『叫び』で有名な画家ムンクをめぐる旅

October 25 [Sun], 2015, 13:35
ノルウェーを代表する有名人といえば、いわずと知れた画家エドヴァルド・ムンク

身の毛のよだつような顔立ちで、フィヨルドを背景に叫んでいる人物の絵は、だれもがどこかで目にしたことがあるのではないでしょうかムンクに縁のある土地を訪れるならオスロがおすすめ『叫び』は4点あり、ムンク美術館と国立美術館の両方で展示されています海外に出張中のこともあるので、事前に電話して確認するのもあり

ムンク美術館内にあるカフェでは、「スクリームケーキ」(叫びケーキ)が売られており、記念撮影をする日本人旅行者が続出中 観光中に何度も通ることになるカール・ヨハン通りはムンクの作品で何度も舞台となっています。ほかにも『叫び』のインスピレーションを受けたとされるエーケベルグの丘や、ムンクのお墓など、ムンク好きであればオスロは必ず訪れたい街です

見ただけだと身の毛もよだつような作品が多いですが、背景を知ったらもっと作品の奥深さが知れるかもしれませんね