スタッフォードシャー・ブル・テリアのあいいろ

September 13 [Tue], 2016, 14:27
看護師の国家試験は、年に1度あります。看護師の人数の不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保ち続けています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができればパスできる試験です。全国の看護師の一年間の収入は平均すると437万円あたりです。



しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として働いているため、年収は平均約593万円になります。
公務員看護師は賃金の上がる率も民間病院と比較すると高く、福利厚生も整っています。準看護師の待遇をみてみると、看護師よりも平均年収がおおよそ70万円低いです。
看護師に対する求人は多くありますが、希望する条件に合った求人が見つかるとは限りません。看護師資格を所持している方でただ就職ができればどんな職場でも良いと考えている方は少ないでしょう。できれば給料が高く職場の環境も良く、夜勤がないところで仕事がしたいと考えておられる方々が大多数です。志望通りのところに転職するには、情報を集めることが必要になってきます。日本の看護師の年収は平均437万円程度です。



しかし、国立、私立、県立などの公立病院に勤めている看護師は、公務員とされているため、年収は平均して593万円くらいになります。
公務員看護師は給与の上昇率も民間の病院より高く、福利厚生も充実した内容になっています。
准看護師として従事している場合は、看護師と比べて平均年収が70万円ほど低いです。
学校行事の旅行やツアーに同行し、怪我や病気のその場での処置や現地での病院手配をする看護師もいます。

家庭をもって子供のいる人は土日の待遇が優遇されていたり、遅番シフトがない働き口を選定しているものです。

病院以外の場所で務めるには、その場に適した医療の知見を習得し、認定を受けた看護師や専門看護師の資格を取得しておけば、採用されやすくなります。ツアーや修学旅行等にご一緒し、病気や怪我などの応急処置や病院への手配をする看護師もいます。子供がいる結婚している人は土日の休日があったり、夜勤のない職場を希望しているものです。
病院以外の勤務地で働くには、それぞれのケースに適する専門の知識を習得している認定看護師や専門看護師などの資格を取得していると、雇用されやすくなります。修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。


既婚で子供のいる人は土日に休むことができたり、夜勤をしなくてもいい職場を希望しているものです。病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。
全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。



公務員看護師は給料が上がる率も民間病院よりも高く、福利厚生の点も充実しています。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サキ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/razb0rdrbcilre/index1_0.rdf