卵巣嚢腫になって・・・ 

2007年01月15日(月) 0時00分
                        
                 違和感を感じて 婦人科を受診 
     
        そこで右卵巣の腫れが発覚し、卵巣嚢腫 という病気を知った。

         そこから 始まった 私の入院、手術の 記録を綴ったものです。

       同じ病気をされた方の経験 体験がとても参考になり 励みになりました。

                自分の体験したことも、ここに書くことによって

      同じ病気の方 同じ手術を受けられる方の少しでもお役に立てればと思います。

    入院 手術を通して、先生はもちろん家族の有り難さや友人の優しさ、を実感しました。


              私をとりまく全ての方に  感謝とお礼の意味を込めて

                  
                         2007年11月23日
  

初めて婦人科へ行った日・・ 

2007年01月16日(火) 9時30分
2007年1月

右太ももの付け根に違和感を感じ、生理前には少し痛む気がして婦人科のある病院へ行く。

にっこりと微笑む優しそうな台湾人のR先生。

症状を伝えると 早速 エコー検査をすることになった。

 「子宮は問題ナイヨ、左は正常デス…。右の卵巣がスコシ腫れてるミタイネ。」

先生・・カタコトの日本語。 この先生・・大丈夫か?オイ!

がん検診も最近はしていなかったので、念のためしておく。


エコー画像を見ながら 
「4cm×5cmくらいの大きさ スコシ腫れてるネ!悪いものではナイと思う多分、水とオモウ・・」

多分て・・・

「今日は血液検査をしておきマショウ。」

結果は当日は出ない。

「また一週間後にきて下さいネ」 



検査結果を聞きに・・ 

2007年01月23日(火) 9時30分
今日もニコニコなR先生

「血液検査の結果 ダイジョウブよ

「自然と小さくなることもアルよ!様子を見ましょう!二ヵ月後くらいにもう一回コレル?」


とりあえず血液検査の結果にホッとした

経過観察することになった。

あれから約2ヶ月・・ 

2007年04月06日(金) 9時30分
久々に婦人科へ・・

R先生相変わらず優しい笑顔だった。 早速診察台へ

エコー検査するも やはり右卵巣の腫れは変わらずだった・・

「またスコシ大きくなタネ・・

「では、ピルを1ヶ月飲んでみて下サイ。これで小さくなることアルヨ!」

R先生 とても優しい先生だが 言葉がうまく伝わらないので不安が出てきた。

しかもこの婦人科、平日の午前中しか診療していない。
その時私は、平日に仕事の休みが取りづらかった為・・

「仕事の都合上もあって土曜日診療しているところへ紹介してくれないか?」  
   というような意思を伝えてみた。

先生少し顔を傾けて・・「ジャ2ヵ月後ならコレル?」

私が聞いたこととに対してやはり日本語が理解できていない・・

やっぱり ここじゃダメだなこりゃ?!・・

とりあえず ドオルトンというピルを処方された。

生理の4日目から飲み始めてくださいと説明を受けた。

家に帰り ネットで調べると ピルには種類も多く 

私の処方されたドオルトンは中用量ピル

気持ち悪くなったりの副作用も多いらしい。

今は低用量ピルが副作用も少なく多く使用されているらしい。

R先生・・・




卵巣 水!?ネット検索の日々 

2007年04月20日(金) 10時00分
とりあえず処方されたピルを飲み始めたものの・・・

このまま 通院することになるのにR先生はマズイよな・・

いや・・先生になられた方なんだから 日本人ではないからと言って差別もよくないよな・・

でも話が通じないし・・ なんて事を考えていた。

先生は 「卵巣に水が溜まるってこと結構あるよ。ダイジョウブ

なんて言ってたけど・・

よし!ネットで情報収集をしよう・・ 卵巣・水 で検索すると・・


 卵巣嚢腫 HIT!

先生の言うように卵巣に水が溜まっている という方は結構いたようだ。



  

卵巣嚢腫ってナニ? 

2007年04月22日(日) 20時00分
ナニナニ・・

卵巣嚢腫とはどんなものかを簡単にいうと・・

卵巣に液状成分が溜まって腫れている状態のこと

卵巣嚢腫の症状は?

機能性の嚢腫や良性の腫瘍があっても無症状のことが多いので、
卵巣嚢腫は産婦人科の受診の際に偶然にみつかることがほとんどです。

嚢腫が非常に大きくなった場合には圧迫されておなかが痛くなったり膀胱が押されて
トイレが近くなったりすることがありますが、まれです。

卵巣嚢腫が原因で性交時におなかが痛くなることもありますが、これもまれです。

卵巣嚢腫の症状として最も注意すべき症状は急激な下腹部痛です。

ある程度大きくなった嚢腫が捻れた場合に、突然、激しい下腹部痛や吐き気に襲われます。

嚢腫が捻れると卵巣の血流が途絶えるので、短時間の内に卵巣が壊死(腐ること)してしまいます。
卵巣腫瘍の捻転が疑われる場合には必ず手術をします。


なるほど・・・

私 卵巣嚢腫ってやつかな?



卵巣嚢腫にはいろいろなタイプがある。
  大きさもピンポン玉大の小さなものからグレープフルーツ大以上のものまでさまざま。


ほとんどの卵巣嚢腫は小さくて症状もない。
  大きくなって捻れたり、出血したり、破裂したりした場合に下腹部痛が生じることがある。


ほとんどの卵巣嚢腫は良性、つまり癌ではない。ごくまれに悪性の卵巣癌であることがある。

卵巣嚢腫がみつかった場合には、まず悪いものではないかどうか、
  治療が必要なものであるかどうかなどをチェックする必要がある。





自分自身が安心して病気を任せられる 大きい病院へ行こう!そう思った

別の病院へ・・ 

2007年05月15日(火) 10時00分
家からちょうど車  で1時間の場所にある病院へ

母親が一緒に着いて来てくれる 心強い。

評判は・・上の病院   あぁ あそこなら大丈夫だよ なんて言われてるトコ。

当日に予約が入れられるか出発する前に電話で確認

診てもらえるなら女医さんがいいなぁと思っていた。

あいにく混んでいて 予約の空きはなし、予約外で待つことに。

特に女の先生はかなり待つことになるだろうと言われた


とりあえず 病院へ向かった 

10:00すぎ到着。

婦人科の待合室・・若い方から年配の方までかなり混んでいた。

着いてすぐに問診表を書くように言われる。

なぜ 婦人科を受診しようと思ったか  症状  妊娠しているか などだったと思う。


看護師さんから名前を呼ばれ 少し細かくお話聞かせてくださいと言われ、説明する。

かなり待つので 少し外出しても良いですよと言われたので、 

少し病院内の喫茶店で暇つぶし

また待合室へ戻ってひたすら待つ。すでに12:30をまわっていた。


13:00近くになって 看護師さんが 近くに来た。

大変お待たせしてごめんなさいね。
女の先生だとあと6人の方が待っていて、まだ だいぶ時間がかかってしまいます。 
もし男のS先生でも良ければ 2人目でお呼びできますが・・どうしますか


迷ったが、これ以上待つのは辛いなと思い 男の先生に診てもらうことにした。


やっと名前を呼ばれて待合室へ。スラッとした紳士的な先生だった。

他の病院で卵巣が腫れていると言われたこと、ドオルトンを処方されて飲んでいること を話す。

とりあえず 超音波で見てみようかと診察台へ 

このとき 生理痛はどう?「2日目くらいまでは結構辛いです」なんて話をした。 



S先生 「うんうん、子宮内膜症もあるしね、右卵巣はやっぱり腫れてるみたいだね
     「中身は悪いものでは無いと思う」チョコではなさそうだなぁーと独り言を。
     「子宮や左卵巣はおそらく問題ないよ」  と言った。


子宮内膜症性の卵巣嚢腫だね!


聞いたことあるけど 私、子宮内膜症なんだね

このとき右卵巣は 5〜6cmくらいの大きさになっていた。

子宮内膜症のパンフレットをもらい説明を受ける。やっぱり卵巣嚢腫かぁ・・



念のために今日は血液検査をして帰ってもらって 次回はMRI検査をしましょう。

先生がMRIの予約を入れてくれたものの 予約がいっぱいで約一ヵ月後だった。



R先生のとこでもしたけど、また血液検査か・・・

診察と検査料で4080円の会計を済ませ 帰宅した。

















 

MRI(造影)検査 

2007年06月23日(土) 11時30分
今日はMRI 造影剤を使った検査をするそうだ。

検査の待合室に入ると 検査着に着替えるように言われる。

着替え終わると 看護師さんが来て でっかい注射器のようなもので 造影剤を体に刺す。

その注射器を手に握ったまま 機械へ横たわる。

検査中は、ものすごく大きい音がするので、ヘッドホンをして下さい。
と検査技師さんから説明を受ける。


そして機械にはいり、手は上にあげて耳の脇へ 
体調が悪くなったら握ってくださいとボールみたいなものを渡された。

いよいよ検査開始 

開始から20分くらいたっただろうか 眠くなってしまってボールを落としそうになった

あげてる腕が疲れてきて痛い 



イヤホンから声がした・・ 「大丈夫ですか〜?」 そろそろ終わるのかなぁ

「じゃっ!今からお薬流しますね〜!」 

今からかい と 思わず心の中で突っ込んだ。


あともう少しですよ〜と言われホッとした。無事に終了。


診察のため 待合室で待つ。

名前を呼ばれ 診察室へ S先生 から前回の血液検査の結果を報告される。

「正常の範囲内ですが、でも少し数値が高めかなー」

今日のMRIの写真を少し見せてもらう、明らかに正常な左の卵巣とは大きさが違う。


検査のレポートもまだでていないので、はっきりしたことは言えないけれど、

子宮内膜症性の卵巣嚢腫で、おそらくチョコレート嚢腫でしょう。 

今はまだ、大きさも手術どうこうではないが

いずれ大きくなると捻じれたり破裂したりして手術になることもある。

とりあえず3ヶ月経過を観察しましょう。といわれた。



診察 MRI画像診断料 など 10135円の会計
 

経過観察 3ヵ月後・・ 

2007年09月21日(金) 10時00分
MRI検査から約3ヶ月たった。季節はすでに秋

その間 特に変わった変化は無かったが

生理前などになると右太ももの付け根にしこりのような違和感を感じる。

生理中には、しくしくと痛むような気もしていた。


相変わらずネットで 卵巣嚢腫の情報を収集していた。


久しぶりのS先生。

内診と超音波で卵巣を診る モニターを見ながらサイズを測る 
また大きくなったねー 今7×8cmくらいかな  

着々とサイズアップしてたんだね 私の卵巣ちゃんよ 


先生から卵巣嚢腫について説明 

7cmは、ひとつの目安の大きさである。

卵巣嚢腫の重みで捻じれたりすると急激な腹痛 緊急手術になってしまうこともある。 

子宮内膜症もあるので、将来妊娠をするためにも不妊症の原因になる。

妊娠してから 手術となるとまた難しい。やるのであれば今のうちの方が良いと思う。

今の大きさなら 腹腔鏡手術という方法でおなかの傷も小さく手術ができる。


この病院に腹腔鏡の手術をたくさんしているH先生がいるから

その先生に一度診てもらって話を詳しくきいてみたらいいとのこと。


次回10月 H先生の診察予約をいれてもらった。

H先生はどんな先生かなぁ〜感じの悪い人だと嫌だなぁと思っていた。

家に帰って早速HPでH先生をチェックして見た

まじめそうで眉毛の太い 意外と若い先生だった。なんか良さそうな人だなと思った






手術の決断 

2007年10月01日(月) 11時00分
今日は、 H先生 の診察  初めての顔合わせ 

第一印象は、予想していた通り、まじめそうで感じもよかった。

今日、万が一、手術という話になれば、 お願いしようと決めていたので少しホッとした。

 

では、早速 超音波で見てみましょう。

婦人科の診察台は何度か乗っていても ちょっと嫌 慣れないなぁ・・ そう思う。

H先生は、器具を出し入れするのも丁寧で まったく痛くないし、

出し入れするたびに 大丈夫ですか?と 声をかけてくれた 


触診でおなかを押してみて痛いところは無いか確認する。

場所によっては痛いような気がすると伝える。

そのあと超音波

右卵巣を写して サイズを測る。

私もモニターをみる  H先生は、丁寧に説明してくれた。

これが左の卵巣。これが右 卵巣嚢腫です。左は正常な大きさ、右は、だいぶ大きくなってるね。

7×8cmくらい ちょうど卵くらいの大きさかなぁ。

他の影のようなところを指して ここには水が溜まっているみたい。でも自然に消えると思います。

子宮はここです。おそらく正常だと思います。と言うような話をしてくれました。

最後に お尻のほうからも触診させてくださいと言われて

私「はい。」  って、えっー お尻  と思っているうちに

力を抜いててくださいね  指を入れられて おなかとお尻の両方から押される。

力入れると全てが出そうだぁぁ  場所によってすごく痛いところがあった

ハイ、じゃ終わりです。あとは向こうでお話します。と先生。


お尻から指を入れられたのは、
 刺激的 ではなく、衝撃的だった。


そしてH先生から、色々な面から見て・・ 
将来的に妊娠するためにも、手術を考えた方がいいと思いますが どうしますか
腹腔鏡手術で おへそからカメラをいれて傷跡もおなかに2か所くらいですと言った。



私は、迷わず お願いしますと言った。この先生になら、任せてもいい!そう思った。




そして、具体的な入院、手術の日を決める。

入院は、一番早くて 11月15日 手術は翌日の16日、早ければ術後4日で退院。


じゃ15日でお願いします。と即決

じゃあ 次回に手術前の検査をしてもらいたいので・・・と 次回の予約をとる。

次回は10月26日に決まった。

今日、会社に出す診断書をお願いできますか?と伝える。

少し待合室で待っててと言われ、書類をもらい また血液検査をしてから 会計へ

診察と検査 1800円 文書料3000円  



入院受付で 入院の説明と当日に必要な書類を持ち帰る。


部屋の希望を言われ、個室と迷ったが 値段の違いで2人部屋を申し込んだ。









P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:よん
読者になる
今年に入ってから子宮内膜症 チョコレート嚢腫が判明

入院〜手術の記録を綴った
27歳の独身よんのブログです

最新コメント
アイコン画像reina
» 卵巣嚢腫になって・・・ (2009年07月16日)
アイコン画像ゆう
» 卵巣嚢腫になって・・・ (2009年06月29日)
アイコン画像りか
» 卵巣嚢腫になって・・・ (2009年02月04日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 持物リスト★ (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 持物リスト★ (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» 持物リスト★ (2008年10月08日)
アイコン画像コンプ
» 持物リスト★ (2008年10月05日)
アイコン画像まさる
» 持物リスト★ (2008年09月30日)
アイコン画像50t
» 持物リスト★ (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» 持物リスト★ (2008年09月24日)
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE