ランドセルの人気ランキング記事一覧



ランドセルの人気ランキングはこちら

ランドセルの選び方
2014.06.18 [Wed] 15:24

ランドセルの選び方について紹介しておきたいと思います。
最近では、さまざまなランドセルがあり、その中からひとつ選ぶとなると、大変困ってしまいますよね?
それでは、ランドセル選びのポイントを少し紹介します。

まず、素材ですが、革か合成皮革のクラリーノかを選び、決めましょう。
しかし、どちらにしても大事なのは、表面の加工が強いかどうかです。
加工がしっかりしているほど、傷やシワになりにくいです。
重さは、革では1,000g〜1,200gくらいで、クラリーノなら900g〜1,100gがちょうどいいと思います。
安いものは、中の芯が抜いてある場合があるので、700g〜800gと軽すぎてしまいます。
そして、強度が充分にないことがあり少し不安です。

また、中の仕切りが2つのものが使いやすいようです。
それなら、3つの方がもっと良いのでは、と思われるかもしれませんが、そこまで分かれていると、それぞれのポケットが狭くて、教科書を入れにくくなってしまいます。

ランドセルは女の子に人気のキャラクターものですが、買ったときは良くても、何年かすると飽きてしまう場合もあります。
しかも、キャラクターの使用料だけで、かなり値が上がっています。
それを考えると避けたほうがいいでしょう。
どうしてもキャラクターものがいいと言うのなら、筆箱や手提げかばんなどの小物を薦めてください。

ランドセルを選ぶコツとして、まず、背負いやすいかを確かめます。
背負いやすいかどうかは、背中の縫い目ではなくて、紐の形で決めます

逆に縫い目があると、夏に薄着になったとき、違和感を覚えることがあります。

また、ランドセルは季節商品のため、毎年モデルチェンジをします。
そのため、決まった量しか生産しないので、ランドセルの選び方を参考にして、遅くても2月末までに購入した方が良いでしょう。
ランドセルモデルや色によっては、品切れしてしまうものもあるそうです。
 

子供の防犯とランドセル
2012.11.12 [Mon] 09:00

近年GPS機能を搭載した、GPSランドセルは子供の通学の安全を守り、保護者に安心を与えるものとして、今後も普及が期待されています。
GPSとは衛星を利用した位置確認装置で、最近では地図情報や防犯携帯電話など生活の身近なところで利用されるようになっているものです。

これは大手ランドセルメーカーと大手セキュリティ会社が共同で開発したもので、保護者がパソコンやスマホ、携帯電話によって子供の居場所をリアルタイムに確認できるものです。
非常時にはセキュリティ会社の警備員が駆け付けるサービスもあり、24時間365日いつでも利用ができるということでも安心です。

ランドセルのGPS装置は充電式で専用ケースに入っており、取り外しもできます。
重量も軽く、小学校の低学年でも無理なく背負うことができます。
価格も一般のランドセルと大きな差はなく、購入後は月額使用料を支払うことによってGPS装置のサービスが利用できます。

こういった流れを受けて、他のランドセルメーカーや百貨店でも競って防犯ランドセルの開発を進め、現在ではランドセルの種類は豊富になっています。
GPSランドセルは子供の通学の安全を守り保護者に安心を与えるものとして、今後も普及が期待されています。
 

ランドセルなどバッグリフォーム
2012.10.12 [Fri] 15:34

◆ランドセルなどバッグリフォーム
ランドセルをはじめ、ショルダーバッグや、ボストンバッグ、キャディーバッグに、リュックサック、トランクなど、愛着のあるバッグが壊れてしまいました。
いろいろ修理、リフォームして、また使えるようになるとうれしいですね。

これは、ビジネスバッグの場合ですが、ファスナーが壊れたら、ファスナー交換をしてもらえます。
ショルダーバッグは5千円くらいかかるようです。
バッグの横に下がった部分のファスナースライダーも交換してもらえ、2500円くらいかかるようです。
ショルダーひもとバッグをつなぐナスカンの取替えは、3千円くらいかかるようです。

ショルダーカットをしてもらうと、2300円くらいします。
持ち手カットをしてもらうと、2本手バッグの場合ですが、2600円くらいするようです。
持ち手カットでトートバッグの場合は、3200円くらいするようです。
錠前の取り替えは3600円くらいかかるようですね。

バッグの持ち手取り替えは1本3千円くらいかかるようです。
持ち手付け根修理は3500円くらいするようです。
ショルダーひも付け根修理は3800円くらいするようです。

小物類もいろいろと修理、リフォームしてもらえるようです。
札入れや、小銭入れや、ポーチ、ポシェットなどです。
 

小学校入学準備ナンバー1
2012.06.01 [Fri] 10:00

小学校に入学する前の準備品として一番多いのは何だと思いますか?
それはランドセルかもしれません。ランドセルは両親ももちろん気になるところではありますが、おじいちゃんやおばあちゃんにとっても孫に買ってあげたいもののベスト1なのではないかと思います。

昔は、男の子は黒のランドセル、女の子は赤のランドセルというような感じでしたが、最近では黄色やオレンジ、ピンクなどカラーも豊富にあり、デザインも昔の「ランドセル」のような感じではないデザインのものもあるようです。
そんなに種類があると何を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そこでランドセルについてちょっと調べてみたいと思います。

ランドセルには、牛革と馬革、人工皮革と大きく分けて3つの種類があります。
牛革のランドセルは、使えば使うほど味わいが出てくるような感じですが型崩れも起こりやすいという難点があります。
次に馬皮ですが使い込むと美しい味わいがでてくるようです。難点は値段が高いと言うことかもしれません。
次に人工皮革ですが、傷もつきにくく雨による型崩れやシミもつきにくいです。値段は3種類の中で一番安くお手ごろです。
ランドセルのメーカーによって違うとは思いますが、小学校に通う6年間は保証がついているところもあるのでそういったものを選ぶのがいいのではないかと思います。

子供にとって小学校に通うためのカバンであるランドセルは大切なものだと思いますのでお子様と一緒に選んで、好きな形や色を選んであげるのでもいいかもしれませんね
 

何を小学校の入学前までに買えばいいのか
2012.05.01 [Tue] 10:32

小学校に入学するための準備って何を準備したらいいか分かりますか?
ざっと考えてみると、ランドセル学習机、ノート、ふでばこ、鉛筆、消しゴム、登下校用の靴、など出てくると思います。本当にたくさんの物が必要になると思いますが、これらの物って全部入学前に揃えなければならないのでしょうか?
こういうのって始めてのお子さんの場合だと分からないことが多いですよね。余計なものを買ってしまったり、準備しなければならないものを買っていなかったり失敗があると思います。

保護者の方は失敗で済みますが、当のお子さんは無ければ学校で困ってしまうことになります。
こうならないためにも小学校に入る前に入学説明会みたいなものがあると思いますので、そこできちんと聞いておき、その後で準備するようにすればいいと思います。

なぜ入学説明会の後のほうがいいのかというと、学校によって文房具にキャラクターがついているものを禁止しているとか、靴は学校指定のものにしなければいけないとか、防犯ブザーなんかも配布される場合があるとか色々あると思います。

こういった予備知識が無いと余計なものを買ってしまって使わなくなってしまうという場合がありますので、是非聞いておいてから準備するようにしましょう。
学校に入学するとなるとあれもこれも買ってあげたくなってしまうと思います。余計なものばかりを買いすぎて、必要なものを逃さないように余裕を持って準備するように注意しましょう。
 

警報アラームの種類
2012.02.13 [Mon] 10:00

最近の護身グッズはカラフルで可愛い物がたくさん出回っています
小学生をターゲットにした商品が多いでしょうか。
警報アラームなどは、どれも好んで持ち歩けそうです。
ランドセルに取り付けるため学校に持っていけるもので、皆に見せるためにも吟味して買えるよう種類も豊富です。

金具をはずせば音が出るといった仕組みなだけのはずが、今では音ではなく声が出る商品も出てきています。
例えば野球選手の声が出る警報アラームを見かけました。音は大音量には変わりないのですが、ピーピーピーというよりは愛嬌があって良いかもしれません。
少年ならば憧れる野球選手の警報アラームを持っているだけで自慢かもしれません。持たされるのではなく自ら持つといった感覚も大切ですね。

後は色がとにかく豊富でカラフルです。一昔前のベージュ一色とは時代の差を感じます。
カラフルといえども一色だけではなかったりもして、おしゃれです。今の時代の小学生はおしゃれなんですね。その時代に合った商品を開発していることなんでしょう。
そしてスケルトンの警報アラームも見かけました。確かにベタ塗りされた一色よりはスケルトンタイプはおしゃれです。

中が光るタイプもあり、大人でも可愛いと思ってしまうほどです。きっと今の子はそこにシールを貼ったりアレンジするのも得意でしょう。
もうひとつはゲーム付き警報アラームというのも出回っています。これはもはや護身グッズの域を超えているように感じます。
これはゲームの問題もあるでしょうし、学校へ持っていくには問題が起きそうです。
 

ランドセルと警報アラーム
2012.01.13 [Fri] 16:10

さてこの警報アラームなんですが、実際使うとなると上手くいきません。
お守り代わりのような存在になってしまいがちですが、自宅での練習が必要です。
ほとんどのお子さんがランドセルの横に引っ掛けています
塾用に持っているお子さんはバッグの取っ手に付いています
バッグの取っ手ならばすぐに手が届きそうなので良いのですが、ランドセルの横に引っ掛けてあるだけだと、いざという時に取れません。

実際私が危険な目にあった時は、カバンの中に入れていたので何の意味もなかったです。
ということで、今はランドセルの肩紐部分に付くタイプも出ています。ちょうど子供の肩より少し前側に付くようです。
さっと紐が抜けるよう訓練も必要です。
きっと電車の中で会う痴漢のときと同じように、子供が変な事件に巻き込まれようとしていても声はなかなか出せません。
そんな時のための護身グッズであり警報アラームです。自宅でぜひ練習しましょう。

では、どのように練習するかと言いますと、実際にランドセルを背負いながらやってみましょう。
どの位置が一番金具を引きやすいかも確認してみましょう。右利きか左利きかによってもまた変わってきます。
背後から襲われるかもしれない、あるいは前からかもしれない、といった様々なパターンで訓練してみると良いかもしれませんね。
塾などだと夜が多いです。今は送り迎えをされる方も多いでしょう。ほんの少しの距離だと歩いて帰る子供もいます。
そんな時は蛍光色や光るタイプの警報アラームをお勧めします。
 

ランドセルの色と機能
2011.11.01 [Tue] 09:00

●色

・昔は赤は女の子、黒は男の子、というのが定番でした。
・現在では「ローズ」「ピンク」「ベージュ」「紺」「水色」「黄色」「オレンジ」など、カラーも豊富です。

・黒や赤の定番ランドセルをメインで使い、もう一つは遊び心の入った色を、セカンドランドセルとして使うのも素敵ですね。

●機能

・人気の機能としては、「天使のはね」・「ふわりぃ」・「フィットちゃん」などがあります。

・ランドセルが背中にきちんとフィットするようにできていたりと、それぞれに工夫がされています。

お子様に合った、素敵なランドセルを選んであげてくださいね。
 

ランドセルの素材と型
2011.09.01 [Thu] 09:00

●素材
・ランドセルの素材は大きく分けると、天然皮革の牛革やコードバン(山馬革)などと、人工皮革のクラリーノなどに分類されます。
・クラリーノは、軽く、撥水加工がされており、水に強く、手入れが簡単などのメリットがあります。一方「耐久性」や「高級感」においては天然革製のほうがやや勝っているようですね。

●型
・従来の縦型に加え、横型のランドセルもおしゃれです。
横型ランドセルの場合、基本的に背中のかぶせ部分は半かぶせになっています。
・女の子には、ハートやリボンの刺繍が入ったキュートなデザイン、男の子には、ナイキやプーマなどのスポーツブランドのランドセルが人気のようですね。

 

子供に人気のキャラクターランドセル
2011.02.25 [Fri] 14:26

★セイバンのランドセル「天使のはね(羽)」には、子供さんに人気のキャラクターランドセル

◆サンリオでは、女の子に大人気のサンリオキャラクターのランドセル
・「こころうきうきランドセル」は、背中部分がピンクで、かわいいシナモンロールやマイメロディ、ハローキティーなどの刺繍が入っています。きっと子供さんはウキウキするでしょうね。
・色は、カーマインレッド、ビビットピンク、ライトピンクの3色です。
・重さは940gで、ランドセル価格はオープンです。

◆サンリオで一番人気なのが、品質と機能が優れた「きぼうふくらむランドセル」
・色は「こころうきうきランドセル」の3色に加え、赤、黒、ローズワインがあります。
・重さは940gで、ランドセル価格はオープンです。