舞Pだけど小村

January 20 [Fri], 2017, 16:02
実際の看護師のシゴトは治療に関することばかりでなく身の回りのお世話といったこともしています。病院で、看護師のように慌ただしい職員はありえないと思います。

だから、忙しい看護師さんのシゴトの中味に合った待遇にしてあげて欲しいですね。交通事故により救急搬送された際に、医師が見つけられなかった鎖骨の骨折に気が付いて処置してくださったのは若い看護師の方でした。後で知ったのですが、かなりお若いのになんと看護師長さんだったのです。


やはり、能力の評価が正しく行なわれた結果だと思います。

看護師としてはたらく時、比較的楽だと思われているのが、外来による勤務です。



人の命に影響するということでの責任はちがいはありませんが、日勤だけで夜勤がない、割合に休暇がとりやすいなどといった理由で外来勤務希望の人も増えています。


その業界それぞれに、従事者のみに通じる言葉があるものですね。


そのわけは、業務を滞りなく進めるためでいろんなその業界にしか通じない言葉が出てきています。医療の現場ではたらく方でも同じように業界用語が使用されています。例を挙げると、心マは心臓のマッサージをさし、胸部の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、いっぱいある業界用語を使用しているのです。
看護師が希望の病院、医療機関に転職する際に、重要なのが面談になるでしょう。面接の時に、看護師が尋ねられることが多いのは昔の病院でのシゴト内容、離職理由、この病院で働いたら、したいことは何か、それから、自身の看護の価値観などです。言葉に詰まることなく、しっかり説明するためにも、きちんと考えておきましょう。医療機関で看護師は働いていますが、医療行為だけしていればいいというわけではありません。看護師は病気やケガが原因で動くことができない患者さんの手助けもしなければならないので、医療機関の中で他のシゴトよりも忙しく作業しているのです。



大変な職業の割には、薄給で、ストレスで体調不良になることもあると聞いています。
私のしり合いの看護師が退職するかつづけようかで迷っていると相談を持ちかけてきました。

彼女はちょっと前に結婚したのですが変則勤務で週末休みの夫と休日が合わないので、ナカナカいっしょにいられない生活が多い沿うです。
当然、出産して、子育てしたいと思っていますし、しかし、シゴトをやめたくないしと答えを出せないでいました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kanata
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる