東京文化発信プロジェクト、日比

January 11 [Wed], 2012, 15:46
東京文化発信プロジェクト、日比野克彦、そのアーティストが東京の人の加藤氏の適切な種類を紹介するという、相談役、歴史文化財団、東京世界の文化と創造都市は彼らのビジネスを拡大するために異なる実装に出演、東京文化創造プロジェクトの歴史と文化のため、財団法人東京都は13で動作している、あなたが東京の文化を楽しむことができるクリエイティブウィーク東京ではそれが開催されたことを発表しました。 10月20日〜30日、伝統的な文化活動、そしてドラマフェスティバル/トーキョー11、15大都市圏のための仕事の23芸術と文化のプログラムをこなすために、例えば、WA東京の伝統的な茶道の興奮。との競争からの芸術と文化の創造と世界の主要都市、子どもの発達を通じて、芸術と文化、そしてプロジェクトの地域における芸術活動とフェスティバルのさまざまなを含む地元の文化センター、劇場、音楽、伝統、様々なを設立しようとする、公共の路上で一緒に芸術や芸術家は、ストリートアートとのリンク人材育成は、08実践的なプロジェクトや子どもたちのプログラムに拡張されています。今年のテーマは未来の未来のための東京、日本〜〜SKETCHが文化を行うことができます。です。スケッチと東京の未来、日本、日比野克彦アーティストのスケッチブック東京に加入した日June、およびワークショップのディレクターの周りの都市部での観光プランを描くために創造的な試みは、図面は10月28日と29日にここでドローに開催されます同じ週に開催された、東京会議の次の描画は議論に反映されます。この日の会合で、東京のスケッチブックに参加する日比野社長宇宙ロケットの画像を入力できる男のスケッチを、私は一度考えるすべてはそこからですが、100年後、移動し、これはチャンス(東京スケッチブックです。 )私が行くようになった短いため、および将来のスケッチへの参加を期待している、熱意は言ったと。この期間中、報道陣を含む約15人が、、そして最先端の施設のディレクターを招き、そしてそのような国際的な招待状(招待状)計画としての経験が、またプログラムを実施してみましょう。 (デジタル)28分10点7月14日http://www.bh-project.jp/index.html2011東京文化発信プロジェクト
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rdrgse/index1_0.rdf