ヤプログやめます 

2006年04月16日(日) 17時02分
残念ですが、エラーが多すぎて使いづらいので
ヤプログをやめることにしました

社会復帰 

2006年04月08日(土) 14時47分
先月末から、久々にオフィスワークを始めた
web上で悪名高い、あの派遣会社からの紹介で
校正の仕事
はっきりいってツマラナイ
幸い長期のつもりが短期になりホッとしている
私のいる部署は、女ばかりで会話はゼロ
ただもくもくと作業するのみ


何の楽しみも見出せないので
残りの一ヶ月ちょっとのあいだで
少しでも痩せてやろうと計画中
小さな弁当持参
8FのOfficeまでは階段を使用
昼食後はまた階段の上り下り
禁煙と運動不足で太ったこの身体
少しは効果が現れるのだろうか

海○カレー 

2006年03月13日(月) 1時18分
お散歩の途中で、笹塚駅近く(甲州街道沿い)にある『海○カレー』に入った。
券売機で食券を買い、黒で統一された店内へ。
私は、海○カレーにコロッケをトッピング。
ダーは、海○カレーの大盛。
メニューの写真は、カレーがかなり真っ黒だったが
運ばれてきたものはさほど黒くはなかった。

一口食べて、シマッタ!と思った。マズイ
スプーンが進まない。油っこい・・・
ゴハンはベチョベチョだし。
あげくのはてに、髪の毛が
もちろん2度と行かない。
あんな不味いカレーで、空腹を満たしてしまったことが悔しい。
夜には、胸焼けと胃痛に悩まされる。
ネットで検索をかけると、私と同様に悲しい思いをした方がたくさんいた。
あ〜ぁ、確認してから行けばよかった

ふぁんくらぶ祭 

2006年03月06日(月) 23時28分
昨日は朝から清志郎様のふぁんくらぶイベントに行ってきた
会場(ESP music academy)は狭いし、展示物もなんだか期待ハズレでショボかった
学生さんたちのお勉強の為、実験台に使われた感あり
フィルコンの開始時間のたびに屋外で並ばされ、
出口は裏口なので外に出て建物の周りをグルッと歩かされる
フィルコンのホール入り口に物販があるのだけど、
入り口からは出させてもらえないため、
一日中、建物の周りをリスのようにグルグルグルグル・・・
ファンの年齢層高いから、まだおとなしいけど
これが、若いアーティストの若いファンだったら暴動だね
学生さんたちは、あれで単位もらえたりするのかな?
私からの採点は、35点ですっ
ま、友人と久々会えたし楽しい一日でしたが、
とにかく疲れました〜〜



おごられ下手・もらい下手 

2006年02月22日(水) 1時45分
どうも人からオゴってもらったり、物を貰うのが苦手だ。
女に生まれたからには、オゴられ上手・貰い上手になった方が
オイシイはずなのだ。
けれど、どうも気を使う質なのでいけない。
ゴハンも酒も自分のカネでじゃないと、なんだかウマくない。気がする。

友人に、プレゼント好きがいてしばしばモノをくれる。
誕生日には知り合ってからは毎年いただく。
であるから、こちらもあげないわけにはいかない。
ある年、この風習を断ち切ろうと、
彼女の誕生日に、プレゼントをしないでおいて、
私の誕生日の近辺に、なるべく会わないようにしていた。
ウマくやり過ごしたかと思っていたら、
何ヶ月も過ぎてから、やはりプレゼントはやってきた。
はぁ・・・。終わらない。
出来れば誕生日のプレゼント交換は、
昔から互いの誕生日に食事をする親友だけにとどめておきたい。
できることならば、誰か私に強い精神力と仕事をくれないだろうか。
これなら、ありがたく頂戴するんだけどなぁ〜。

「私一人」と「ありふれた生活4」 

2006年02月08日(水) 1時07分
義父の七回忌で新幹線で奈良へ行ってきた。
車中読む本が欲しくて、
本屋で平積みの大竹しのぶ著「私ひとり」を買った。
ネタバレするので内容は書かないが、
泣けた・・・
言える事は、親にきちんと愛されて育った人間は
外の世界へ出ても、ちゃんと愛される術を知っているのだな、という事。
そして、子供はスゴイな、って事。

そんなわけで、往路は鼻をかみながらの読書で
(隣のオヤジに気づかれないかと)恥ずかしい思いをしたので、
復路は絶対笑える、三谷幸喜著「ありふれた生活4」を購入。
席も2人掛けにしてもらい、準備万端。
かまぼこをかじりながら、ワイン片手に読み始めた。
「新撰組!」撮了後の打ち上げのくだりで、
またしても感涙
結局、新幹線の中は往復泣きっぱなしだよ
ばかか、オマエは・・・

旧友 

2006年02月06日(月) 0時45分
古い友人に会う。
彼は精神を病んでしまった。
原因はDRUG・・・
今は止めたらしいが、止めたからといって
昔の彼に戻ることは、もうないだろう。
そういうところまで来てしまったということだ。

彼には数年前に、痛い目にあわされた。
そのトラウマからか、つい警戒心が働いてしまう。
彼の話すことすべてが、おかしなことに聞こえてくる。
実際、彼はおかしなことをたくさん話していた。
彼がこれ以上おかしなことを言い出すのを聞きたくなくて、
どうでもいい、当たり障りのない話でお茶を濁したように思う。
自己嫌悪。

昔の彼と今の彼。
どこまで本当の彼を知っていたのか・・
本当は、ちっとも変わっていないのに
こちらが勝手なイメージをつくりあげてしまったのでは?

それでも、確かなことは
昔の彼は、人に迷惑をかけられても
決して迷惑をかけるようなにとではなかった、ということ。

かくいう私も昔の私ではない。
「私がなんとかする!」などという正義感は、
今は持ち合わせていない。
ただただ、大切なものを失うのが怖くて
ビクビクしているだけの小さな生き物になってしまった。
いつかまた、ポジティブに生きられるようになるのだろうか・・・

プー太郎 

2006年01月31日(火) 23時59分
今日で会社を辞めた
やったぁ〜〜
ストレスの原因でもある、アノ場所から逃れられただけでも
心に平和が戻るのではと期待する。
もう、一日中自慢話か愚痴かひとりごとを聞かされなくて済むのだ。

とはいえ、早く仕事を探さなくては・・・という焦りも
ちょうど、世の中がデジタルに移行していった時期に
私は撮影の仕事から、編集に移ってしまったために、
これから、カメラマンに戻るとしても設備投資に
100万近いお金が必要になるだろうし、
営業もしなくてはならない。
いっそ、まるっきり違う仕事をしてみるか・・・
などと悠長なことを言ってられる年齢では、
もうないのであ〜る。
とほほ・・・

Soul of どんと 2006 

2006年01月27日(金) 23時55分
行ってきました。
出演者は・・・

忌野清志郎
竹中直人
宮沢和史
ハナレグミ
UA
Leyona
YUKI
YO-KING
町田康
古謝美佐子
岸田繁
東京スカパラダイスオーケストラ
・・・他

前回も参加したけれど、
あらためてボ・ガンボス(ローザ・・・)って結構カッコイイ!と気づく。
それはダーも同じ意見だったらしい。
このイベント以外では、今までまったく聴いたことがなかったけど、
今でも充分通用する良いバンドだったんだなぁ〜。
早速TUTAYAにてBEST版をレンタル。
彼らもまた、RCと同じく「ライブがイイ」バンドなのだと感じた。
イベントでは、彼のご子息がマラカスを振っていた。
あ〜、VTRの中の彼は赤ん坊なのに・・・
こんなに大きくなったのね〜〜。
まわるーま〜わるよ、時代はまわる〜〜〜

モチロン、BOSS(清志郎さん)は最高でしたとも

よい年を・・・ 

2005年12月31日(土) 23時51分
今年もあと数分・・・
よしお年を
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rcxx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる