ロペスでオオミズアオ

February 13 [Sat], 2016, 16:03
看護師の勤務体制は、他の職種に比べるとかなり特殊な上に、職場によっても違ってきます。現場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針によって決められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活を送れなくなったり、過労になる人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。
看護師国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。看護学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験にも受かった人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
看護師の資格を得るためには、何通りかのパターンが挙げられます。看護師免許を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護について学習することが必要なのです。
高校入学時に衛生看護科で勉強を始めると、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、最速で看護師になれるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、試験までの期間が短いために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格するのが難しいともいえます。
看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には紹介されないことが少なくありません。看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、仕事場のカラーといったこともチェックできます。躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを依頼することも可能です。
看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずはっきりさせておきましょう。泊まりでの勤務は荷が重い、プライベートの時間は十分確保したい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、リクエストには個性があります。看護職員の価値は市場では高い状態なので、負担になる労働環境で我慢して勤める必要はないのです。
看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、わざわざ株を下げることになります。それがいくら事実であろうと素直に明かす意味もありませんので、積極的な姿勢で求職していることを表明してください。
看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが応募理由です。何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはそれほどシンプルなものではありません。給与アップ、休日が増える等の労働条件のメリットを出すよりは、ナースとしてスキルアップしたいといった、やりがいを求めているような応募理由のほうが受かりやすいものです。
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。面接担当者に嫌われると、看護職員を望む職場が多い現状でも落とされることもあるでしょう。雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことエントリーの数も増えるため、慢心することなく念入りに用意して面接試験に行くようにしてください。クリーンな印象のファッションで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aimi
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ratrca1tneru5a/index1_0.rdf