新聞の記事 

February 21 [Thu], 2008, 5:53
今年のセリーグ、ジャイアンツが優勝したそうである。
朝起きてみると、新聞の2面を使った記事である。
パリーグで日ハムが優勝した時の記事は、新聞の半面くらいだったかな。


読売新聞ならいいですよ。
自分の所有球団のPRをしているのですから。
宣伝記事だと思ってみますから。



一様、有名な全国紙です!
おかしいのじゃありませんか?



日本のプロ野球、確かにジャイアンツ人気があります。
でもね!他に11球団あるのですよ。
どうして、報道が公平じゃないのでしょうか?




じゃ〜!サッカーのJリーグの優勝が決まった記事2面も使って報道しますか?
自分のひいきチームが優勝したら、誰でも、繰り返し記事を読むでしょう。
ファンが多いから、それでいいなんて!
'''新聞が、一つのチームの人気をあおっているように思えますが・・・'''

黒部川赤木沢(2003年9月) 

February 14 [Thu], 2008, 14:34
--- 雨の名渓を遡る ---



日程と天候:2003年9月6日(土)曇り後雨後曇り
メンバー:Lまるめの、ちゅうさん、やっちゃん、みちさん、ふみぽん
タ イ ム:
  薬師峠(T・S)3:40---太郎平小屋4:00〜4:05---薬師沢小屋6:10〜6:50---赤木沢出合8:20
  〜8:40---大滝上10:30---赤木岳南方稜線(標高2,580メートル)12:00〜12:10---赤木岳12:30
  ---北ノ俣岳13:05---太郎平小屋14:20〜15:35---薬師峠(T・S)16:00



山行前に調べた予報で、天気は下り坂ということだった。出来るだけ早い時間に帰幕すべく、まだ夜の闇が支配する薬師峠を出発した。僅かに覗く雲の切れ間から頼りなげな星の煌きが望まれる。昼間の喧騒を飲み込み深い眠りの淵に沈む太郎平小屋の脇を通り越し、遥か足元に1匹の大蛇がうねるように黒々と流下する黒部本流を目指した。薬師沢小屋への下降路は所々出水によるガレが押し出し、足場の悪いところもあったが、概ね良く整備され迷うことはなかった。薬師沢小屋は黒部川本流と薬師沢が合流する狭隘な谷間の斜面にへばりつくように建っていた。小じんまりしたその佇まいは、近年あちこちの山に建ち始めた近代的な明るい外観の小屋とは異なり、古き良き大縦走時代を偲ばせるものだった。僕たちは小屋の前の小さなテラスに置かれたテーブルの片隅を借り身支度を整えた。鈍色(にびいろ)の雲が空低く居座り、心なしか黒部川の水量も多いように見えた。4日前の大雨が大増水をもたらしたとの小屋番の青年の言葉は、僕の胸の内をさらに暗くした。道理で薬師沢へ下る登山道から遠望した黒部の水量が多かった訳だ。エメラルド色の淵と白濁する奔流は今なお残る増水の痕跡だったのだ。(図左:赤木沢遡行図)



黒部川に下り左岸のゴーロ伝いにしばらく進むと、意外にも河原はさほど荒れておらず、アプローチに感じていた不安は、朝霧が陽の光りを浴びて飛散するように薄らいでいった。流れを見渡す限り遡行を困難にする要因は何ひとつありそうもなかった。浅瀬を選んで黒部川を3回渡渉すると、発達したゴルジュで流れは狭められ、沢沿いに進むのが難しくなった。腰ほどの深さの急流を、手を取り合って慎重に左岸に渡ると、ゴルジュの入り口の被った壁にハーケンが残置されていた。沢通しに進むか高巻くかを判断しなければならなかった。



空身になってハーケンを頼りに壁を乗越し、バンド状に続く岩場を10メートルほどへずって上流を偵察した。沢に沿って進むには、再び激流を渡らなければならず、その先も安穏な遡行はおぼつかなかった。今日の水量では本流通しの遡行は無理と判断して、ゴルジュ入り口から左岸を5メートル戻り、小さな脆いガレを登って高巻きすることにした。5メートルも登ると潅木の中に明瞭な踏跡が現れた。踏跡はゴルジュを大きく迂回して、さしたる困難もなく僕達を赤木沢出合へと導いてくれた。両岸を岩で狭められた赤木沢の出合は、想像していたものとは似ても似つかぬものだった。黒部本流は赤木沢出合で大きな瀞を形作り、その上流には落差こそ2メートルほどしかないが川幅一杯に水を落とす美しい滝が懸かっていた。



出合からしばらく、この沢の名の由来となった赤い滑らかな岩床を幅広の流れが伸びやかに続いた。その美しさはさすがに古くから大勢の登山者を魅了してやまない沢であることを実感させるものだった。期待に違わぬ美しい沢。皆歓声をあげながら思い思いに流れを辿った。2段25メートルと10メートルのスラブ滝を越すと右岸からウマ沢が合流した。やがて我慢の限界とでも云わんばかりに、空から雨粒が落ち始めた。時折雨足は強まったが、増水した黒部川を戻ることはもはや考えられなかった。僕たちは雨具を着けてなおも遡行を続けた。(写真右:赤木沢の美瀑)



前後を連続する小滝に護られた美しい釜の10メートルの直瀑を正面に見て、左岸の草付きを40メートル登り、連瀑の最後の滝の落ち口に向かってほぼ水平にトラバースした。雨に濡れた草付きは時折足元をすくっては僕達の肝を冷やした。再び沢床に戻り次々と現れる10〜15メートルの滝を快適に直登して進むと、岩壁に囲まれるように大滝(25メートル)が落ちていた。3方を煙突のような壁に囲まれた大滝は、近くで覗かないとその全貌を見ることが出来なかった。左岸を戻り、細いルンゼに沿った踏み跡をひろい潅木の生えた急な小尾根を越えると大滝に続く5メートル滝の落ち口だった。



赤木岳寄りの稜線に出るべく、大滝上の二俣を左へ進み、その後は地形図を頼りに時折り方向を修正しながら枝沢をひろいひたすら稜線を目指した。一時強かった雨脚はようやく峠を越えたようであったが、雨の中では腰を落着けて休憩する気にはなれなかった。晴れた日なら、大滝を越えれば穏やかな流れとなり、やがて水流は痩せ草付きに吸収されるのだろう。しかし、今日の赤木沢には広大な源流部に降る雨が総て流れ込んでいる。普段はか細い流れも、今は泥で濁った水が盛り上がるように流れ落ちている。油断すれば足をすくわれて流されてしまう。大滝を越えて増水した沢を1時間ほど遡行するとようやく水流は尽き、僕たちはお花畑の名残りを留める広大な草付きの緩斜面に立った。赤木岳と黒部五郎岳との鞍部へはもはや一投足の距離だった。(写真左:濁流の沢を遡る)



参考タイム:
9月5日(金)晴
  折立10:00---太郎平小屋14:50〜15:15---薬師峠15:45
9月7日(日)晴
  薬師峠(T・S)4:40---薬師岳6:45〜7:15--- 薬師峠(T・S)8:20---折立13:15

元システムオブアダウンの… 

February 03 [Sun], 2008, 14:52
SOADのボーカリスト、サージのソロアルバム「ELECT THE DEAD」がついに今月24日リリース!




超期待!




PVはかな〜り重い内容ですね〜w




サウンドはまとまりきったSOADといった感じでしょうかw




わかりにくいですねorz




でも、カッコイイので、要チェックです!

東京株式市場大引け 日経平均続落 前週末比248円56銭安 

January 17 [Thu], 2008, 18:51
 週明け5日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前週末比248円56銭(1.50%)安の1万6268円92銭で今日の取引を終了した。

 前週末のNY市場では、10月の米雇用統計が市場予想を大きく上回った事で、雇用情勢の堅調さから景気の先行きに対する楽観的な見方が広がる一方、大手証券メリルリンチが信用市場での損失を意図的に先送りする取引をしたとの報道から、メリルリンチが新たな損失の計上を迫られるのではとの見方が重石となって、主要株価3指数は小幅に反発するに留まった。

 週明けの東京市場では、こうした外部環境の不安定さに加え、民主党の小沢代表の辞任会見で国内政局への不透明感が強まった事や、シティグループのプリンス会長が退任すると共に、信用市場での取引で110億ドルの追加損失を計上する見通しとの報道から、日経平均は続落して始まり、その後下げ幅が150円を超え1万6400円台を割り込んだ。内外の情勢に対する不透明感から手控えムードが強く、商いが低調な中を金融セクターが下げを主導する展開となった。

 午後に入ると、アジアの株式市場が全面安の展開となっている事を嫌気し、先物への大口の売りが主導する形で日経平均は一段安となった。金融セクターの下げがきつく、これまで業績期待から相場の下支えしてきた資源・海運セクターまで大幅安となると、後場寄りから間もなくして下げ幅が一時300円を超え、日経平均は1万6200円を割り込む直前まで下げる場面もあった。その後は下げ渋ったものの、今夜の欧米市場の動向への警戒感から、安値圏でのもみ合いに終始した。

 東証1部の売買代金は概算で2兆6613億円で、売買高は20億556万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は270、値下がりは1376、変わらずは67だった。

 個別銘柄では、ほぼ全面安ながら電力株が堅調。その他には、国際石開帝石、アサヒ、ホンダ、第一三共、BS、松下、シャープ、ホンダ、JR東日本などが高かった。一方、金融セクターの下げがきつい。また、資源・海運セクターも総じて安い。その他には、JT、信越化、アステラス、コマツ、京セラ、TDK、三菱電、東芝、トヨタ、ソフトバンク、菱地所、KDDIなどが安かった。

 大証の日経平均先物12月物も続落し、前週末比190円安の1万6300円で今日の取引を終了した。一方、シンガポール市場の日経平均先物12月物は、前週末の清算値と比べ155円安の1万6310円で今日の取引を終了した。

 前週末のNY株式市場がメリルリンチの信用市場での損失拡大懸念を背景に伸び悩む展開なった事に加え、今度はシティ・グループに巨額の損失計上懸念が浮上した事などから、週明けの日経225先物にも売りが先行して始まった。その後も、国内政局の不透明感から手控えムードが強まり、薄商いの中で安値圏でのもみ合いとなった。

 午後に入ると、アジアの株式市場がほぼ全面安の展開となっている事を嫌気し、後場寄り直後から大口の売り注文が断続的に出ると、日経225先物は一段安の展開となり、一時270円安の1万6220円まで下落する場面もあった。その後は下げ渋る展開となったが、今夜の欧米市場の動向を見極めたいとの思惑や、週末のSQ算出を控え見送りムードも強く、安値圏でのもみ合いとなった。TOPIX先物12月物も続落し、前週末比21.0ポイント安の1577.5で今日の取引を終えた。日経平均オプション11月物はプットのロングが優勢であった。

 一方、東京外国為替市場で円は対ドルで、16時時点では前週末17時時点に比べ24銭円安・ドル高の114円75―78銭前後で推移している。

 前週末の海外市場では、10月米雇用統計が市場予想を大幅に上回る内容だった事から、米景気の先行きに対し楽観的な見方が広がった事で、円売り・ドル買いが先行して始まったが、メリルリンチの信用市場での損失拡大懸念から、リスク圧縮に伴う円買い・ドル売りで円は下げ渋る展開となった。

 週明けの東京市場では、ウォール・ストリート・ジャーナル紙などがシティグループのプリンス会長が退任すると共に、信用市場での取引で110億ドルの追加損失を計上する見通しと報じた事から、リスク回避の円買い・ドル売りが先行して始まった。円は一時114円35銭まで上昇したが、その後は利益確定の動きや実需筋の円売り・ドル買いから、昼にかけて114円台後半まで伸び悩んだ。

 午後に入ると、香港市場の大幅安を受けて日経平均が一段安の展開となった事から、クロス円を中心に再びリスク回避の動きが強まると、対ドルでも円を買い戻す動きが一時強まった。ただ、その後は手掛かり難に加え、欧米市場の動向を見極めたいとの思惑から、小幅なレンジでのもみ合いとなっている。

 円は対ユーロで小動きとなっており、16時時点では前週末17時時点に比べ53銭円安・ユーロ高の1ユーロ=166円24―26銭前後で推移している。

 前週末の海外市場では、メリルリンチの信用市場での損失拡大懸念が広がった事を背景に、ユーロが対ドルで最高値を更新するなどした事から、対円でもユーロ買いが急速に膨らんだ。

 週明けの東京市場でもこうした背景から円安基調で始まったが、シティグループの110億ドルの追加損失報道を受け、リスク回避による円買い・ユーロ売りが広がった。しかし、朝方の円買いが一巡した後は、円は押し戻される展開となった。午後に入ると日経平均が一段安の展開となった事で、円キャリー解消圧力から再び円が買い戻される場面もあった。ただ、今夜の欧米市場の動向に対する警戒感から買いの勢いは限定的で、その後は総じて手控えムードから小動きとなった。

知ってる? 

January 11 [Fri], 2008, 15:25
ラプソディーズ知ってるひと〜☆

吐き出してホッと・・・ 

January 02 [Wed], 2008, 18:59
さっき、やっと ここ数ヶ月の モヤモヤを 吐き出しました。。。

ちょっと すっきり・・・というか、ホッと・・・というか。

体にかかっている重さを少し下ろしたような・・・そんな気分です。



今日は 子供らと 図書館へ行って来ました。

私にとって ストレス解消には もってこいの 本の香り。。。雰囲気。。。

それが・・・


ゆったりとした ソファ〜に座って 私の大好きな ”美しい部屋”という雑誌を 見ていたら・・・



ナント、寝ちゃってましたあ〜〜〜



目覚めると 

(はっ!!! 寝てたのお・・・?よだれは? よかった、でてない。足は?うん、閉じてた)


と、数秒間で 自分にチェックを 入れたのでした・・・。



チビが 大きな声で




「おかあさあ〜〜ん、ねとったん?(o^-^o) 」


と、言うので 焦ってしまいました・・・。






では、今晩は、先日 同僚が貸してくれた ”海猿”の映画のビデオでも観て眠りますね。

考え込むと 昨夜も 朝方まで 眠れなかったので・・・映画の雰囲気でそのまま眠れたら・・・・。

オヤスミナサイ。

エッセイ  「人としてどう生きる」 

December 20 [Thu], 2007, 10:00
            
             エッセイ  「人としてどう生きる」

 生きている人生は苦しい。 生かされている人生と知ったとき苦は楽になる。お互い助け合う人生より、助けられ合う人生と覚りたい。頑張りすぎているときは、生かされていることにも助けられていることにも気付かない。少し肩の力が抜けたとき己の無力さを知る。いま、街では遺品処理業者なるものが業績を上げていると聞く。子孫があっても親を孤独死させ、その遺品の処理にさえ関知しないのだそうだ。誰もが死ぬときは一人、それでも誰かに見守られていたいもの、親孝行どころか、何時亡くなったかもわからない孤独死をどう受けとめるべきだろうか。ゲームばやりの昨今、人間は死んでもリセットすれば生き返ると信じている中学生が15%にも及ぶという。核家族化は、人の死に出会う機会を奪い、佛の法にあわせていただくご縁を薄くしてしまった。一人一人の人間は弱い。だからレンタン火鉢での集団自殺が後を断たないのだ。火鉢といえば、その昔、一日中何かがかけてあり、一家団欒の中心だったはず、エアコンは便利だが、家族をバラバラにしてしまったのか。今こそ、お互いの生き方を問い直す最後のチャンスなのかもしれないと思う。    ご名号唱えて 浄土の蓮満開   
                       〔妙相寺 小泉 秀朋〕

... 

December 13 [Thu], 2007, 7:30
「ほんとうはただあいしてるっていってほしかった。」


それでこの世の総てが満たされるのだと思っていた。

菊花賞・1 〓 ウエイクアイランド 57 幸 

December 08 [Sat], 2007, 5:13
1 〓 ウエイクアイランド 57 幸
10/08 東京 本栖湖特別(1000万下) 藤田 55 芝2000 3着
【次走へのメモ】
(発馬)出遅れも出脚は良く
(道中)勝馬を前に見る位置
(直線)速い上がりをよく差し込む
藤田騎手・・・もう少し落ち着きが出てくれば
(馬場)標準より1.0秒速い馬場
(内容)メンバーランクC・内容B・古馬1000万下(補正メンバーランクD)10頭立て



06/10 東京 3歳500万下 藤田 56 芝1800 1着
【次走へのメモ】
(発馬)
(道中)
(直線)内ラチ沿いをピッタリと回る作戦が奏功
藤田騎手・・・内々の馬場状態のいいところをロスなく走れた
(馬場)小雨・やや重・雨の影響で悪い馬場
(内容)メンバーランクC・内容A(補正メンバーランクD)



05/05 東京 プリンシパルS(OP) 柴山 56 芝2000 6着→12着降着
【次走へのメモ】
(馬体)484〓で好馬体
(発馬)後方で折り合いに専念
(道中)
(直線)
(馬場)標準より0.6秒速い馬場
(内容)メンバーランクE・内容E




【見解】
・ベスト内容・・・前々走の3歳500万下(補正メンバーランクD・内容A)
悪い馬場状態でコース取りの恩恵があった。



・気性的に芝3000mは厳しい印象。





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ(文字をクリック)

やっと・・あけたお酒「7本槍」 

December 05 [Wed], 2007, 15:17
昨晩は・・



とうちゃんの、機嫌が悪くて(パチンコ、ボロ負け。)



晩御飯は・・近くの「花園食堂」で・・



今日は、なぜか・・・



一緒に、買い物に行って・・



鹿児島牛肉、半額^^
豚肉・・3パック1000円・・



きまり〜〜〜!!今夜は、しゃぶしゃぶ だよ!!



こだわりの「ポン酢」も賞味期限、ぎりぎり・・



あっ!!1週間すぎてる・・まっ^^いいっかぁ・・(内緒だよ)



なんや・・この鍋、豆腐ばっかやな〜〜







鳥ハム・・作ろうと、準備してたら・・
かってに、湯豆腐にしてしまったようです^^とうちゃん。
(ふぐより豆腐・・はもより豆腐・・なべなら、「湯豆腐」なんです)
私は、ゆっくりと、お肉をあとで、いただきました^^



使った「ポン酢」はこれ!!







'''カネトシさん'''の、ゆずポン酢・・限定品
毎年・・夏に予約の確認があって、とりあえず10本/一人
あとは、一般販売で、年間販売数に到達すると、終りです。
他のは、買えますが・・
「枯木(こぼく)ゆずぽんず」は今だけです。

土佐の樹齢100年のほんまのゆずの木になった
(普通、柚子は枳殻とかに接木して、つくるそうです)
実を使って、作られてます。


今年は、今月末に、10本届きます。



で・・楽しみに取って置いた、お酒^^



滋賀県・富田酒造さんの「7本槍」限定品だそうです。











湖北の風さんにいただいた、お酒です。
大事に、大事に・・マイ冷蔵庫に隠してたんだよ^^;



とっても、美味しかったです。
若干、辛口でしょうか・・口当たりがよくて、
つい、飲みすぎてしまった^^
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ransca1686
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像☆ネル☆
» 新聞の記事 (2008年10月22日)
アイコン画像ヨシオ
» 新聞の記事 (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 新聞の記事 (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 新聞の記事 (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» 新聞の記事 (2008年10月07日)
アイコン画像はにまる
» 新聞の記事 (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
» 新聞の記事 (2008年10月01日)
アイコン画像ikumi
» 新聞の記事 (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» 新聞の記事 (2008年09月15日)
アイコン画像名前
» 新聞の記事 (2008年08月14日)
Yapme!一覧
読者になる