様々なデザインの学習机

January 08 [Tue], 2013, 11:04
部屋の雰囲気に溶け込むような、様々なデザインの学習机があります。親子のコミュニケーションを大切にしたい人は、ぜひ選択肢の一つに入れてみてください。子供部屋に置く場合でも、小学校から高校まで使用する学習机ですからデザインも重要なポイントになってくるはずです。子供にしてみれば、小さいころは「かわいいタイプ」「かっこいいタイプ」の学習机がいいようです。

しかし子供が成長するにしたがい、デザインに対する価値観も当然のように変化していきます。オカムラから発売されている学習机に「ピエルナコンパクト」というシリーズがあります。ピエルナコンパクトの特徴として、天板の高さが自由に変更できることと天板の奥行きの寸法が変更できることが挙げられます。最近の学習机では、ほとんどの製品が子供の成長に合わせて天板の高さを変更できます。ピエルナコンパクトでもその例外ではなく、天板の高さを自由に変更することができます。ボナシェルタでは使う人の状況に合わせて引き出しやワゴンなどを追加購入して、1つの学習机を作り上げていく、という考えに基づいています。

小学校入学時はベースとなるデスクとチェアー、デスク上に配置する小さなブックスタンドのみを購入するのです。中学校に入学し、本の収納場所が多く必要になれば本棚を追加購入すればよいのです。デスクの天板上のスペースをもっと広くしたいのであれば、デスク上のブックスタンドを本棚の上に移動することも可能です。学習机のメーカーによっては、JIS規格に基づいて学習机のサイズを設定しています。学習机選びの参考にしてみてはどうでしょうか。勉強を行う際の理想の姿勢は、かかとが地面についている姿勢、と言われています。このような姿勢を保てないと集中力が保てず、勉強の効率が落ちくる可能性があります。また、姿勢が悪いと視力の低下につながる恐れもあります。デスクの高さは一定で、チェアーの高さを調節して子供の身長に合わせる、という学習机もあります。

フェリーチェ

January 08 [Tue], 2013, 11:03
フェリーチェでは、デスクの天板の高さを4段階で調節することが可能となっています。身長が105センチ前後から160センチを超えるまで、幅広い年代まで対応できるようになっています。フェリーチェでは、チェアーがデスクとセットになっていますが、チェアーも5段階の高さ調節ができるようになっています。

フェリーチェの大きな特徴として、天板の奥にある背板がホワイトボードになっていることが挙げられます。マルニの学習机はワゴンとデスクを同じ高さにすれば、ワゴンはサイドデスクとなるため、さらに広いスペースを確保することができます。ワゴンの一番上の引き出しには簡単に着脱できる木製トレイが付いています。ペントレイとなっているため、通常良く使うペンを置いておきます。勉強する時は、このトレイごとデスク上に持ってくることができます。ワゴンの後ろは収納スペースとなっています。

ワゴンに入らない大きさのスケッチブックなどを収納すればいいでしょう。学習机のライトには一般的に「電球色ライト」と「昼白色ライト」があります。学習机には「電球色ライト」が適しているようです。電球色であればリラックスすることができ、集中力が高まると言われているからです。学習机のライトの中には「電球色ライト」と「昼白色ライト」を切り替える機能が付いたものまであります。沢山の種類がありますので、ライトもデスクと同様に、よく考えて購入したいものです。

コイズミからは「ステップアップシリーズ」という名前で販売されています。通常はデスクと書棚が一体化したスタイルとなっていますが、天板を広く使用したいのであれば天板上の書棚を取り外すことができます。取り外した書棚は本棚として独立して使用することができるのです。コイズミの学習机には照明にも特徴があります。学習机を使用する時間帯や用途に合わせて昼白色と電球色を使い分けることができるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はるとo2sw
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
うさぎスタイル
カーリーのありふれた日々
さとみmemory
あがり症
リンパマッサージ 肩こり
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rcwi6jg9/index1_0.rdf