高齢者用集合住宅

August 14 [Tue], 2012, 21:54
岡山市が昨年、現在行っている行政サービス2100事業全ての見直しをすることに取り掛かったと報じられました。岡山市は現在7千億円の借金を抱えています。
見直しの内容としては、初年度3割の事業に対して廃止や民営化に移行するように見直して実行するという案が出ていますが、行政改革推進課と各担当課が互いの主張を譲らずに攻防していると報じられています。

3割の事業というのが、具体的に挙げると高額な土地区画整理事業、利用者が少ない公共施設、農業集落排水事業、高齢者用集合住宅の建設などについて将来が懸念される事業についてブレーキをかけられているという現状のようです。

攻防の結果は2100事業中89事業の廃止、2事業の民営化を実行し、5億9,000万円の削減にしかならなかったようです。

攻防中の発言で最も印象に残ってたのは、土地区画整理事業の話題で市議会での話し合いの中、利害関係のある自治会長に「市の大きな借金はどうしますか?」という質問に対して「借金のことは知らん。区画整理事業で7,000億円の借金をしたわけじゃない!!」と言われたそうです。なんか、考えてるのか考えてないのかよく分からない答えになってますよね。

また、一般市民の参加で事業見直しを考えようという「市民評価者」制度では、わずか30人程度の市民の意見を反映させて見直しをするのはどうなんだろう?という言葉も出てきていたそうです。もっと一事業の見直しにはたくさんの市民の意見を聞いて反映させたほうがよいのではないでしょうか?という考えになりますよね。



私の介護体験談
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高齢者
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rdtyg56y/index1_0.rdf