再就職活動(栃木県の高齢者の仕事)

April 27 [Mon], 2015, 17:43
芸人としては100点。





オードリー春日 失格で日本代表なれず…まさかの“オチ”で歓喜から一転


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150316-00000000-dal-ent





お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰(36)が15日、東京・町田で開催された「第4回フィンスイミングジャパンオープンマスターズ大会」に出場した。世界大会の日本代表選考会も兼ねており、レースで好タイムを残した春日は代表入りとみられたが、スタートでの違反を指摘されて失格に。





すぐに受け入れてネガティブな姿や言葉で苛立ちを発しないこともすごい賞賛に値することだと思う



これからも頑張って下さい!




さて、




栃木県の高齢者の仕事といえばなんですか?


「藤岡町」、「那須烏山市」や・「野木町」でしたら、まずは近くを探して確認してみてください。


また、オーケーウェブなどでも具体的な相談があります。


心理学的にも考えすぎでもこれだ!という答えは思いつくとは限りません。栃木県でしたら、「湯西川温泉」や「元山大師」また「足利花火大会」などでストレス解消もグッドなのかもしれませんよ。 それでは、本題にいきますね。 色々なパターンがあるのです。よってたくさん情報を調べましょう。












それでは、栃木県の「再就職活動」です。












仕事を得るためには就職活動が必要です。


定年後の高齢者の再就職活動は、通常の新卒の若者が行っている就職活動と基本的に同じと言えます。




自分のやりたい就職先を求人情報から探して、電話やメールで応募して面接を受けます。


現在では、インターネットの就職サイトから応募もできます。




応募してから採用までには時間がかかる時がが実例としてあります。だから、定年後すぐに、仕事に就きたい場合には前もって再就職活動を行って内定をもらっておくといいでしょう。


また、高齢者の再就職においては年齢条件がある企業があります。




この年齢条件を満たしていない場合でも、資格や技術などのスキルがあれば面接してくれる企業もあるそうだから諦めずに人事の人に相談してみるといいと思います。


(^_^)v

高齢者の再就職で注意しなければいけないのは、謙虚な振る舞いを心がける事です。


企業側の人事担当の人には自分よりずっと年齢の若い人がいると思いますが、面接を受ける時点で自分が新人であるとしっかり自覚しなければいけません。




だからといって、受け身で面接を受けるのではないのです。自分のアピールポイントはしっかり述べるようにしましょう。


 

再就職に限った事ではありませんが、就職活動には履歴書などの書類を提出する必要があります。


転職した事のない人にとっては、履歴書を見たり書いたりするのはかなり久しぶりなのではないでしょうか。




履歴書には決まった書き方というものはありませんが、書式上のルールは最低限守る事が大切です。


履歴書は採用の際の重要書類にもなりますのです。だから書き方一つでその人の印象が変わってしまう事があります。




履歴書の正しい書き方や内容はインターネットで調べる事ができます。


また、就職サイトに登録すると履歴書作成や面接のポイントなど、就職活動における有利な情報を知る事ができます。




就職活動の基本を忘れてしまったという高齢者にはお勧めです。


 
































ほか、関連サイト  





7月生まれの有名人の誕生日・ぶっとび