果物を生食するとたくさんの酵素が摂れます。

May 25 [Wed], 2016, 21:05
果物を生食すると、たくさんの酵素が摂れます。AM中は体の排出効果が高まっていて、老廃物やしつこく溜まった不要物を体の外へ排出するのに効果的な時間です。

フルーツにふくまれる自然なミネラル食物酵素を利用したダイエットを考えているのなら、朝食のかわりにするのがオススメです。

ジャムやフルーツソースなどの加熱済みの加工食品には酵素効果はありませんので、果物は加熱してはいけません。また、空腹時に食べることがコツです。甘さに飽きたら、アボカド+醤油(あるいは、レモン)もオススメです。果物はビタミン、ミネラルなどの栄養も豊富ですから、美肌(よく赤ちゃんのような肌と表現されます)効果も期待できますし、ダイエット中の健康をサポートしてくれるでしょう。いまどきの酵素ドリンクは配合も味も種類が豊富で、自分好みの味を選べるのが嬉しいですね。


優光泉という代謝酵素は、もともと砂糖や香料など無添加で飲みやすかったのですが、新発売の梅味が普通に「美味しい」と評判です。
冷やしたお水で割るのも良いですが、炭酸で梅ソーダ風にすると格別です。
ベジライフ酵素液のような、黒糖っぽい味の発酵した食品やドリンクもあります。酵母のほか乳酸菌も使っているので、少し酸味がありますが、酵素ドリンクとしては薄味系です。

これはこれで、薄めずに飲むのがお奨めですが、置換ダイエットで豆乳に入れるのも合います。

商品名から野菜っぽさを感じますが、それほど野菜の味を感じないので、野菜系飲料が苦手という人でも大丈夫でしょう。
フルーティなところでは、ベルタ酵素もお奨めです。
濃厚感があるのに飲みやすいのは、やはり味のおかげでしょう。


美肌(よく赤ちゃんのような肌と表現されます)に良いプラセンタやザクロを含みつつ、甘酸っぱいピーチ(黄桃)味。
炭酸割りがお奨めです。



ベジーデル消化酵素ドリンク液は老舗の酒蔵が昔からうけ継がれた伝統の製法で作っています。材料は切らずに丸ごとですし、一切水を使用せずに熟成指せます。



また、発酵食品の培養に沖縄産の黒糖を使用してるのもベジーデル酵素液のこだわった部分です。それは沖縄産の黒糖にミネラルやビタミンもふくまれているので、たいへん体にいいです。短期間にどうしてもやせたい、と期限を決めて酵素で痩せるをしたいと考えたなら、その進め方は、まず、ダイエット期間を一週間ほどに決めて計画を立て、その間に徹底して集中的にやり遂げます。

ダラダラと時間をかけるのは、お奨めしません。内容としては、一食置き換えダイエットなのですが、可能なら二食を置き換えるようにしてみると、一日の摂取総カロリーは激減し、加えて代謝が弱っている結果としての、便秘や向くみの症状も緩和するので、確実に体重は落ちていきます。ですが、短期間での急なダイエットということで、リバウンド(医学用語では、薬の使用を止めたことによる病状の再発・悪化などを指すでしょう)の発生に気を付けておくべきです。味も配合もさまざまな酵素ドリンク。健康増進のほかにも多様な効果があるので、じっくり自分に合ったものを選んだほうが良いでしょう。
時間が不規則で食生活が整わないのを自覚しているのなら、酵素の多い、いわゆる「濃い系」の消化食物酵素ドリンクがお奨めです。

代謝酵素の種類も多いほうが良いでしょう。



代謝アップでダイエット効果を狙う人なら、脂肪燃焼や排出などに効果的なタイプを選んだほうが、効果が得やすいでしょう。気になるお値段ですが、全体的に高めの印象をうけるでしょう。しかし、価格が高いほど効果が高いとは限りません。原料調達コストなどが製造元によって違うからです。配合成分や風味の良さ、使い勝手の便利さなども考慮して、見合った価格のものを選ぶといいでしょう。


それにしても、味やフレーバーが好みでなければつづかないので、効果も大切ですが、「おいしさ」は、けして無視できない要素です。

酵素飲料を飲用すると、代謝能力が改善する効果が期待できます。



代謝が良くなる結果として痩せやすい体質が得られるので、ダイエットにも効果的でしょう。


それに、肌の状態が良くなったり、便通が改善されるという評価もあります。



飲みやすい風味のミネラル酵素ドリンクドリンクもあるので、試飲してみるのもいいかも知れません。短期間で、酵素を体内に取り入れ、ダイエットをする時には、コーヒーの摂取はなるべくお控え下さい。
カフェインのある飲料というのは、普段でも飲み過ぎは良くないのに、プチ断食中の胃にはさらに良くないものですから、酵素ドリンクの栄養分が体内で吸収されるのが、少なからず阻害されてしまうおそれもあります。

結果的に、消化酵素で痩せるが失敗しやすくなってしまいますから、コーヒーを飲むのが我慢できない時にはカフェインレスのものを選んで飲むのがお奨めです。



消化酵素ドリンクと白湯ダイエット。地味めな組み合わせですが、とてもカンタンに、ダイエット効率を上げることができます。
お水を沸かして冷ますのが“湯冷まし”で、温かさをのこしているのが白湯(さゆ)です。飲むと代謝が促進され、穏やかな刺激を胃腸に与えて、活動を促します。
消化酵素ドリンク愛飲者なら、用心して人工甘味料や食品添加物などの不要成分を避けていますが、適度な運動以外のダイエット方法を併用することには充分な検証が必要です。
白湯は原料が“水”ですし、カロリーも添加物もなく、ミネラル消化酵素の役割を妨げずに、むしろ手助けして、さらなる代謝アップが見込めるでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:澪
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rctlmeapopyrsb/index1_0.rdf