富樫でゆびちゃん

December 31 [Sat], 2016, 10:27
一般的に看護師が転職する要因は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。
女ばかりの仕事ですし、イライラしやすいこともあり、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。
一部には、パワハラやいじめが転職を考える動機となってしまう人もいます。
辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、体調を崩しやすくしますから、早く転職することをお勧めします。
育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。
特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、日中のみ働くことができたり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが選べると良いですね。
育児に専念する間のみ看護師をやめるという人もたくさんいますが、お金がなければ育児ができないので、資格が活用できる転職先を見つけた方がいいでしょう。
全国での看護師年収は平均437万円程度です。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
なぜ看護師になろうと思ったのかは何がきっかけで実際に看護師を目指すことになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。
転職の理由は今までに培ったスキルを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。
前の勤務先に関するネガティブなことは言わないようにしてください。
高校入学時に進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。
ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは大変です。
さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いことが理由で勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が困難という側面もあります。
看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、勤労条件についての要望を始めに明らかにしておきましょう。
日中だけの勤務がよい、休暇はしっかりとりたい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、リクエストには個性があります。
看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で頑張り続けることはありません。
よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。
それに、3ヶ月ぐらいは使って念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。
急いで転職してしまうと、次も辞めなければならなくなることもあるので、希望した条件を満たす職場をしっかりと見つけるようにしましょう。
そのためには、自分の希望をクリアにしておきましょう。
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に職場によっても変わります。
職場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回していることが多いです。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方が人気があります。
キャリアアップを目指して転職を考える看護師も少なくないです。
スキルを高めることで、収入を増やすこともできるでしょう。
その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分で自分にピッタリな職場を探すことも大切でしょう。
内科の外来が適しているという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。
看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。
面接担当官に悪印象だと、ナースは人手不足といえどご縁がなかったということにもなるのです。
雇用の条件に恵まれているところはエントリーの数も増えるため、緊張感を失わず不足なく対策をたてて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。
爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、イキイキと応対するのがポイントです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aina
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる