便所マークであやなっち

June 10 [Fri], 2016, 11:22
わたしの母は重度のアトピー患者です。

遺伝していたようで、私もアトピーを発症してしまいました。
皮膚がボロボロになって、日々の保湿ケアが欠かせません。
お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も厳しいのです。
母を憎んでも仕方ないですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、絶望的な気持ちになります。

乳酸菌といえば連想されるのはカルピスです。



小さかったころから、毎日味わっていました。

その理由は乳酸菌が入っているからです。私に毎朝、お母さんが出してくれました。

そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。カルピスを飲んでいたのが理由で丈夫な体になりました。私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、何てったってビオフェルミンです。



昔から存在していたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、変わることなく私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、ビオフェルミンとなります。


乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのは誰でも理解できます。
でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではというふうに思っている人もいます。
しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、身体の健康づくりになってくれるのです。息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳を迎えた頃です。

膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。
ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では一緒ですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢などという菌に強い成分も作る力があるらしいです。
だから、ノロウィルス対策に効果的と言われているのでしょう。
このごろは、いろんな感染症についての話を聞くので、意識して摂取するといいのかもしれません。
実は、最近の研究でインフルエンザを予防していくには乳酸菌が高い効果を誇るということがはっきりとわかってきました。インフルエンザに関してはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。
ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力がアップして、インフルエンザ予防になったり、症状を和らげる効果が高くなると言われています。

この間、インフルエンザに罹患してしまってクリニックに受診しに行ってきました。
どれくらい潜伏期間があるのか判然としませんが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいてうつったのだろうと考えています。



3日間発熱し続け辛い3日間でした。高熱が出続けるインフルエンザは、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結斗
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rdnoveeepwoh0n/index1_0.rdf