まりモンの西条

August 18 [Thu], 2016, 23:58
スキンケアで1番大切にしたいのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。洗顔で誤ったやり方とはお肌を傷つける原因となり潤いを保つ力を低下指せてしまいます要因になるワケですね。
お肌をいたわりながら洗う丁寧に漱ぐ、というふうに意識をして洗顔をおこないましょう。保水機能が低くなると肌トラブルを起こし易くなってしまうので、ご注意下さい。

では、保水力をもっと高めるには、どんな肌ケアを学べば良いのでしょうか?保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血の流れを良くする、肌に良い成分をたくさん含んだ化粧品を取り入れる、きちんと洗顔する習慣をみにつけるという3点です。「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」なんて言葉をよくききますが、それは美白に関しても同じです。あなたが本当に肌を白くしたいなら、タバコはすぐに止めるべきです。


タバコをやめるべき理由として一番に挙げられているのが、タバコがビタミンCを破壊してしまうことです。


喫煙すると、白く美しいお肌のために必要不可欠なビタミンCが減ってしまいます。寒くなると空気が乾燥するので、それに伴って肌の潤いも奪われます。潤いが肌に足りないと肌のトラブルの元となるので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。

乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを防ぐためにも保湿と保水といったケアを普段より気にかけて下さい。

冬季の肌のお手入れのポイントは乾燥から肌を守ることが重要です。冬になると寒くなって血液がうまく流れなくなります。



血行が悪くなってくると肌細胞に満足な栄養が届かず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。

血行が良くなれば、体の新陳代謝が良くなり、健康的な肌となります。乾燥肌の人は、お肌に優しい洗顔料を選択してちゃんと泡たてて、肌を強くこすらないようにして下さい。


力を込めて洗うと肌に良くないので、コツは優しく洗うことです。さらに、洗顔の次に必ず保湿しましょう。化粧水だけに限らず、乳液。美容液クリームも状況に合わせて使用して下さい。

顔を洗った後の保湿は乾燥肌を予防・改善する上で大事なことです。

これを怠ることでますます肌を乾燥指せてしまいます。



そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿力や保水力のあるものを使って下さい。
これ以外についても保湿効果のある入浴剤を使ったり、温度の高いお湯を使用しないというのもドライスキンに効果があります。コラーゲンの一番有名な効果は美肌になるという効果です。


コラーゲンを摂取することにより、体中のコラーゲンの代謝が活発になり、肌の潤いやハリに効果があります。


現実問題、体の中のコラーゲンがなくなることでお肌の老化が著しくなるので若々しい肌を維持指せるために積極的な摂取が必要です。



ヒアルロン酸(多糖類の一種で、人間や動物の体に含まれている物質です)は人体にも含まれるタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」との名前が付いたゲルみたいな成分です。とても保湿力が高いため、化粧品や栄養補助食品といえば、大体、間ちがいなくヒアルロン酸(多糖類の一種で、人間や動物の体に含まれている物質です)が入っています。年齢に従って減少する成分なので、意識して補うようにしましょう。
美容成分が多く取り入れられている化粧水や美容液などを使用すると保湿、保水力のアップにつながります。
スキンケアに使用するには、コラーゲンやヒアルロン酸(多糖類の一種で、人間や動物の体に含まれている物質です)、アミノ酸などの成分が含まれた化粧品がお勧めとなります。


血が流れやすくすることも重要なことですので、ストレッチや半身浴、ウォーキングなども行って、血流を治すようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Syuri
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/raraatwtlekdkd/index1_0.rdf