ハギトモだけどひかささささん

December 01 [Thu], 2016, 16:29
慌てて転職活動をすると、冷静な判断ができずに、労働条件が悪くても採用されそうなシゴトを選んでしまう事もあります。その結果として、これまでのシゴトよりも収入が悪くなることもよくあります。
だったら、なんのために転職したのかわからなくなります。

年収をアップしたいのであれば、しっかりと目標をもってシゴトを探しましょう。



通常、転職する時、アドバンテージが高いとされている資格に中小企業診断士という資格があります。

中小企業診断士の資格をとることで、経営知識が豊富である事を証明できるため、その会社にとって貴重な存在であると認識指せることが可能です。


法律をよくしる行政書士やお金の専門家であるファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。



転職時の自己PRが不得意だという人も多いですよね。自分の良いところや自分にできることが実際にはわからなくて、うまく主張できない人持とっても多いです。転職などのサイトで性格の診断テストを活用してみたり、お友達に質問してみるという手も良いと思います。他にも、志望する企業に転職可能だったら、どのような成果があげられるのかも考慮してみて下さい。



転職する理由は、書類選考や面接においてもっとも重要です。


相手を味方につける理由が無い限り評価が落ちます。

ところが、転職する理由を聞かれても理解して貰う答え方がわからない人も多いと思います。



ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、この転職理由が苦労の元となります。

年収増加の目標のために転職されようとされている方も多くおられることでしょう。確かに、職場をかえることで年収があがることはあり得ることです。ですが、逆に年収ダウンの可能性も否定できないことを十分承知しておきましょう。


お給料を増やすためには、落ち着いて報酬の高いシゴトを探すことがどれだけできるかが大切なカギとなります。



まず、本気で転職したくなった理由を思い出して下さい。

考えた通りに話す必要はないので、深く考えずに、紙に書きましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように表現を変換して下さい。
転職することに至った経緯が長くなると言い訳のように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。転職するときに求められる資格は、専門職の他は、そんなに多くないようですが、所有している資格を有効に使ってはたらくことができるということでは、やっぱり、国家資格が有利でしょう。
それから、建築や土木系だと、「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を有していないと業務ができないというシゴトも多いため、狙いやすいかも知れません。会社を変えようと求人に応募したら、好印象を与えられるような風貌で明朗活発な人だと思われるように動きましょう。



エラーなく問われることはいくつかパターンがあるため、シナリオを書いておいて、自信をもって語って下さい。頭が真っ白になったり、嫌悪されるような表現は避けましょう。



自分に自信があるのだなと思わせましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アオイ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rb1gydeoiecirc/index1_0.rdf