くだらないけど 幸せだった。 

June 05 [Sun], 2005, 16:12
あの頃,くだらない話をたくさんしたね。
もう内容は覚えていないけど 君は沢山笑ってたね。

授業中,先生の話を無視して サッカーで盛り上がった。
君はセリエAの事ばっかはなして Jリーグ,バカにしてたね。
アントラーズの事も 日本代表の事も 「興味ない。」って一括してたね。
だけど 待ち受け画像にはしっかりカズがいて(笑)
やっぱり男の子だなぁ・・って思った。

部活,頑張りすぎてよく怪我してたね。
片足にはいつも包帯巻いてた。痛いはずなのに君は弱音一ついわなかった。

数学,全くめぐはできなくって よく教えてくれたね。
だけど二人で考えているうちにわかんなくなって(笑)結局,先生に聞きにいったよね。
物理も化学も とし君はよく出来たよね。
だけど世界史や英語,倫理とかはめぐの方ができたから 教えてあげれた。
とし君は素直じゃないから 一度も「ありがと」とは言わなかった。

テスト前,いつも以上に張り切れたのも とし君のおかげだと思う。

席替え 

June 04 [Sat], 2005, 18:29
大袈裟な話かもしれないけど,あの時の席替えであの席になったのは 運命だって言い切れる。
めぐがとし君の事,好きになったのは必然で,あの時 隣同士になったのは運命だって・・。
今でも 何年経っても言い切れるよ。
それくらい タイミングがよくって めぐにとってはチャンスだった。

5月の初め,席替えがあった。
めぐは適当にくじを引いて その番号の席に付いた。
隣は誰だろうって事より,前に座ってる女の子と気が合わないので落ち込んでた。
だけど めぐの席自体は窓際で日が差し込んで とっても良い席だった。


「俺,窓際がよかった。」
とし君の声がして横を見た。彼の手にある番号札は 確かに,めぐの隣の席を指していた。
嬉しくって 最初なんだかわかんなかったけど 一瞬にして世界が明るくなった。

「隣なんだ!よろしくね。」
精一杯,笑顔を作った。きっととってもぎこちなかったと思うけど・・。
「おう。」
彼の癖は人と話すときに目をそらしちゃう事。
それがこの時は可愛く見えた。笑


何年経っても あの年の5月は忘れられない。
本当によく晴れて 空が綺麗で 願い事,全部かなう気になれた。
今までで一番幸せだったあの頃。

この季節が巡るたび,私は何度でも彼を思い出すんだろうなぁ。

おはよう 

June 04 [Sat], 2005, 18:25
君に「おはよう。」といえた日は なんだか気分が明るくなれた。
逆に君に何も声かけれなかった日もあったね。
すっごく寂しかった。同じ教室に居るのに,君が遠く思えた。

もう,君に「おはよ。」とはいえないね。
言いたくても 君とはもう,遠すぎるもん。

だけど 心のどこかで いつまでも願ってるの。
君にいつでも気兼ねなく,「おはよ。」といえる場所にいれたら・・

近づく距離・・・? 

June 03 [Fri], 2005, 18:12
最初の頃,全くといっていいほどとし君とは接点が無かったから喋れなかった。
ただただ遠くから 見ているだけで でも幸せだった。

生真面目にノートとっていたり 部活に疲れて寝てたり。

彼の行動,一つ一つにドキドキした。


2年生になってはじめての行事,球技祭。
めぐはドッチ,とし君はバレーの担当になった。
当日,異様に張り切っている皆を横目に彼は淡々とプレーしてた。
だけど彼の打つ,スパイクは何度も相手コートに突き刺さっていった。

「とし君,バレーも出来るんだね。」
同じクラスの幸子が興奮して 何度も彼の名前を叫んで応援してた。
めぐも同じように応援できたらいいけど・・・ 恥ずかしくって出来なかった。

試合が終わった後,ちょっとだけ勇気出して「お疲れ。」といった。
それだけで精一杯だった。

うちのクラスは見事優勝して 気分よく,打ち上げにいけた。

打ち上げの席順は 友達が気を利かせてくれて とし君と隣同士。
初めて彼を目の前にして すっごく緊張したのを覚えてる。
上手く顔もみれなくって そっぽ向いて話してたよね。
君も君で あんまり話してくれなくって 嫌われてるのかと思ったよ。

だけど時間が経つにつれて 打ち解けてきて なんとか番号を交換できた。

ねぇ,君は覚えてないよね。
私はあの時,すっごく緊張して君にメールしたんだよ。あのメール,覚えてないよね。
あのメールね,私はまだ消せないで居るんだ。
2年も前なのに まだ残ってるよ。

意味 

June 03 [Fri], 2005, 18:08
最近,必死に とし君との出会いの意味を考えてる。
なんでこんなにも苦しくて寂しくて 悲しいのに好きになったんだろう。
そこにね,意味があるのかなぁ・・って。そう思う。

意味無く,人を好きになるのかなぁ。
私はどんな出会いにも意味があるって思うから。

こんなどうしようもない片思いだけど きっと何か意味があるのかもしれない。


諦められないのは この意味が自分の中で見出せていないからだと思う。

とし君 

June 02 [Thu], 2005, 17:19
何にそこまで惚れたのかなぁ・・。いまでもこれは謎なんです。笑

一目惚れで一瞬にして好きになったので 理由は後から付いてきた。
笑顔だとか話し方だとか,性格とか・・。
沢山理由は挙げられるけど どれもピンとはこない。
一番しっくりくる理由は見つからない・・。

ただただなんとな〜く 運命だって思ったの
(思えば若かったんだろうなぁ〜めぐは)
一番の理由は「運命を感じたから!」だと思う(笑
一目惚れの理由なんてみんなこんなものかなぁ。

でもね,とし君の全部が好きだったのは真実。
あの人の優柔不断なところや 変に優しかったり冷たかったり・・駄目なところ全部。
好きだったなぁ・・。 
今でも腑に落ちない部分もあるけど うらめないし・・。

とし君って言う存在全部,好きだった。

出会い 

June 01 [Wed], 2005, 19:09
2002年の4月,めぐは都内の私立の高校に進学しました。
中学校とは全く違うマンモス校で人ばっかりだったことに驚きました。
とりあえずなんとか1年生を過ごしました。
恋もしたけど叶わなかった・・。 それくらいでした。


2003年の4月。クラス替えでとし君と同じクラスになりました。
4月8日,始業式の日。
初めて彼を見て 一目惚れしました。
茶色い髪の毛を坊主に切って 学ランを着てた。
めぐはもともと すぐ一目惚れするんだけど・・・・
とし君を見た瞬間,びびっときたの!これだけは胸を張っていえる(笑

本当に運命だって思ったの。ってゆーか今でも運命だって思ってる。


それから2年とちょっとのめぐの長い長い,片思いが始まったわけです。

過去 

June 01 [Wed], 2005, 18:03
思い出整理用のブログです。
過去の思い出,特に高2からの恋愛を中心に書いていこうと思います。

本当に,ここには過去の事しか書きません。
大切な大切な あの人の事,忘れないうちに書き残していこうと思います。
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ranzy_michu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる