郡司だけど相葉ちゃん

December 19 [Mon], 2016, 12:10
ニキビもれっきとした皮膚病です。

たかがニキビで皮膚科に通院するのも、と少し気が引けてしまいがちですが、皮膚科に通院すると早く回復しますし、ニキビ跡が残ることも少ないです。それに、自分で薬店などでニキビ薬を購入するよりも安く済みます。
肌にできたニキビを無理やり潰すと、膿が出てきてしまいます。
さらにギュッと潰すと中から芯が出てきます。これがニキビの原因となっているものですが、潰して中から芯を出すことは決してオススメはできません。無理やりに潰してしまうのですから、さらに炎症は広がります。

ニキビ跡としても残ってしまうので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。

妊娠、初期の頃にはホルモンバランスが乱れてしまいますからニキビができやすくなってきます。


さらに妊娠による精神的なストレスもニキビができる原因となります。しかしだからといって、抗生物質などは使用が出来ません。ホルモンバランスを正しく整えられるように、とにかくこの時期はリラックスをして、安静に体を休めておくようにしましょう。ニキビは一度治ってもまたできやすい肌トラブルとなります。治癒したからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、また繰り返しニキビができてしまいます。ニキビの再発を予防するには、清潔な肌を保つようにし、不摂生な食事や暴飲暴食をせず、睡眠をしっかりと取る事が大事だと思います。


ニキビをあらかじめ予防したり、出来たニキビを治すには、バランスの取れた食事を摂っていくことが重要です。

野菜を多く摂るように心がけることは非常に大切です。
野菜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれているから、そういったことを意識して摂取していくのが理想なのです。
冬は乾燥に注意して皮膚のケアをしますが、それが反対にニキビが増えるきっかけになっているように感じるときがあります。


通常は使わないような基礎化粧品などを使うことが皮脂腺への刺激になり、毛穴のつまりや炎症を引き起こして、この季節でも吹き出物が出来てしまうことがあるそうです。
ニキビは男女を問わず難しい問題です。

ほんのわずかでもニキビを作らないための方策をとっている人は多数いると思います。ニキビのお手入れ法として有効なものの一つに水洗顔が挙げられます。
ニキビでぶつぶつすると、やたらに洗顔してしまったり、強力な洗浄力のある洗顔料で洗顔したくなってしまいますが、これは危険なのです。
ニキビがおでこにできると、なんとしても前髪で隠したくなります。しかし、そういったことはニキビをより悪化させてしまう行為なので、出来れば前髪で隠すといったことはせずに前髪がニキビには触れないように刺激を与えずにいることが大切なのです。
ニキビと食事内容は密接に関連性をもっています。正しい食生活をすることはニキビの症状も良くなっていきます。野菜中心のメニューで食事を採り、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取るように心がけましょう食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘を解消する点からも、ニキビの症状を緩和させます。


ニキビケアに栄養管理が必要です。
糖質を多分に含んでいる物を取りすぎることは吹き出物の原因になります。チョコなどのお菓子は脂質も糖質も多く含むので、それ程食べ過ぎないようにした方がベターです。



カカオの含くまれる確率が高くて糖質の少ない物はお肌にも効き目があるので、ぜひとも食べたい時には成分表をよく確認しましょう。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:葵
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる