チョコレート・モカ 

March 31 [Sat], 2007, 23:46
〜材料〜

・コーヒー(なんでも良い、適当でも良い)
・牛乳  100ml(適量)
・チョコソース  適量
・生クリーム  適量
・自然を敬う気持ち


〜作り方〜

@コーヒーを淹れ、マグカップに注ぐ。
(牛乳と生クリームが入るため、カップの6分目あたりまでで止めておく)

A牛乳を鍋で温める。煮えたたないように注意。フツフツと泡が立つくらいまで熱する。

B牛乳が煮えるまでに、花に水をあげに行く。語り掛けるのも良い。

C生クリームを泡立てる。

D牛乳が温まったら、好みの量を@に加える。

Eそこにチョコソースを2、3滴垂らす。

F遥かな尾瀬に思いを馳せる。

G生クリームを浮かべ、その上からジグザグ模様にチョコソースを掛ける。

完成。

シナモンパウダーを上からかけると、より本格的な味になります。


自然愛護の心を持って、感謝しながら頂きましょう。


簡単なので、
生クリームを泡立ててあまってしまった時に作れます。


ポイントは、
牛乳や生クリームを使用するので、コーヒーは濃いめに淹れるとちょうど良い甘さになりますよ。


では、皆さんお試しあれ〜

第四回紅茶研究大作戦!! 

March 31 [Sat], 2007, 23:46
こっ…こっこんばんはっっ!!!!!!!!!!!



この紅茶研究〜も、なんだかんだ言って第4回を迎えることとなりました。

ぐだぐだだった割には、よく4回もやってきたものだよ(・ω・`)



さーて!!
今回も張り切って紹介しよう!!

みんな私についてきな☆
(ъ'∀`*)





≪EARL GREY≫

今回飲んだお茶は、以前も紹介したことがあるアールグレイです。

今まで私はたくさんの種類のアールグレイを飲んできたのですが、やはりメーカーによって、香り・味ともに全く違う

…ような気がする。




今回飲んだものは、今まで飲んだアールグレイの中で、もしかしたら1番うめぇ〜んじゃねーか?!と思うほど、私のお口にジャストフィットしましてね…。


何ていうのかな?
あの、口に含んだときの苦みの広がり…。

たまらんね、たまらん。


香りを嗅ぐときにね、アンモニア臭を嗅ぐときのように、手で仰いで間接的に香りを噛み締めるんですよ。

その時に

んぬはぁ〜〜(´∀`)

ってなるあの感覚…。


たまらんっ!!!!!


暇さえあれば、茶葉の匂いを嗅いでいる私。

紅茶と共に生きてるようなものです。


早く大人の女になって、外国のお洒落なカフェのテラスで優雅に紅茶が飲みたいわ(`ε´)







え〜、学校が始まったら、また新しい紅茶を買ってこようと思ってるので、その時はまた私の戯言に付き合ってくださいね。


それでは、今回は短いですがこのへんで。さようなら。


2006年12月28日 世羅

第三回紅茶研究大作戦!! 

March 31 [Sat], 2007, 23:45
皆さんこんにちは。

第2回の時、1ヵ月も間を空かせないと意気込んだはずが、結局1ヵ月ぶりになってしまいました。

すいません。



雪もパラつき、紅茶が飲みたくなる時期ですね。

そんな寒い日にピッタリの紅茶をご紹介。




≪LADY GREY≫

レディーグレイと読みます。最初香りを嗅いだとき、アールグレイに似てるなと思ったんです。

しかし、お湯を注ぎもう1度香りを確かめてみると、全然違う。


アールグレイに比べ、フルーツの甘い香りが強いような気がしました。

葉だけを見ても、鮮やかなブルーが混ざっていてとても綺麗。


クリスマスに彼を家に招待して、食後にコレを出せば決まりだなと思いました。

ぜひやってみる価値有りです。


注意する事は、お湯を注ぐときに彼へのLOVEを全て注ぎ込むこと。

惚れ薬より効くこと間違いなし!!









…ところで、我が家にあったこの紅茶。

おそらく貰い物だと思うのですが、ロンドンから輸入されてきたものらしいです。

私は、この紅茶の名前を今まで見たことも聞いたこともなかったので、もしかすると珍しいものなのかもしれません。



ロンドンに行く予定の方はぜひお土産に1つ買ってみるのも良いかもしれませんね。











以上、今回は1つご紹介しました。

私的には、冬はミルクティーにするのがベストだと思います。

体の芯まで温まりますし、夏にミルクティーは少し重い気がするので、この季節に飲まずにいつ飲む?!というわけです。

なので、マフラー・手袋・耳あてを装備して、ぜひ外で…アウトサイドで飲んでみてください。


これがたまらなくリッチな気分にさせてくれます。


風邪ひかない程度に挑戦してみてください。


それでは、また素敵な紅茶に出会ったら紹介します。

2006年12月17日 世羅

第二回紅茶研究大作戦!! 

March 31 [Sat], 2007, 23:44
皆さんこんにちは。約1ヵ月ぶりの更新となってしまいました。すいません。

1ヵ月も更新しないで何をしていたかというとですね……うん、まぁいろいろと忙しいんですよ、学生は。

なんだか、先月買った紅茶を飲むのに約1ヵ月かかりまして、飲みきってないのに次々と新しい紅茶を買うわけにもいかず、ひたすらチョコレートやら桃やらを飲んでいました。

今回は2つの紅茶を紹介しようと思います。


≪CHRISTMAS WREATH≫

クリスマスリースと読みます。その名のとおり、冬限定の紅茶です。



まずは香を楽しもうと、封を切って思い切り吸ってみた。





ん?(´ι_`)





お湯を注ぎ、もう一度匂いを嗅ぐ。





ん?(´ι_`)








うん、なんだかね…とってもアレな匂いでした。

味はどんなもんかと思い、覚悟を決めて飲んでみる。…まぁ味はなんとか…。

でも、口に運ぶまでに匂いが自然と鼻をかすめるのでね…。思わず鼻を摘んで飲んでしまいましたよ。


なんだろ?この香は?

なんか、私の大嫌いな紫蘇と梅が見事にコラボレーションしたような…そんなかんじ。

まぁ、好みは人それぞれですしね。

でもこの紅茶、解説を見てみると、ヨーロッパでは古くから飲まれている、伝統のクリスマスティーらしいのです。


やっぱり、西洋人にはなれないのね…(・ω・`)


1袋飲み切れるかが、とても不安です。

どうしようもなくなったら、ミキティーにあげよ☆笑




≪NILGIRI O.P.≫

母が東京から買ってきてくれた紅茶。

オレンジペコはその名前の可愛らしさから、よく少女漫画に登場したそうですよ。

色はとてもクリアなオレンジ色。すごく綺麗でした。

味はというと、うん、美味。口当たりが爽やかで、とても飲みやすい。

紅茶本来の香が強いため、香を楽しむだけで幸せな気分になりました。


これは、いいんじゃないかな。絶対女性に人気がでると思う。

喫茶店をすることになったら、必ずメニューに入れよう!!









さて、今回は2種類の紅茶を飲んだわけですが、どちらも50g500円程度です。

学生に優しい値段だね('A`)

また近いうちに(今度は1ヵ月も間をあかせません!)、第3弾を書きたいと思います。

今までコーヒーしか飲まなかった方も、ぜひ一度、紅茶の魅力にはまってみてください。

たぶん体にもいいですよー(´∀`)


それでは、今回はこのへんで。さようなら。

彼をドキっ☆とさせる♪魔法のチーズケーキ 

March 31 [Sat], 2007, 23:42

あ、普通のチーズケーキですから。


*使用機材*

・量り
・計量スプーン
・ミキサー
・ケーキの型
・平和を願う心


*材料*


下のサクサクした所〜@の生地
・市販のビスケット 100g
 (砂糖をあまり使用していないのが良い)
・バター 25〜30g
・砂糖 大さじ2+貴方の愛情


大半を占めるチーズな部分〜Aの生地
・生クリーム 200cc
・ヨーグルト 大さじ3
・砂糖 80g(甘めにする場合は100g)
・クリームチーズ 200g
・小麦粉 大さじ3
・卵 3個(Mサイズ)


材料を混ぜる前に。
オーブンを60分・160℃の温度で温めて置いてください。そうすればスムーズに作業が進みます。



まず、ビニール袋(ジップロックがあればそれを使うとこぼれなくてgood)にビスケットをいれる。


破けないように袋をちゃんと閉めたのを確認したら、繊細かつ大胆にビスケットを砕く。ひたすら砕く。日頃の恨み嫉みをぶつけるが如く砕く。


かたまりが見えない程度にサラサラにしたら、袋の中にレンジでチンして溶かしたバターと砂糖を加えて揉む。ひたすら揉む。ちょwwその揉み方やめww


それを、内壁・底の全体にマーガリンを塗ったケーキの型の底に敷き詰める。スプーンなどを使ってギュッと押し付けるようにすると良い。押しすぎないのがポイント。そう、恋愛の駆け引きと一緒だよ☆


次に、ミキサーの中にAの材料を全ていれる。クリームチーズ等は市販されたままの大きさで入れるとズゴゴ…ゴゴフッッみたいになるので、ナイフで粗く切ってから入れたほうが良いですよ。


ミキサーをかける時間は、完全に混ざりきるまでですが、目安としては1分以上は混ぜた方が滑らかに仕上がります。ミキサーの様子と相談しながら混ぜてください。本当に話しかけるのも良いかもしれません。


混ざりきったAの生地をケーキの型に流し込みます。真ん中辺りめがけて流し入れると、均等に生地が行き渡りますよ。


トントン、と数回、机に軽く型を落として中に入り込んだ空気を抜いてください。


それを温まったオーブンに入れて焼いてください。


焼きあがったらアラ熱をとるために放置。
冷めて来たら型から外して冷蔵庫の中に入れて冷やしたら完成。



(隣の緑のやつは抹茶アイス)



経験上からいうと、夜に作って次の日の夜に食べた方が上手かったりする。理由は謎。


ではでは、この辺で。

第一回紅茶研究大作戦!! 

March 31 [Sat], 2007, 23:35
大変長らくお待たせいたしました。

紅茶大好き世羅がおおくりします、「紅茶研究大作戦!!」。

ついに始まりました、この企画。


BARオープンまでにいろんな紅茶を飲み比べて、とっておきの紅茶をお客さまに提供する…。

うちのお店はお酒だけじゃないよ!ってことを伝えたくてね。


私自身、今まで飲んだことのないようなものにも手を伸ばすようになり、良い感じですよ(*'A`)b


それでは早速。
まぁただの感想ですが、そこらへんは専門家じゃないので勘弁してね☆



≪BREAKFAST EARL GREY≫

ブレックファスト・アールグレイと読みます。
紅茶の専門店で、私が初めて購入したお茶。
その名のとおり、ブロークンタイプの茶葉を使用しているらしく、しっかりとした濃い味が特徴。
さすが、アールグレイはフレーバードティーの代表なだけあり、香り・味ともに申し分ない。
普通の喫茶店やレストランで出すには、最適なのではないかな。
まぁ、あくまで個人意見だが…。

店によっても味が変わるので、また違うものを試してみたい。


≪CHOCOLATE≫

紅茶とチョコレートという異色の組み合わせだが、意外と美味しく飲めた。

しかし、さすがチョコレート。

かなり甘い。

紅茶を飲んでいるという感覚はほとんどないので、嫌いな人も多いだろう。
珍しがって頼む人はいそうだが…。
店で扱うとなると、クセがありそうだな。
よく検討する必要がありそう。


≪MOMO≫

友達の勧めでピーチミルクティーにしてみた。
しかし、私の買ったものはブロークンサイズではなかったので、紅茶の成分はあまり溶けず、桃の良い香りもほのかにしかなかった。

レモンを搾ると、白桃の甘さが際立って美味しかった。




  *************



今回の3つは、全て私の興味・好みで買ったので、どれも美味でした。

チョコレートと桃は50g500円。
アールグレイは50g450円と、大変手ごろなお値段。

50g買うと30〜40杯分の紅茶が作れる(私の場合)ので、下手にティーバッグを買うより断然お得ですよ。



次回は少し苦手なハーブティーにも挑戦しようと思っているので、近いうちにまた更新しますね。

それでは、今回はこのへんで…。

Thanks... 

March 31 [Sat], 2007, 23:34
2006/10/7 「AQUA MOON」


ちっちが凡その事を書いてくれたけど、私の方からも少し報告させていただきます。


≪教わったこと≫

○氷はバーの命。大きめのものをグラスに合わせて削る

●料理を出す際、特別な資格はいらないが、講習(衛生管理などを教わる)を受ける必要がある

○アクロバティックなパフォーマンスをするバーテンもいるが、そのためにはある程度広いスペースが必要
見る楽しさはあるがお酒はあまり美味しくないらしい

●お店にくる年齢層は、だいたいバーテンの年プラス10・マイナス5
例:バーテンが26才の時、21〜36才の人が多い

○毎日新聞をCheck
今日の天気だけでも最低限把握しておく

●爪は常に短く



≪気付いたこと≫

○あまり照明を暗くしていなかったため、会話を楽しむ人にとっては居心地が良さそうだった

●細かい部分がとても凝っていた
例:ストローの折り曲げ方、壁に飾ってあった写真…

○このバーはオーナーが料理も接客もほとんど1人でこなしていた
しかし、厨房で料理を作っている間お客様の様子は全く見れないため、混んでいた場合大変そう


≪MENUを見て…≫

○生ものを使った料理が少なかった。
野菜が中心で魚介類は少なめ。品質保持の関係で、生ものを扱うのは難しいのかもしれない。

●スープ系が全くなかった(気がする)。
やはり、お酒を飲みにくる人は飲まないのだろうか。







私が感じたのはこのくらいかな。
後は全てちっちが書いてくれました。

このバーはマンションの1回に店を構えているため、大きな音を出せないそうです。
私たちがやろうとしてるのはステージが完備された音楽バー。
その点を十分考えた上で、物件を探す必要がありそうです。


約3時間という長い時間お世話になったのですが、オーナーは本当に優しい人で、途中来たお客さんも、常連の方らしくオーナーと親しげに話していました。
それだけ人柄が良いのでしょう。


初めての世界にかなり緊張したけれど、本当に勉強になりました。
この出会いを…この経験を大切にして、今後に生かしていきたいと思います。

AQUA MOONの松浦さんに心から感謝…。

ありがとうございました。

2006年10月7日(土)世羅

Bar:AQUA MOON 

March 31 [Sat], 2007, 23:29
先日行ったBarの研究報告をしたいと思います。
※許可を取っていないので、住所・連絡先等は伏せておきます。住所・連絡先等を知りたい方は、メールボックスからメールしていただければ、折り返しお教えいたします。


店名:AQUA MOON
席数:10席(カウンター6席、テーブル4席(机×2))

〜間取り〜



うろ覚えです。間違ってたら指摘宜しく世羅&彩絵チャン!


○ご馳走になった飲み物

*ジン・トニック
 ドライ・ジンとトニックをグラスに注いで、ライムを搾ったお酒。カクテルの基本だが、二種類の酒の比率が難しいカクテル。


*クランベリージュースとグレープフルーツジュースをグラスに注いで、ライムを絞ったノンアルコールカクテル。
酸味の後にくるほろ苦さが癖になる味。色はピンク色で、宝石のようにキラキラしていた。混ぜる前は二つのジュースが分離してグラデーションになり、見た目も美しいカクテルだ。


*マルゲリータ
 ピザ。生地は売っている物を使い、具は手作りだという。チーズが伸びて少々食べにくいので、女性からすると頼みにくい所がある。ここはチーズの種類を変えれば今後に活かせるだろう。


*タコの唐揚げ
 出来立てアツアツでとても美味しかった。お洒落に盛り付けてあるので、女性も頼みやすい一品だと思う。ソースはマヨネーズに一味をふりかけたもの。トッピングに葉菜が添えられていた。



○教わったこと

*氷はカクテルの命!バー・スティックも命!!

*お客様のドリンクの減り具合に気を配る。灰皿の吸殻が二本になったら、気づかれないように新しいものと取り替える。

*メジャーカップ&バー・スプーンは必需品!

*マニキュア、香水はNG

*発泡酒は売らない



○気づいた事

ドアは重いものだと、お客様に威圧感を与えてしまう事があり、入りずらく感じてしまうので、入り口は普通のドアの方が良い。ガラス窓が付いていて店内を覗ければ尚良し。

オーナーさんいわく、この店舗の間取りは真似しないほうが良いらしい。
理由は、造りが迷路のようになっている(上記の間取り図参照)、外にいるお客様が窓から見てテーブル席に人が座っていると店内が混雑しているように感じる、などの点だという。

トイレは綺麗に掃除してあり、清潔感があって気持ちよく使うことが出来た。上記の間取り図にあるように、トイレを出て左手に鏡とタオル、洗面台があるのだが、女性には嬉しい配慮だと思う。その場所は他のお客様からは死角になっていて見えない。


照明が印象的で、清潔感を与えるためにトイレや水まわりはブルー、カウンター席やテーブル席は安らぎを与えるためにオレンジの照明を使っているような気がする。これは私の推測だが…。

テーブル席のイスはポップなカラーのライトグリーンで、目にも楽しむことが出来る家具だった。


○まとめ○

初めてBarに行ったのだが、勝手な先入観で何か若い者は寄せ付けない雰囲気があるのかと思っていたのだが、意外と親しみやすい雰囲気だったように思う。

オーナーの方も気さくで、時々ジョークを交えて会話をしてくださるので、何度も遊びに行く常連さんの気持ちがわかったような気がする。

Barに通うのは、美味しいお酒と料理があるだけじゃない、と語ったオーナーさんの言葉はとても印象的だった。

今度お昼を食べにまた伺います!本も返さなければいけないし。
それと美味しいカクテルとご飯、ご馳走様でした。

何から何までお世話になったオーナーさん、本当にありがとうございました!


ではではこの辺で。
2006,10/7訪問。報告者・知紘。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rb-kenkyu
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる