はじめに 

January 01 [Fri], 2010, 12:00
個人的な旅行記録のためにつくりました♪
思い出として残すため・そしてどんな形であれどなたかの
参考になればなーと思い大雑把にですが書いていきます!!!
私自身、出発前に体験者の記録に助けられたので。


ではご覧あーれ♪

*詳しい目次はこちらからどうぞ。

*足跡兼コメントよろしくお願いします♪まとめてこちらへ。

photos(Flickr)もどうぞ。

東北・鈍行旅行 目次 

December 31 [Thu], 2009, 1:00
みちのく一人旅!!

ぶらり途中下車の旅♪


○東京→盛岡
○盛岡→青森(リアス式海岸沿線)
○青森→秋田(白神山地)
○秋田→角館→田沢湖
○田沢湖→平泉→遠野
○遠野→盛岡
○盛岡→東京


(編集中です)

Contiki 目次 

December 31 [Thu], 2009, 0:00
ヨーロッパ7(+8)カ国の旅♪


準備1
準備2


○Japan→England
○England→Holland
○Holland→Germany
○Germany
○Germany→Austria
○Austria→Italy
○Italy1
○Italy2
○Italy3
○Italy→Switzerland
○Switzerland→France
○France
○France→England
○England
○England→Japan


コメントはこの記事にお願いします♪

Day14(Tokyo) 

March 05 [Mon], 2007, 5:45
Tokyo



早起きもこの日で最後。
初の一人旅、初のヨーロッパもこれで終わり。
だんだん寂しくなりながらも、シャワーを浴びて、
最後の荷物確認。しかしすごい量・・・・
スーツケース、半分あけてきて良かった・・。
貧乏旅行の予定だったのに、ついつい買いすぎてしまった。。
帰ったらバイト三昧だな!と思いながらもパッキング。
2日間のルームメイトに別れを告げて、
いざヒースロー空港へ。
地下鉄に乗りながら
(そういえば、昨日はハリーポッターのキングズクロス駅に行った!)
2週間前、ドキドキでロンドンに降り立った日のことを思い出す。
合いも変わらず群青やジュディマリを聞きながら、
(昨日のロンドン観光は1日Oasis。単純なのです)切なくなる。
1ヶ月半前に、半ば勢いで申し込んだこの旅行。
本当は語学留学をするはずだったんだけど、行けなくなって。。
でも、今の私にはこの旅の方が断然良かった気がする!!


なぜなら、課題がたくさん見えたから。
難しかった。本当に。
もちろん、行く先々での現地の人たちとの温かい会話や
ツアー中に助け合ったこと、
やっぱり「たのしいなー」って思うことはたくさんあったけど。
そこから一歩進んだ深い異文化理解をしようとすると、
うまくいかないこともたくさんあった。
大学に入ってから常々思っていたことだけど、
「行動力」「引き出し」私には足りないことばっかり!!
どれも一朝一夕には身に付かないけれど、
私の合言葉「センスは努力で付いてくる!!」
これをモットーにこれからも頑張ろう、なんて思った帰りのフライト。



成田到着後、日暮里まで鈍行で帰りました。
日本の風景を見たかったから。
山、川、瓦の家々を見ながら、徐々にビル群になってきて・・・
山の手で馬場まで。
ごちゃごちゃした都会を見ながら、あーまた毎日がはじまるな、って。
ロンドンもパリも、存在感は大きかったけれど「首都!?」って思うほど
空が広かった。落ち着いていた。
ヨーロッパはどこの都市も、建物1つ1つが古くて存在感があった。
それでも、私がすごしていきたいのはここ東京、そしてゆくゆくはNY!
がんばろーーーっ。
ビルの合間を、空が狭いなぁーって思いながら歩き、
無事帰宅。 日本食を食べに行き、銭湯へ。



単純な私だから、「人生変わった!」っていかにも言いそうなセリフだけは
帰ってきてからも言わないでおこう。
って決めて出発した旅だったけれど、間違いなく
新しい価値観世界観はプラスされた気がするな!!


稚拙な文章ですが、読んでいただいてありがとうございました♪



Day13(London) 

March 04 [Sun], 2007, 5:24
London



・・・と思いきや、まだ終わってません私の旅!!!
この日はロンドン観光♪♪

まず力を振り絞り、早起きして大英博物館へ。
ここでは日本特集もあり!多くの外国の人たちが見てて、
なんだかうれしくなった。遺跡や日本画を見ながら、
「やっぱり日本もすごいや!」と思い。
まさに海外旅行のしめくくりに丁度いいですね。笑

あとは・・ロゼッタストーンも見ました。
フランス軍が見つけ、フランス人が解読した遺跡なのに、
イギリスにある。戦利品だからですね。
そしてミイラ!!エジプトの遺跡がたーくさん。
コーランもあった。
さすがは世界最大の博物館。もっとじっくり見たかったなー!

やっぱりイギリス、フランス、イタリアはもっとゆっくり
観光に来よう!!!と決意。いつになってもいいから。




そしてバッキンガム宮殿まで歩き、高校の同級生で今イギリスの
大学に留学中のAyaちゃんに再会ーーーーーーー!!!!!
1年ぶりです。
有名な交代式は雨のなく中止・・・残念・・・。。
王室ご用達の高級デパートHarrodsへ!!
紅茶(飲めませんがお土産&記念用に)をたくさん購入。
もうね、内部のつくりがすごい・・・。
オペラ歌手が吹き抜けのエスカレーターで歌ってるし。
本当に最高級デパートでした。

近くのベネトンでまたまたお買い物、
そして国会議事堂およびビッグベンへ!!!
ロンドンって感じだ〜♪
(この日の写真は、さすがにメモリ不足で使い捨てカメラで撮ったので
 また後ほどアップします。。)
そしてブランド街へ、でも日曜でほとんど休み・・・。。
バーバリーの本店は開いてた!

そしてAyaちゃんおすすめのおいしいFish&Chipsのお店に
つれってってもらう♪ここでしか食べたことないけど、
ほんとーーにおいしかった!!!量も多いけど。。
イギリスといえばパブ!ということで行きたかったんだけど、
なんとこのお店はパブ♪一石二鳥だ〜♪♪

しかし、ロンドンは物価高すぎます。。
ユーロの感覚で使っちゃうと大変なことに!
地下鉄も、1日パスを買ったほうが、2回乗り換えればすぐ元とれちゃうくらい。
本当に高い・・・・。

でも、ロンドンでは英語が通じることの安心感を実感した(;○;)


残念ながらこの日も雨だったけど、
Ayaちゃんのイギリス生活を聞いたり
高校時代の話をしたり
とても有意義な1日でした♪Ayaちゃんありがとーー!!!
私も勉強がんばらないとっ!!





帰ってルームメイトといろいろ話をして、荷物整理をして就寝。
異国の地ももう終わり・・・・
だんだん帰りたくなくなってきた!?
けど、やっぱり早くくつろぎたい気持ちも正直あり。半々かなっ。
長かったような、短かったような、長かった旅でした。
無事健康で、スリ被害にもあわず。
ツアーメイトに「Rei気をつけなよ!!」って散々言われてたし
自分でもあわなかったのが不思議です。笑
でもま〜良かった♪
あとは、明日の無事なフライトを祈るだけ!!!

Last Day(London) 

March 03 [Sat], 2007, 4:50
Paris→London



パリでのツアー最終日の夜は、みんなでクラブに!!
ルーブルから1人で地下鉄でホテルに戻り、
ずぶ濡れ&諸事情で疲労困憊していた私は
「もうふて寝したい・・・」と思いながらも、
「最後だし!さぁタクシー!」と気合いを入れなおしていると
ChieさんやSUMたちがホテルに。
どうやら1回戻ることにしたらしく、久しぶりの(といっても朝ぶり)
顔見知りのみんなに会えてものすごい安心感!!!
5人でタクシーに乗り、クラブハウスへ。
タクシーを待つ間、下のバーにいたんだけど、
ここでこの旅最後にして最初の大失態。
そのバーに財布を忘れる!
クラブハウスに着いてから気がついて、
しかも一緒にタクシーで来たオーストラリアの女の子も、
タクシーの中にパスポートを忘れる始末!
Kristyがホテル&タクシーにすぐさま連絡をとってくれて、
2人とも無事GETできました・・・。
本当に良かった・・・。

それにしても、この旅で被害は財布4つ・パスポート3つ・カバン未遂が2件
とのこと。本当に治安が悪いんだね・・・。


気を取り直してクラブでは、ラストナイトということで
皆で踊る踊る!素敵なイギリス人との出会いもあり(笑、
楽しかったなー。結局最後まで残り、泥酔!?のChieさんとSumと
カフェでちょっと食べてから帰宅。4時を回ってたかな・・

-----------------------------------------------------

そして最終日の朝、Chieさんと2人で大寝坊!!!
本当に、パリではトラブル3連続で、、、
いろんな意味で忘れられない街でした。。


12日前に乗ったフェリーでドーバーを渡り、ユーロをポンドに換金し。
・・の前に、大半のメンバーが朝にパリでのお別れとなりました。
お互いに文化が違うから、「非常識!」って思い合う場面も
たくさんあったけど、やっぱりお別れは悲しい・・・。


オーストラリアやアメリカのみんなは、とにかくすごくタフ!
もう人生そのものを楽しんでいる感じ。
毎晩毎晩飲んで踊って、よく体が持つなぁ〜と。
最後の方は、喚起が悪いバスのせいもあって風邪が大流行だったけど、
体調崩しちゃったのも多くは日本人だったし。

それに、おしゃれ!
みんな普段はパーカーにジーンズなのに(それでも着こなしてる☆)、
夜のお出かけとなったらそりゃぁかわいい!!!
みんなばっちり決めてクラブに参戦。
これはダンパやクラブの文化所以だろうなぁ〜。
私も少し考え方が変わった部分もあり。
つまらないこだわりよりも、若いうちにしかできないおしゃれを
楽しんだほうがいいかなって!!
だから、素直に「似合う服」というのを探してみよーと思います。
皆に「ピンクが似合いそう!」といわれて、
でも私は昔ーーーから女の子らしい服が苦手で苦手で。
いつも黒に白に茶色に・・・地味選。笑
ピンクなんか大嫌い、って感じだったけどちょっとトライしてみようかなって
気持ちになりました!
Chieさん、Nanaさん、そしてパワフルなツアーメイトのおかげかな♪
そしてちゃんと毎日お化粧しよーーーーー。うん。笑




---------------------------------------------------


そうこうしてロンドン到着。
懐かしのあのホテル。
一気に安堵感というか何というか・・・
やっぱり移動の毎日はけっこう体力いった!!

ここで本当のみんなとのお別れ。
すごく存在感のあったKristyも、
セクハラ疑惑のドライバーJacobも、
あとみんなみんな本当に今となっては個性が光る人たちばっかりだった。
みんなの中に、少しでも私の印象があって
ずっと覚えていてくれたらなぁ。そう思った!!





この日の夜は日本人のみんなで、日本食パーティー☆☆
スーパーの買出し&日本から持参のインスタントで。
おみそしるに、おこわごはん、最高に最高だった〜〜(;○;)
パンと肉の生活だったからね・・・
本当に、日本食ほど健康なごはんはないんじゃない!?みたいな。
他の国の人たちも、母国食が恋しくなるかもしれないけれど
日本食はやっぱり特別なんじゃないかなぁ。

そしてみんなでこの旅の感想&反省会。
異文化理解について語り合う。
日本から参加した方たちも、私から見れば
すごくアクティブでかっこよくて刺激になる人ばっかり!
お姉ちゃんがたくさんできたみたいでうれしかったです。
ずっと面倒みていただいてありがとうございました・・・。
みんな春からは社会人。
私も、みんなみたいに悔いのない学生生活をおくろう!!



そんなこんなで、12日間枕をともにしたChieさんとも
この日の部屋は違って。
同じくツアーを終えたオーストラリアの女の子と
これからツアーが始まる日本人の女の子。
これからあの素晴らしいツアーを体験できるなんて・・・・☆
でも、私は早くかえって温泉行きたーい!なんて思ったり。




疲労感と、充実感でいっぱいの中、
コンチキツアーEuropean Discovery、終 了!!!

 

March 02 [Fri], 2007, 6:49
目次には入ってない隠れページ。


急用があって、パリのルーブル美術館から母に電話を。
携帯の電池が切れちゃったから、公衆電話を使ったんだけど、
コレクトコール機能しかなくて。。
日本時間では真夜中。実家にかける。
つながったけど、相手にはこっちの声が全く聞こえないらしくて
母が「れいー?どしたーん??聞こえないよー」ってずっと呼んでる。
大きな声で何回も話しかけるけど、全く通じてない様子。
なんかその瞬間すっっっっごく寂しくなった。
それまでは、旅中も携帯でメールや電話をしてたから、
一人暮らしの延長線っていう感覚の旅だったけど、
「ああ、すっごく遠いところに来てしまったんだなぁ」って思って。。
急に実感が沸いて。
このつながらない電話一本で、泣いてしまった。笑
だって、その私を呼ぶ声が心配そうだったから!!!
・・・そりゃぁ真夜中にいきなりつながらない電話がかかってきたらね。。



上京前にずっと泣いてたとき、おばあちゃんに
「玲は留学できないね」って言われたけど、
本当にその瞬間は
「もう留学なんかしない!海外旅行も行かない!
ずっと日本にいる!!!」って強ーーく誓った。笑

そのくらい、その時は不安で不安で怖かった。


そんな情けない裏話♪

day11(Paris) 

March 02 [Fri], 2007, 3:46
Paris



昨日の興奮冷めやらぬ朝・・・
この日もローマと同じく1日パリ、よって移動はナシ♪
ホテルは結構高級な感じでした。
日本人客多いーーーーっっさすがパリ。

朝から自由行動、ということで同じ最年少のNahoちゃんと
最初の目的地が同じだったので一緒に歩く。
セーヌ川のほとりをルンルンで。この日は曇りだったなー。
同じく世界史好きというNahoちゃんと、いろいろフランスでのできごと
についてや今まで回った場所について話す話す。

ポン・ヌフの橋などを通過しながらしばらくして着いた、
シテ島。サントシャペルが1番早く開いたので、さっそく入る。
ステンドグラスがとてもきれい!!!
聖書の物語を全て表現しているそう。1つ1つ絵柄が違う。
万華鏡の中にいる気分・・・。

そのあと裁判所を通ってコンシェルジュリーを見る。
今映画で話題のマリー・アントワネットが、処刑直前に過ごした牢獄です。
最初は王宮だった、とんがり帽子屋根の牢獄。
フランス革命時代、ここからたくさんの人が断頭台へおくられて
いったんだなぁ・・・とか考えていると、ギロチンに詳しい
まっつー(高校時代の世界史の恩師)を思い出す。
あの総合の時間の授業(査察のビデオとか見たやつね)、
もっと聞いておけばよかったなー!
コンシェルジュリーにも触れていたのかな?




そしてノートルダム大聖堂へ!!!!!
完成まで200年かかり、
ゴシック様式の最高峰で、
ナポレオンの戴冠式も行われた場所。
やっぱりたくさんの参拝客。
この旅で、一体いくつ教会を回ったんだろう!?



そしてあのバスティーユ広場へ。
記念碑が建っていて、モダンなオペラハウスもあり
今では流行の最先端な場所だとか。
「ここぁ〜」と来た満足だけ味わって引き返す。

クレープを食べながら(日本の方が豪華でおいしいや〜)
シャンゼリゼ通りを物色、凱旋門へ!

ナポレオンの命令で建てられたけれど、
ナポレオンは亡くなった後引き渡されるときにやっと
くぐったという皮肉な話。

またまた螺旋階段をのぼり、
パリの街を一望!
凱旋門から放射線状に伸びている道。
すごい景色だった!トップ画もここから
撮った写真。


そしてブランド通りへ・・・




ヴィトン本店。日本人ばっかりだった!
他にもGUCCIにCHANELなどなど
高級店がズラリ、でもスニーカーでは
入る勇気がなかったお店もあり無念・・。






そして、ルーブル美術館へ!!!
雨の中、大きい買い物袋を下げ必死で歩きやっと到着。
荷物チェックの人に引き渡すとき、紙袋がやぶれ
荷物全部ばらまかれ、半泣き・・・・。

そして私が世界で1番訪れたかった美術館へ。



―若いうちに、「本物」に触れておきなさい―

これは高2の時の世界史の恩師が言った言葉。
私はこの言葉が忘れられなくて、
どうしても10代のうちに(これは若さとは関係なくて、ただ記念的な意味で。)
ヨーロッパを見ておきたかった。
そして絶対にルーブルに来たかった。
美術に詳しいわけではないけれど、世界史を勉強しながら
いつかオリジナルを見るのが夢だった。
この言葉に動かされて、やっと来ることができたルーブル。
たっぷり時間をとりたかったから、昨日回らずこの日に。
金曜の6時からは25歳以下は無料だったし♪

モナリザ、ミロのヴィーナス、ナポレオンの部屋、ナポレオンの冠、
ハンムラビ法典・・・
本格的に見たら4日(!)はかかると言われているので
ピックアップしたものだけを即行で鑑賞。

本当に幸せでした。
見たからって明日からの人生、具体的に何が変わるって
わけではないけれど、根っからの文系人間の私には
とても素晴らしいことだった。
特に歴史マニアでもなかった私だけど、
少しでも多くの世界に触れることは本当に楽しいし
私にとって大事なことだと思ったから。
知識は絶対に人を豊かにする。

来れて本当に良かったです。

Day10(Paris) 

March 01 [Thu], 2007, 2:44
Lucerne→Paris




ながーいながーい移動のあと、夕方やっとパリに到着!
花の都、パリ。
この春休み、友達でフランスに行く子はたくさんいるし、
とにかく日本人といわず世界中から大人気の街!
私も第二外国語選択のとき、フランス語も考えたけど
それは国連の公用語であったりして「実用性」を考えたから。。
そう、あんまりパリという街自体に興味はなくて。
天邪鬼な私なので、人気があるからこそ強がってたんだと思うけど(^^;
出発前にアメリを観た私は、むしろモンマルトルをメインに観光したかった。


それがこの日の夜、一気に覆されました!!



まずはルーブル美術館で解散、2時間弱だけの自由時間。
みんなルーブルを回ってたけど私はパス、その理由は明日の日記で!
ルーブル周辺をぶらぶらして観光土産を購入。
フランスの街並みは、いかにもおしゃれーなカンジで
カフェがたくさん。


パリのマック。
ローマのマックもかっこよかったけど。

中途半端な時間だったから
集合場所から離れるのも怖いし、
ぐるぐる散歩。



そして一旦ホテル、そのあとまた集合しなおしてバスへ。
名所を回ってくれるって言ってたけど、夜だしなーと思い乗り込む。


これがすごかった!!!!



バスで夜のパリをぐるーーーーっと。
いろいろな建物の外観を見ながら、それについてKristyが
説明してくれるんだけど、歴史なだけになかなか難しい単語がたくさん!
観光済みのChieさんがトナリでガイドさながらに説明してくれて
たすかりましたー!!
「明日行こーっと!」とピックアップしつつも夜の街にくぎづけ。

そして、

シャンゼリゼ通り。

あの有名なシャンゼリゼ!
お〜♪シャンゼリ〜ゼ♪のシャンゼリーゼ!!
凱旋門から一直線に伸びた、あの光。
第一印象が夜景だっかからかな、
あの暗闇に光る凱旋門・渋滞の車のライト・イルミネーション。

・・・すごい、シャンゼリゼ。。
本当に涙が出そうだった。ちらっと見えた瞬間のあの感動は、
この旅で1番だったかもしれない。
ここで、車内にムードを壊すスリルな音楽が!
(これまた曲名を忘れた・・有名なアクション映画のテーマソング!)
「???」な感じになっていると、凱旋門に到着そして
ロータリーに突入!!!急カーブで凱旋門の周りをぐるぐる。
かなりスリリングだった!かっこいい演出ーーー☆
「アンコール!」うちらのリクエストにお答えして、3周くらいしてやっと抜け出る。
おもしろかったー♪



そしてそしてライトアップされたエッフェル塔が見え・・・


上京したばかりの田舎娘な私。
ずっと東京に憧れて、東京に行くことを決意して、
やっと夢を叶え春に東京に出てきてもうすぐ1年。
そんな私は、、
どんなに「おのぼりさん」って言われようとも、やっぱり
「東京タワー」への憧れは大きくて。
未だに東京タワーの見えるところに行くと感激するし、
東京タワーの見えるところに住むなんて夢のまた夢!!ってくらい。
東京出身の人にはダサいって言われるけども(--;


そして窓から光輝くエッフェル塔が見えた瞬間、胸が震えた!!!
こんな瞬間、本当に生まれて始めてかも!?というくらいの感激。
何でか分からないけれど、涙が少し浮かんで。
エッフェル塔って、ポストカードとかでも、なんか灰色な塔だなー
って印象で。でも、夜のエッフェル塔は本当にキレイ。
私って塔好きなのかな!?と疑問が。(ちなみに母は橋好きです。)
オレンジの東京タワーも素敵だけど、エッフェル塔も本当に綺麗。


途中、隔時間で10分程度ライトアップがあって。
白や青白にキラキラ点滅するの!
ほんとーーにかっこいい♪その時バスを一旦止めて、
降りて写真撮っていいって言われたんだけど、
日本人だけいつまでたってもパシャパシャしてなかなか戻らない。笑
そしてエッフェル塔のふもとまで移動し、いよいよ登ります!!
これ、オプションだったんだけど、
みんなテンション絶好調&ここまで見たら何が何でも登らなきゃ!
って感じでオプション頼んでない人もドタ参。
結構急なリフトに乗って、上まで。

頂上は・・・最高に寒かったけど、最高に夜景が素晴らしかった。
もう、本当にこの日の感動を言い表せる言葉がなくてもどかしい!!

新宿の、都庁から見える夜景が大好きで。
東京に旅行に来る度行ってたし、今も何度行っても飽きないし。
NYの、ブルックリン橋を越えた夜景も
エンパイアステイトビルからの夜景も
ずっと目に焼き付いているけれど。

もしかしたらそれ以上の夜景かも。

東京とNYはよく言われる散りばめられた宝石って感じそのもので、
パリの夜景は・・・ちょっと違う感じ。
京都のように道が区画というか整備されているいるから、
光のあるところ(道)とないところ(建物)の差がはっきりして、
光が浮かび上がっているようで、すごかった。



一気にパリファンに!!
ミーハーと言われようと構いません!!根っからのミーハーですから!!

たくさんの黒人のおにーさん達が売ってる
きらきら光る模型と、きらきら光るライターを交渉して安く買い笑、
ホテルに戻る。
もう大満足。

一番期待して一番楽しみだったのがイタリアで、
もちろんそれは裏切られなかったし思ってた以上の
たくさんの感動があったけど、
もしかしたらこのパリの夜は一生忘れないな・・・なんて思いながら就寝。

Day9(Lucerne) 

February 28 [Wed], 2007, 2:10
Florence→Lucerne



この日も朝は早く・・・。
そういえば、毎朝、バスの1曲目は決まってて。
What you waiting for?を爆音で。
すごくハイテンションで「チク・タク」っていうリズミカルに
女の子が歌っている曲。途中日本語も入ってて、なんか
「原宿girl」って呼ばれているすごく日本好きの女の子らしい!
最初は「朝からこんな曲・・・・」みたいな感じだったけど、
途中「あれ?いつもこの曲?」って気付き、
もう後半は「お決まりの曲♪気合入れていこー」みたいな。笑
すっかり目覚めの1曲になったので、帰国してもアラームはこれにしよ!


イタリアの次はフランス・・・と思い込んでスイスはすっかり飛ばしてまして。
「まぁー観光目白押しで疲れたからスイスはぼーっとしとこー」みたいな
感じでスイスに向かったわけですが、、、
結構テンション上がりましたルツェルン!!とにかく買い物したっ!

コモ湖を通り、アルプスを横目に到着。
思ったより寒くはないけど、やっぱり寒い。
フランス革命中に、逃げ込んだルイ16世を守ろうとして全滅した
スイス傭兵786人を記念して立てられた、ライオン記念碑。
ライオンの、苦しそうで悲しそうな、切ない表情が印象的でした。
ヨーロッパは、本当に戦いの歴史だね。


スイスは永世中立国。
だからユーロではなくスイスフランでお買い物。
・・・ここでも私はカードです。
実は、3日目あたりに私のカードにキャッシング機能(現金を下ろす機能)が
着いていないことが発覚し現金不足に!!
原因は、ヨーロッパの物価の高さ所以の昼食代や、
パーキングエリアでさえトイレが全部有料なこと!!
日本はチップもないし、暮らしやすい国だ・・・と実感。
いくつかのオプションもキャンセル、屋台や露店ではお土産もあまり
買えず。。でもカードが使える国ではサイン、サイン!笑

お土産用のチョコを大量購入。スイスといえばチョコ!!


高級チョコレート屋で、量り売りも購入。
ゴディバみたいな、個別の小さいチョコの量り売りではなく、
板チョコの量り売りがすごかった!
パキパキ豪快に割る!
すーーーっごくいろんな種類があって、
私はコーヒーやオレンジ、イチゴ、ビターアーモンド、
ミルクの5種類を購入。高いので少しずつ・・。
どれもすごくおいしい!!少しずつ食べることに決定♪


あと、知らなかったんだけど、ビクトリノックスの便利ナイフが有名みたい。
話を聞いてるときは、「へぇ〜」みたいに思ってたけど、
みんなが買ってる実物を見るとすごくほしくなった!!
柄つきもあるし、名前も彫ってくれて、それがすごくかわいい♪
ので色違いのおそろいで2つ購入。
ハサミ、爪やすり、ナイフの最小限機能のもの。
何かのサイズに似てるな〜と思ったら、USBつきのも
発売されてて、これだーっ!って思った。
そうUSBサイズそのもの。本当に小さくて便利♪♪
夜さっそくガイドブックを切抜きしたけど、切れ味も抜群!!
Chieさんは、この旅の枝毛切りとして購入・・セレブ!!

他みなさん時計を購入・・・お金持ちだな〜。
ロレックスもオメガも手が出ないので、スウォッチを物色。
何気にスウォッチコレクターなのです!・・実家にね。
でもスウォッチは日本でも値段変わらないそう。


この日のメインは、ホテルかなぁ。
何と何と元牢獄!!!のホテル。
若者に人気だとか。確かにこの旅で1番モダンな感じでオシャレでした。
ベッドも寝心地よかったし。バーもすてきだったし。
でもやっぱ先入観で雰囲気が怖かったな・・・窓とかまさに!!笑



この近くにもcoopが!しかもcoopcityとかいう衣服や雑貨もある
大きいショッピングセンターでした。
ここでもカフェに入ったり、夜ぶらぶらしたり、
思った以上におしゃれな町でしたー♪♪

明日はパリに向けて、6時間のロングドライブ。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ray
読者になる
最新コメント
アイコン画像やすい
» 東北・鈍行旅行 目次 (2007年10月13日)
アイコン画像やすいしんいちろう
» 東北・鈍行旅行 目次 (2007年10月13日)
アイコン画像トシユキ
» Contiki 目次 (2007年04月26日)
アイコン画像ray
» Contiki 目次 (2007年03月12日)
アイコン画像松トロ
» Contiki 目次 (2007年03月11日)
アイコン画像ray
» Day8(Florence) (2007年03月10日)
アイコン画像cafecico
» Day8(Florence) (2007年03月09日)
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31