東原と門馬

January 25 [Thu], 2018, 1:58
私の生まれた実家の話ですが周囲の人は大部分が農業に励んでいて野菜類は無料で手に入るので、スーパーなどに出向いて買う必要のないので、ですので金銭を消費して買うという気持ちが、何か大きな変化でもなければ私では理解できないと思います。

小学生の折からの友達なんかはおしゃべりが途切れても気まずい雰囲気にならないのはもう家族同然のようなものだからなのだと感じています。仕事仲間と無言状態が継続するとちょっと気まずい雰囲気になりますもんね!私の家の周りではなぜか近頃、大型スーパーが増加してきて車での買い物がしやすくなって相当助かっています。
やはり大規模なスーパーマーケットなんかでは買い物が1つの場所で出来るのは助かります。冷蔵庫の中をチェックしたらちょっと前に購入した惣菜やミルクの賞味期限が超過していて涙を飲んで廃棄する羽目になりました。

こういうのってなぜだか強烈に悲しい気持ちに襲われるのは何故でしょうか?友人と様々な会話を楽しんでいると意外な勘違いから自分と友人が異なる事をズレたまま理解してしまう事があります。

そうなっては良くないですし念入りに要件の整理してから最後の確認をしましょうね。前に貰ったそうめんをまだ食べきっていなかったので昼ごはんの時に食べたらダメな出来で美味しいとは言えませんでした。
やはり丁寧に調理手段に目を通さないとどんなに楽な方法の料理でも駄目ですね!たまには良いかなと思って外に出かけてステーキ屋などで食事をすると幸福な気持ちになって気分が妙に明るくなり過ぎてしまい、大切な事を失念する場合があると思います。一例としてスマホをお店の机に置き忘れて帰った経験がある人も多いのではないでしょうか?つい1日前の事ですけど結構久しぶりに兄に会ってきました。


1か月前に生まれたばかりの愛くるしい赤ちゃんの顔を見るためでした。



いつみても超キュートですね!歩いて行ける場所にあるオシャレなレストランが平日限定ですがパンとサラダのバイキングを激安価格で行っているのでたまに食べますがここまで安価だとどのような手立てで利益をキープしているのか不思議に感じてしまいます。
最近の私の心配事といえば老後の事もそうですが、やっぱり日本という国の将来について考えてしまいます。

一国民の私が考えてもなにも好転しないですが、将来の我が国を思い描いてみると何故か怖いですね。

私の暮らしていた実家では家庭菜園を頑張っていてナスやキュウリやトマトなどの農薬フリーの野菜が収穫可能なので、実家に帰る度に美味しい野菜類をもらえるのでお金が節約できますし子供もはしゃいでいます!大した話題じゃないんですけどこの前、家でごろごろと漫画を読んでいると窓の外側から物音が聞こえたんです!おっかなびっくり見てみたら1羽の真っ黒なカラスがいました。少々は安心しましたがカラスが怖くない、なんて事は言えません。

現在まで現像を実行していなかった写真や動画の類の整理を久方ぶりに行ったら大よそ10年前のものを発見して整理を行う事を亡失して見続けてしまいました。
これって学生時代の勉強と同じだと思います(*_*;人類の幸せの水準はどんな部分に可能なのでしょうか?金銭や趣味が充実している事でしょうか、ここは1人1人の価値感で違ってくるものだとは言えるでしょうけどね。
まあはっきりした事は言えませんね。御飯を食べている時は繰り返す日々の中で1番幸福感に満ちた気分になりますね!この感覚は永遠に消えない感情だと改めてしみじみと思ったり直感したりして楽しいですよね!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rcc4aadr6eneeg/index1_0.rdf