臼井で土橋

July 26 [Tue], 2016, 2:42
もし、任意整理をし立としても、そんなにデメリットなどないと考えてしまいがちですが、実際にはしっかりとあるのを知っていますか。



それは、官報に載ってしまうと言うことです。つまりは、他人に知られてしまう可能性もあり得るのです。これが、任意整理というものの、最大のデメリットだといったことになるのかもしれません。


債務整理を行った後で、銀行で住宅ローンを申し込みしてみるとどうなるかというと、利用することができなくなってしまいます。
債務整理を行うと、それ以降、数年に渡って、信用情報に載ってしまうのです。

利用したいと思った場合でもそれなりの時間をおいてみましょう。債務整理するとなると、弁護士と相談する必要があることがおびただしい数あります。弁護士の選択方法としては、相談しやすい弁護士を選んだ方がいいでしょう。相談会などの機会に相談しやすい弁護士を見つけるのもよいですし、周りの方の口コミなどを聞いて目安にしてみるのもいいかもしれません。



個人再生をしようとしても、不認可となるパターンがあるのです。個人再生をするにあたり、返済計画案の提出が必要となりますが、裁判所でこれが認められないと不認可としての扱いとなります。

持ちろんの事ですが、認可がおりなければ、個人再生はできません。

裁判所をとおさずに交渉し、合意成立してから、幾らお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などからのキャッシングを申し込んだとしても、審査の段階で受かりません。



ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、登録が削除されるまでには5〜10年は必要になるため、それより後になればキャッシングが可能です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Musubi
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rbitmnrlpeogua/index1_0.rdf