいる姿を

ドキュメンタリーとして追い続けていたのがキッカケなんでしょうけど

実際にプロとしてデビューして 長男がチャンピオンになる過程では

(以下、かなりオヤジの想像の部分が入った文章になっています^^;)

・対戦相手を選ぶ段階や実際の選手の召集

・ジムの移籍問題

・マッチメークの時期や会場指定や設営

・対戦相手やジムへのギャランティ

・JBCへの圧力(亀田戦の多額の放映権料名目で亀田陣営に有利なお目こぼしを要求)

・WBAやWBCへの亀田優位となるような働きかけ

・試合担当のレフェリーやジャッジへの金銭授受または接待・・・


わかりやすく言えば、長男がチャンピオンになった疑惑の試合

あの試合のジャッジメンはものすごく豪華なホテルに宿泊して

ものすごく優雅な滞在を過ごしていました。

その試合で長男がチャンピオンになったとき

同時に特別に父親にも「特別チャンピオンベルト?」なるものが

すでに用意されていて手渡されていました。

父親である史郎氏が通常規定では認められていないセコンドについています。

常識の判断からすれば、すでに「ライセンス停止」を食らっていても仕方ない素行の史郎氏が

2回の「厳重注意処分」だけで済まされています

などなど・・・



なぜ亀田家だけは特別なのか・・・?

答えは裏でTBSが関係団体や個人に見返りを与えているから。

視聴率を稼ぎたいために ヒーローを自らの演出で作り出して一儲けたくらむ。

新しいテレビ界のビジネスモデルを確立したかったんでしょうけど

視聴者はそれほどバカじゃありませんし、現実と偶像の違いくらい見てればわかります。

だから、この前の試合で反則負けとなった亀田大毅選手や兄の興毅選手、三男の和毅選手たちは

ある意味、むしろ被害者といってもイイんだと思います。

鼻っ柱の強い世間知らずの18歳のニィチャンが、金持ちで口のうまい大人におだてられ

実力も無いのにその気になって神輿に担ぎ上げられ 赤っ恥をかかされたってことです。

試合が終わり(内容がアレでしたから批判はしかたありませんが)

負けて世間の声が亀田バッシング一色になってくると

大毅選手が神輿から降りる前にはしごをはずしてバッシングする側に早代わりです。。。

大毅選手ははしごをはずされ、降りるに降りられず、隠れるところもなくて

バッシングの袋叩きです。

亀田家の試合を中継するアナウンサーや解説者にも批判が向いているようですが

彼らは社員であり、TBSからギャランティを受けて依頼された解説者です。

事前に「亀田贔屓」をするように指示されていたのなら

それには逆らうことは出来ないでしょうから彼らを責めたりするつもりはありません。

しかし、報道を担う公正中立な立場であるハズの組織が

あまりにも極端な偏った報道をしたり

必要以上に報道以外の土俵に深く首を突っ込みすぎることには大いに問題があると思います。

政治色の違いで報道各社が「右寄り」であったり「左寄り」であったりするのとは

根本的に意味が違います。



こら〜!!!TBS

今まで散々、悪いこと仕掛けておくだけ仕掛けておいて

悪さがバレたら 「オレは知らん!」で済まされるんか〜〜!

悪いことは他人に押し付けて 自分はまた正義の味方面して

批判する側に早代わりして 逃げ得ねらうんか〜〜〜!!!

ケツの毛ほどでも報道マンとしての自覚あるんなら

今すぐ世間様に 「今回のお騒がせの原因はわが社にございます」って謝れ〜〜〜!!!

絶対謝るワケないとは思うけど 謝れ〜〜〜!!!

この、卑怯モンが〜!!!

大失態を犯してしまいました・・・ 

December 12 [Wed], 2007, 18:41
タイトルの通り、今日は大失態!!!!




昨日、彼女は仕事の後に飲みに行ったということで、



今日も仕事だから、モーニングコールをすることに・・・



もちろん、彼女が起きるのが危なそうだったから、俺が提案したのに、、、、





なんと、今日、俺は寝坊をしてしまった(泣)






だから、当然、モーニングコールをできるはずもなく。。




ただ、救いだったのが、彼女自身が目覚ましをかけてて、



ちゃんと遅刻することなく、仕事に行けたこと。



だから、良かったけど、



もし、彼女自身が目覚ましをしてなかったとしたら・・・・・・






ほんとにやってはう行けないことをしてしまったって感じ↓↓↓





ごめんなさい・・・・・・・



自分から、言っておいて、これはないよね。。。。



反省です。。。。。。。

好きなヒト・・・ 

December 06 [Thu], 2007, 12:39
    みんなにゎ好きなヒトゎいますか?


 ゎたしにゎ好きなヒトがいます☆
 ゎたしゎなぜだかみんなが「エーッありえない」っていうヒトのことを
 好きになります・・・××

 そういう経験ゎみなさんゎありますか・・・?

 恋にまつわる話について出来ればコメントしてください・・・!!
 

☆ネタバレ注意☆私たちの幸せな時間 

December 04 [Tue], 2007, 4:53
韓流ブームと騒がれた時に比べると、韓国映画が日本で上映される回数が
減ってきた。
こと、僕が住む地方都市なんかは、滅多な事では上映されない。



10月にして今年始めて見た韓国映画が
この映画。



宣伝文句は3度泣ける・・・



死刑因と自殺願望のある元歌手の切ないラブストーリー。



椎名桔平似の死刑因は幼い頃両親に捨てられ、弟と路上生活を
していたが、やがて弟は幼くして逝ってしまう。
やがて、やくざの世界に身を置いた椎名桔平は
美容室で働く女性と恋に落ち、やくざの世界から足を洗うが、
彼女の病気を治す為の費用を稼ぐ為に、やくざの世界に舞い戻る。
そこで、強盗殺人を犯し死刑を宣告される。



一方、中谷美紀似の元歌手の自殺志願者は15歳の時に
叔父から性的暴行を受け、それを母親に告げると
母親は彼女を激怒!
それ以来母を恨み、自分を呪った・・・



3回目の自殺が未遂に終わり、病院に収容されるがシスターと週一での
死刑因との面会を条件に退院。



そこで、椎名桔平ちお中谷美紀は恋に落ちてゆく・・・



この映画のキーワードは
「赦す」



特に娘を殺害された母親が椎名桔平と面会し、
あなたを赦しますってシーンは、僕的にはこの映画を
象徴するシーンであり、母親役のおばさんの演技は
鬼気迫るもので胸にぐっとくるものがあった。



これ以上のネタバレは自粛・・・




涙もろい僕ではあるが、全く涙腺が緩む事はなかった。



デッドマンウォーキングと重なっていたせいかな・・・
やっぱあのショーンペンには椎名桔平は勝てないかな。



それと、BGMで流れる音楽がどうもピンと来なかった。



実際韓国ではこの10数年死刑は行われておらず、実質的には
死刑廃止国となっているそうだ。



その事を踏まえても、この映画はデッドマンウォーキングの
リメイクにしか思えなかった・・・



そこが物足りなさを感じたところだろうか。



でも、いい映画です。



で今回は
☆☆☆





厳しいかな・・・
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rdurma104
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像真那斗
» お化け〜 (2008年10月19日)
アイコン画像ヨシオ
» お化け〜 (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» お化け〜 (2008年10月14日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» お化け〜 (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» お化け〜 (2008年10月06日)
アイコン画像はにまる
» お化け〜 (2008年10月05日)
アイコン画像RAOSU
» お化け〜 (2008年10月02日)
アイコン画像チャーリー
» お化け〜 (2008年10月01日)
アイコン画像ハム太郎
» お化け〜 (2008年09月22日)
アイコン画像MASA
» お化け〜 (2008年09月18日)
Yapme!一覧
読者になる