生き(息)るということは・・・

November 25 [Sun], 2012, 4:29
奄ミとつない青空、清清しい風が肌を優しく撫でていきます。
この地で生きられることの幸せを感じている僕です。
メディアの報道は、至っておとなしくて忘れてしまいそうな福一原発事故の及ぼす現状。
政治家の中にも原発事故を乗り越えて技術向上を図り、世界に向けて原発を促進発展させるなんて戯言を吐く人もいて、またそれを師事する輩が政財界にはウヨウヨ居ます。
私は、断固反対ですが、世の多くの方たちも原発維持は反対だと思います。
こうして、鹿児島のhappyho.jp地で生かされている私には、放射性物質の飛来や汚染された食べ物の心配も然程感じませんが、実際は生鮮食品から加工食品やタバコに至るまでその影響を受けているのですよね。
福一の影響を受けて、甲状腺の異常を含め体調異変を多くの方が訴えている現状を、しっかり自分のこととして受け止めていかなくてはいけないと心しています。
福一事故の放射性物質の影響で齎されたと思われる動植物の異常現象。
この中で、鹿児島の鹿屋のバラ園も紹介されています。
因果関係は、現代のあらゆる物流から考察は容易でしょう。
明日は我が身です。
安心して呼吸ができる幸せは、生きるもの全ての権利です。
奪われたくない、奪われてはいけません。
さて、呼吸の大切さやその健康促進効果について以下転載深呼吸が酔o、筋肉、血液、内臓に及ぼす影響について@呼吸とは元々自然に起こります。
その人の物質代謝に見合った資fの取り込みと、炭祉Kスの排泄を主な機能として、延髄という脳の大切な部分の、呼吸中枢によってコントロールされています。
健康法としての呼吸方法では、自らの意志でその呼吸リズムを作るので、延髄よりもっと上位にある大脳皮質からの指令で意図的に行われ呼吸パターンを作ります。
A通常安静時の呼吸は、息を吸い込んだ肺がもとに戻る時の復原力によって息を吐き出します。
深呼吸法では、積極的に腹筋を使って内臓を強く圧迫させて息を吐く動作を行います。
B深い呼吸は、運動したり興奮したりする時に一般では認められます。
深呼吸法では、極めてゆっくりと静かに呼吸することがその特徴です。
静かにゆっくりと呼吸する事は、資fを必要以上に、取り入れないようにするためです。
呼吸法のなかで歴史の深い気功法は、自律酔o機能や、情緒の安定に良いということが経験的に知られているます。
1960年代になってから、これら経験的な事柄を数量的に研究する努力がなされて来ました。
a脳波については、深呼吸方法をすると、αアルファー波の周期数一分間の数が減り、振れ幅は大きくなります。
感情が抑えられ、落ち着くことと考えて良いでしょうb副交感酔oが緊張して、交感酔oの緊張が押さえられることによって、血圧が低くなって、皮膚の小さな血管が拡がって皮膚の温度が上昇します。
また、胃腸の運動が活発になって唾液や胃液の分泌も盛んになります。
インスリンの分泌も盛んになって血糖値も低下します。
膀胱酔oは、緊張しませんので、あまりトイレに行きたいと感じません。
c深呼吸法によって、腹筋や横隔膜が収縮することによって内臓へのマッサージ効果もあるし、また、内蔵の血液循環も良くなると思います。
d腹圧がかかり、腹部大動脈が圧迫されることによって、心臓への血液の戻りが良くなって、心臓循環器系も活性化されると思います。
足のむくみも治ってくると思います。
e肝臓や脾臓をマッサージすることによって、そこで蓄えられている赤血球が放出され、血中の赤血球が多くなります。
以上が今まで解っている、深呼吸法の作用です。
なるほど、成人男子の人間の肺の容積は約4000ccあるにも関わらず、普通の呼吸では、空気成分資f21、窒素79、少量の炭祉Kスをそのうち500ccしか摂取されていない。
しかし、深呼吸のときでは約3500ccの空気が肺に出入りします。
このように深呼吸7倍近い資fの供給を一度に摂取する事で、血液循環を良くし、その結果、細部の細胞までを新鮮な状態に変え、酔oが脳と繋がっているからこそ、α波の周期数も抑えられ、落ち着くのですね。
だから、緊張した時など、深呼吸すれば良いと言われるのも、これらの科学的根拠を元に言われており、物事に集中させる方向に向かわせるわけなんですね。
引用先c400m87136
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rc9ldlufre
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rc9ldlufre/index1_0.rdf