浜谷の鳥居

July 24 [Sun], 2016, 17:04
看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。しかしながら、近年では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら残念だと思いますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。今どきの交代制勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので看護師経験が浅い間はシフト勤務は避けて通れないと思います。妻が看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって困った事を覚えています。普通、注射や採血は看護師が行うものです。好んで注射や採血をしてもらうような人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射の必要があるのならば、上手な看護師に処置して欲しいと思うのも当然でしょう。でも、注射針を刺すのは看護師の腕次第ですから、上手な人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。免許が必要な専門職である看護師は医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなども豊富にあるようですので、活用しつつ、条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、その他報告しておくべきいくつかの事項を口頭で直接、次の人に伝えることになっています。患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話す努力が必要です。申し送りは、素早くスムーズに行うことも重要な点になるでしょう。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、医療機関以外に看護師として働ける職場に実は、保育園があります。職場が保育園となると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方はぴったりの職場でしょう。病院とは違って、保育園での看護師の仕事は子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという必要不可欠な仕事なのです。一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは不規則な休みでしょう。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどのケースが多いようです。または、労働環境が過酷で休みが取れないということも珍しくありません。こうした状態を変えたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子供がいる看護師にしてみれば大変な懸念事項となっています。子供の就学前であれば24時間保育を行っている保育所の利用や院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。そういう理由でパートとして働くことにシフトするという看護師も多数存在するようです。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。日常的にそんな環境に接しているとあまり良い気分もしないでしょうが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということをわかっておけば、冷静でいられるでしょう。看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という点では確実に、看護師の方が上回るといいます。それから、看護師という仕事は医療機関を中心に需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような得難い長所もあるわけです。さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。給料についてですが、看護師の場合は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の医療機関の場合は、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、納得のいく額が支払われることになるでしょう。一方、個人経営の病院になると、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。公務員看護師になるには、国公立の医療機関で働くことです。そもそも、看護師は知識や経験を積みながら長く働ける業種で希望者が多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけばもっと安定性が高まりますよね。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは何よりも魅力的だと思います。学校を卒業したばかりの新人ですとか、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、通常支払われるはずの残業代について払ってもらえないことがあるようです。ただ働きで残業をさせるのは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労基法違反であり、犯罪です。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、働いたらその分はちゃんと、対価をもらう権利があります。看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。看護師の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。とはいっても、メインで勤務している職場がWワークを禁じていることがあったり、その前に本業での看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。今、私は病院事務の仕事をしています。日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですが常にみなさん忙しく働かれています。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。しかし、案外、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、お子さん同伴での看護師さんの参加が相当いるんですよ。先生方も歓迎ムードで、温かい雰囲気でした。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、回復した患者さんが退院していき、その上、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。また、特に患者さんのご家族から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、最高にやりがいを実感できます。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、多分看護師はもう辞めたい、などと考えるだろうと思います。看護師が活躍できる場所は、確かに病院が多いですが、他にもあります。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても看護師は必要とされています。こういったグループホームに入所している方は、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、そのことを心に留めて介護することが重要です。特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームに就職するという選択肢も前向きに考えていいのではないでしょうか。看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、神経を張りつめていることが多く、これが続くとどうしても常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、心にも大きな負担がかかるということになります。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知り、実行しているかということも、看護師というハードな仕事を続けていくためには大事な点になるでしょう。免許が必要な専門職である看護師は、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。引っ越し、結婚、出産という類の諸事情による転職も多いですが、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。看護師という仕事に就いている方の中では、勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響して違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外にその他の仕事でも有利な方向に働くことが多いでしょう。考えられるのは人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。入院施設のある病院に勤める看護師は、夜勤で働く必要のある仕事です。夜勤の時間帯については、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、3交代勤務での夜勤となると、休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。就職しようとしている病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、前もって知っておいた方が良いでしょう。少し前までは、看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、ここ数年の間に男性看護師の割合も増加しています。看護の際、患者を移動させたりお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。給料の点からみると女性と変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。看護師さんとお医者さん。二つの間には大きな違いがあります。はっきりした違いは、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり適切な薬を出すことが主な業務とされます。その一方、看護師さんの行うことはといえば、医師の指導に則って、診療の補助をして、患者の看護を行います。病院で病棟勤務に就いている看護師なら2交代制や、あるいは3交代制の形でみんなが夜勤を務めます。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、そうやって人がいなくなった夜中に容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、注意するに越したことはありません。それからまた、薬の取り扱いについても病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。労働環境は、決して整っているとは言えず、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死に至った看護師もいました。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、看護師需要は高まるばかりで、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、近年においては一段と治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。ということはつまり、医療機関で働く看護師に関してもどれだけいても足りないという程、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、求人募集がとても多いということでもあり、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の良い面もあるのです。ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも看護師が行います。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、時間が経つのを忘れてしまうほどゴタゴタする夜を過ごすこともあります。看護師という仕事をしているのは女性が大部分を占めているため、結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。さらに、勤務する時間が不規則だったり、キツい仕事だということも原因となり、離婚率についても高くなっているようです。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚へつながる一因とも考えられます。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、勤めている科が違えば、看護師の仕事や処置もまた違います。ローテーション研修は、看護師にとってひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。また、視野を広げて、多くの事を学べる機会です。今後の進路を考える事もできますから、やる気も高まります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キアイ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rcesdtrawepkin/index1_0.rdf