間宮兄弟 

January 04 [Fri], 2008, 19:05
★★★★★★★☆☆☆

話 ビール会社の商品開発研究員の兄・間宮明信(佐々木蔵之介)と小学校校務員の弟・間宮徹信(塚地武雅)は、30歳を過ぎても仲良く同居生活を送っていた。兄弟は女性から恋愛の対象として見られることはなく、ありふれた日常にささやかな歓びを見つけ楽しく暮らしている。しかし、そんな彼らにもいよいよ恋の予感が訪れ……。

邦画独特の「長いなー」って感じはありました。
でも他の邦画よりは全く感じませんでした。
クスッと笑えるシーンが多く、
こんな兄弟いたら面白いなーと思いました。

下妻物語 

December 31 [Mon], 2007, 12:32
★★★★★

話 田園風景が広がる美しい茨城県下妻市。青空の下フリフリのロリータ・ファッションで闊歩する少女・桃子(深田恭子)の生きがいはお洋服。ロリータ一直線で他人を必要としない桃子の前に、真っピンクの改造原付きに乗った地元のヤンキー少女(土屋アンナ)が現れる。

途中から阿部サダヲがまったくでなくなったのがさみしかったです。
二人の友情が深まっていくのをもうちょっと表現してほしかったな…て感じですね。
画質がすきなタイプのでした。

手紙 

December 31 [Mon], 2007, 12:28
★★★★★★

話 直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で誤って人を殺し服役中だった。大学進学もあきらめ、工場で働く直貴の夢は幼なじみの祐輔(尾上寛之)とお笑いでプロになることだったが、毎月刑務所から届く兄の手紙が彼を現実に引き戻す。そんな彼を食堂で働く由美子(沢尻エリカ)が見ていて……。

犯罪者の家族がどれだけ辛い思いをするかがわかる映画でした。
山田孝之と玉山鉄二の演技が素敵でした。
思わず涙してしまいました。

ナショナルトレジャー 

December 31 [Mon], 2007, 12:24
★★★★★★★★★

話 歴史学者であり冒険家のベン(ニコラス・ケイジ)は、テンプル騎士団の秘宝の謎を追っていた。謎に一歩近づいたベンだったが、資金提供者のイアン(ショーン・ビーン)と対立。イアンから秘密を守るために“アメリカ合衆国独立宣言書”を盗むはめになり……。

すごく面白かったです^^
勢いがあり次から次へと謎が出てくるので目が離せませんでした。
宝はないかと思ったけどあったので
最後はハッピーエンドになってよかったと思いました。

あずみ 

December 19 [Wed], 2007, 17:02


話 “関ヶ原の戦い”を経て、覇権は豊臣家から徳川家へと移った。しかし、未だ徳川家康の天下は盤石とは言えず、反乱分子の芽は決して見過ごすことの出来ない存在だった。そこで、太平の世を願う家康の側近、南光坊天海は、爺に対して反乱を企てる危険のある者を事前に抹殺するための暗殺者集団育成を密かに命じた。それを受け爺は、少女あずみをはじめ戦乱で孤児となった幼子を集めると、過酷な修行を課して最強の戦士へと鍛え上げていく。それから10年、無事修練を終えたあずみら10人の戦士たちは、自らに課せられた尊い使命を信じ希望と闘志に燃えるのだった…。

友達に進められて見ました。
しかしその友達から話を最初から最後まで
聞いてしまっていたので面白いと感じることができませんでした。
そして人を斬るシーンがどうしても見れない…。

私にアクション(世間的にアクション扱いされないくらい軽いものだと思うけど)は
ダメみたいですね…。
やっぱ心が温まって癒されるような映画がいいです。

ナイトミュージアム 

December 19 [Wed], 2007, 16:58
★★★★★★★★★

話 ニューヨークで暮らす失業中のラリー(ベン・スティラー)は前妻が(キム・レイヴァー)が再婚すると知り動揺する。愛する息子ニッキー(ジェイク・チェリー)とのきずなを保つために、ラリーは自然史博物館の深夜勤務の夜警員の仕事を引き受け、真夜中に警備を始める。ある夜、展示物が魔法を使ったように生き返り、ローマのグラディエーターやカウボーイたちがジオラマから飛び出して戦いを始め……。

すごーく面白かったです。
満点にしたいくらい。
でもALWAYSと同じ点数にするのが悔しくて…9点にしちゃいました。

最初は見るのが軽くだるかったんですが
博物館に入社するところから
もう食いついて見てしまいましたね。
2時間があっとゆうまな映画はALWAYS以来です^^

男たちの大和/YAMATO 

December 15 [Sat], 2007, 20:00


話 2005年4月、真貴子(鈴木京香)は鹿児島県枕崎の漁師・神尾(仲代達矢)に60年前、戦艦大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。真貴子を乗せた小型漁船を走らせているうちに神尾の脳裏にも60年前の出来ごとがよみがえってきた。

戦争を経験した人が見れば何か感じるものがあるのでしょうけど
戦争未経験の私が見ても…少し物足りなかったです。

幸せのちから 

December 15 [Sat], 2007, 19:55
★★★★

話 骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるクリス(ウィル・スミス)は、大儲けを見込んで買い取った機器を思うように売ることができず、家賃や税金を払えない状態に陥ってしまう。妻のリンダ(タンディ・ニュートン)にも去られた彼は、証券会社の正社員を目指して養成コースを受講しようとするが…。

うーん。
普通ですかね。
話的にはクレイマークレイマーに近いものがありますね。
父親と息子ががんばって生きる…みたいな。
しかもクレイマークレイマーのほうが泣けるし…。
いい話でしたが、その点で評価は低くなってしまいますねー。
それにしてもウィルスミスの息子可愛すぎ!!

ALWAYS〜続・三丁目の夕日〜 

December 15 [Sat], 2007, 19:24
★★★★★★★★★★

満点!!!!!!

話 昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミ(小雪)を思い続けながら淳之介(須賀健太)と暮らす茶川(吉岡秀隆)のもとに、実父が再び淳之介を連れ戻しに来た。

正直なめてました。
よかった作品って2で失敗すること多いですよね。
だからALWAYSもそうなんじゃないかと思ってました。
できれば作らないでほしいとさえ思ってました。

しかし…
全然「続」のほうが泣けるじゃないですか!!
30分以上ずーーーと泣きっぱなしでした。

まず詐欺が発覚して堀北が幼馴染を攻めるシーン。
ここでボロボロ泣きました。
そしてそのあと小日向さんが嫌味を言い、堤さんがキレるシーン
ここでもボロボロ泣きました。
そしてさらに小雪さんが小説を読んで泣くシーン。
さらに吉岡さんと須賀くんのやりとり。
もう連続でどんどん泣かせてくる…。

この作品は私の中で完全に殿堂入りですね〜^^

ALWAYS〜三丁目の夕日〜 

December 15 [Sat], 2007, 19:18
★★★★★★★★★★

満点!!!!!!

話 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに…。

もうこの映画最高です!!
ほんっっとに大好き!!
笑えて泣けて…を追求してますね^^
しかも「笑える」ってのはウケを無駄に狙っているような作品ではなく、
ほのぼのしてて心があったかーくなるようなお話です。

吉岡さんが
「お前なんか赤の他人なんだからな…。
縁もゆかりもないんだからな…。」
って泣きながら言うシーンは本当に泣けました。

最近これ以上泣けないってくらい感動した映画はなかったので
涙腺強くなったのかなーとか思ってたけど…
そんなんじゃありませんでした。
ただ感情移入できる作品にめぐり合ってなかった…てだけでした。

そしてキャスティングがいいです。
みんな好きな人たちばっか!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rarirurerorero
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 間宮兄弟 (2008年10月20日)
アイコン画像猫男爵
» 間宮兄弟 (2008年10月14日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 間宮兄弟 (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 間宮兄弟 (2008年10月07日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 間宮兄弟 (2008年10月05日)
アイコン画像きりひと
» 間宮兄弟 (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
» 間宮兄弟 (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 間宮兄弟 (2008年09月25日)
アイコン画像ゆりり
» 間宮兄弟 (2008年09月23日)
アイコン画像えびふりゃー
» 間宮兄弟 (2008年09月16日)